1. トップ
  2. ファッション
  3. ヴァレンティノ 2021年秋冬ウィメンズコレクション - 裂け目──ドラマティックなコントラスト

ヴァレンティノ 2021年秋冬ウィメンズコレクション - 裂け目──ドラマティックなコントラスト

  • 2021.3.10
  • 864 views

ヴァレンティノ 2021年秋冬ウィメンズコレクション - 裂け目──ドラマティックなコントラスト

ヴァレンティノ(VALENTINO)の2021年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

www.fashion-press.net

切れ目を入れる、その鮮やかさ

今季のヴァレンティノは、布地を切り裂くそのようにエレガントな身振りでもって、鮮烈なスタイルを提示する。ピーコートやダブルブレストジャケットはスリーブを廃し、サイドに大胆なスリットを入れることで、ケープのように下方に向かって流麗なラインを描いている。

シルエットのコントラスト

また、フロントに大胆なスリットを入れたプルオーバー仕様のボレロは、裾にかけて緩やかに広がり、対してボトムスのフレアスカートはショートな丈感。重厚なトップと相まって、全体としてコントラストの効いたシルエットを生んだ。足元のロングブーツもまた、トップとボトムのシルエットの対比をいっそう引き立てている。

“隠す/見せる”の波打ち際

鮮烈かつエレガントな身振りでもってカンヴァスに入れられた裂け目が、底にその向こう側を垣間見せるように、ヴァレンティノにおいても、布地の下に覗くウェアや素肌が主題化されている。ロングコートは生地感こそ重厚でありながらも、網目状に施したホールが軽やかに着こなしの奥行きを生みだす。また、ニットは全体にダイヤモンド型のスリットを入れ、下に重ねたシャツのホワイトのみならず、時に素肌をも覗かせる。

素肌を垣間見せることは、エレガントなドレスに引き継がれる。網目状の模様と花柄とを組み合わせたドレスは、その間隙から大胆に素肌を覗かせる。あるいはシアー素材を用いたものは、布地が覆う身体を透かして見せてやまない。長く流麗なスカート、優雅にひだをなす裾は風に身を任せて、身体を覆いつつも布地自身はむしろ自由に、優美に揺らめいている。

ブラック/ホワイトのドラマティックな対比

鮮烈なコントラストは、モチーフや色彩でも表現される。ミニ丈のワンピースは、タイトかつミニマルな仕立てながらも、フロントには繊細な刺繍とフリルによる装飾を施して。カラーは、コントラストをドラマティックに引き立てるかのように、彩りを飛ばしてブラック/ホワイトの両極が基調。重厚なロングコートには、白と黒を菱形のチェックでのせ、ピーコートにはホワイトを基調に端正なブラックラインで格子柄を描くなど、直線的なモチーフでトーンの対比を強調している。

元記事で読む
の記事をもっとみる