1. トップ
  2. 高畑充希、主演ミュージカル開幕「パイで包んだような作品になっています」

高畑充希、主演ミュージカル開幕「パイで包んだような作品になっています」

  • 2021.3.10
  • 263 views

高畑充希主演のミュージカル「ウェイトレス」が3月9日に初日を迎え、開幕を前に記者会見を開催。高畑をはじめ、宮野真守、宮澤エマ、LiLiCo、浦嶋りんこが出席した。

【写真を見る】今作が舞台初共演となる高畑充希と宮野真守

アメリカ南部の田舎町で飛びきりのパイを出すと評判のレストランで働くウェイトレス・ジェナ(高畑)がダメ男の夫の子を妊娠したことから産婦人科医のポマター(宮野)と出会い、お互いに既婚者と知りながら一線を越えてしまうという”悩める現代女性を全力で応援するコメディ・ミュージカル”となる今作。

初日を迎えた感想を聞かれた高畑は「1月からずっとみんなでマスクをしながらどんな顔なんだろうって思いながらお稽古してきて、やっとお客さんと一緒に楽しめるなと思ってすごくワクワクしてます」と喜びの声を。

宮野も「今までとは全然違う環境での作品作りになったので、稽古中は不安になることもたくさんありました。でも、みんなの顔を見て芝居ができて何て楽しいんだろうと思ってます」と語った。

また、宮澤は「今日の初日を迎えられたのはたくさんの奇跡があってこそだとキャスト、スタッフ全員が心から感じています。数々のテクノロジーを駆使して、リモートで演出、音響やライティングのセッティングをしてくださるなんて、逆にコロナ禍じゃなければできなかったんじゃないかと思います」と新鮮な稽古体験だったことを伺わせるコメント。

今回が初のミュージカルのLiLiCoは浦嶋とのWキャストとなるが「私、50歳にして今日、ミュージカルデビュー致します! お稽古のときは本当にポンコツだったので、やっと歌詞を覚えたら、充希ちゃんを見て『かわいい!』と思って、間違えちゃったり(笑)。Wキャストで良かったのはみんなのお芝居を観られること。一足先に観ましたけど、皆さんにも早く届けたいです」と意気込みを。

対する浦嶋は「私は今日の初日を客席から観させていただくという幸運なことになっております。お客さんの声や拍手の聞こえる中で観られる喜びを噛みしめたいです」と語った。

高畑「ニューヨークでもロンドンでも観ました!」

高畑は主演に抜てきされる以前から今作を観ていたというが「ニューヨークで拝見してあまりにも面白くて、次にロンドンまで観に行って、そしたらもう1回観たくなってまたニューヨークに行って観ました。何度観ても楽しい作品だし、それを日本人キャストで演じられるのがすごく幸せです」と作品に対する思い入れもたっぷり。

宮澤も「2017年ころにブロードウェイで観ました。日本に来るのであれば何らかの形で関わりたいと思ってました。そしたら、別の作品に出たときに、今回と同じ演出家のダイアンさんが『あなた、この役にピッタリだと思う』って言われて、社交辞令だと思ってたら本当にお話をいただいて、縁ってこういうことだなと思いました」と出演の喜びを語った。

また、宮野は高畑との舞台共演は初となるが「年に1回くらいはバラエティで会ってたんですけど、やっとお芝居できてすごく楽しいです。高畑さんは客席から観ていたときもそうでしたけど、一緒に芝居していてすごく引き込まれます」と絶賛。

最後に改めて舞台のアピールを振られた高畑は「ポップな女性応援歌になっているコメディー・ミュージカル。曲はめちゃめちゃポップで素晴らしくて、ストーリー展開も早くて楽しいです。それでいてドロッとしたリアリティもあるテーマを、パイで包んだような作品になっています。皆さん楽しみにして、劇場に来てください」と熱く語った。

ミュージカル「ウェイトレス」は3月30日(火)まで東京・日生劇場にて上演中。

取材・文=青木孝司

元記事で読む