1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョルジオ アルマーニ 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - 穏やかな夜、繊細な夢

ジョルジオ アルマーニ 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - 穏やかな夜、繊細な夢

  • 2021.3.10
  • 643 views

ジョルジオ アルマーニ 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - 穏やかな夜、繊細な夢

ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)は、2021-22年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

www.fashion-press.net

“夜行性”がテーマ

「夜行性」をテーマにした今季は、コレクション全体を穏やかさとロマンチックな雰囲気が包み込んでいる。ターコイズの輝きを帯びたグリーンをはじめとする、流水のように清らかな色彩や、シアーな素材の質感、流れるようなシルエット、緩やかな曲線を描くディテールの造形などによって、繊細かつイノセントなムードに彩られたクリエーションが展開された。

躍動する曲線的な装飾

上品な光沢を放つターコイズグリーンのワンショルダートップスには、花びらのような模様をあしらい、柄と呼応させるようにしてダイナミックなフリルをセット。ジャケットの袖口や前合わせ部分には縁取るようにしてフリルがあしらわれている。また、ブルーを軸に様々な色が入り混じるドレスには、彫刻のように立体的な装飾を配し、うねるようなフォルムで有機的な躍動感をプラスした。

繊細で華やかな刺繍

注目したいのは、華やかな刺繍を施したピース。シースルーのロングドレスには、植物が茂るような模様や花をビジューの刺繍で表現した。ピュアなライトブルーのドレスには、細かいビジューと可憐な花々を散りばめ、“白昼”を思わせるドリーミングな佇まいに。ベルベットのフリルを配したブルーのロングドレスには、生き生きと蔓を張り巡らせ、花をつけるボタニカルモチーフを刺繍でみずみずしく描き出している。

“夜”を思わせるブラックベルベットなど

“夜”を感じさせるブラックやネイビーなどダークトーンのルックも目を引く。ブラックベルベットのドレスやセットアップは、滑らかな光沢によって重厚感のあるエレガンスを漂わせる。ベルベットのノーカラージャケットには、ブルーに輝くビジューの装飾を配し、ブラックサテンのブラウスには、ダイナミックなオーガンザの装飾で転々と明るい色味をオン。ネイビーのリボンタイ付きドレスには細々とした煌めきをあしらった。

しなやかな縦長のシルエット

また、身体に優しく寄り添い、しなやかなラインを描く縦長のシルエットが印象的。生地をたっぷりと使ったパンツは、落ち感のある素材を用いてドレープを効かせたり、タックを施したテーパードシルエットに仕立てることで、緩やかな優雅さを感じさせつつもすっきりとした印象に仕上げている。

さらに、裾に向かって広がるフォルムのコートや、端正なテーラードジャケット、柔らかなバルーンスリーブのブラウスなど、高い位置でウエストを絞ることで対比的に縦のラインを強調しているルックも散見された。加えて、クロップド丈のカットソーやジャケットなど、丈を敢えて短く仕立てたコンパクトなトップスによってメリハリをつけたハイウエストのルックもまた、凛とした直線的なシルエットを見せている。

元記事で読む