1. トップ
  2. 恋愛
  3. 自分からはできないけど…彼に「好きです」と言わせる方法3選

自分からはできないけど…彼に「好きです」と言わせる方法3選

  • 2021.3.6
  • 1828 views

彼との関係をそろそろはっきりさせたい!

でも私から告白するなんて恥ずかしい。彼に好きと言わせるにはどうしたらいいの?

それでは、彼に好きと言わせるためにはどんなテクニックを使えばいいのでしょうか?

今回は簡単に使える3つのテクニックをお伝えします。

雰囲気を無理やり作る

まず、告白するしかないシチュエーションを作ってみましょう。でもどうやってやるの?と思う人は多いと思います。

例えば共通の友人がいて、かつ信用できる人なら協力をお願い。彼に告白を促してもらいましょう。

「〇〇さんと付き合っているみたいだけど、〇〇さんはまだ好きって言われてないらしいね。 実際はどうなの?」と聞いてもらって、彼に「あ、やばい……。ここではっきりさせよう」と思わせる――。

このとき大切なのは、お願いする友人との関係性。あまり信頼できない人にお願いすると、意図が間違えた形で伝わることもあります。

真剣にあなたのことを心配してくれる友人が大切です。持つべきものは彼氏の前に親友。

できれば異性の友人がいると彼に伝わりやすいと思います。異性の友人は恋愛のアドバイスをもらう上でも重要ですよ。

お酒の力を借りる

これは力技ですが、なかなか一歩踏み出せない彼にはお酒の力で告白させるという手もあります。

しかし泥酔してしまって、逆効果にならないように注意してください。

お酒の力を借りて彼に迫り、「好きです」と言わせてしまう。酔っ払ったついでに大胆に迫ったり、しつこく聞いたりするのはありです。

もしかしたら彼も本心を明かしてくれるかもしれません。ただ、くれぐれも飲みすぎるのはNGですよ!

後悔する状況を作る

たとえば「実は〇〇くんから『ご飯に行こう』と誘われていて、その返事に悩んでいる」という話を彼にしてみましょう。

もちろん嬉しい感じを出すのはNGです。仕方ないけれど断りづらい…くらいに留めておくのがコツ。

男はプライドの塊なので、自分より相手といる方が楽しそうだと感じると、関係性が一気に崩れてしまう可能性があります。

もし彼があなたのことを本当に好きならば、焦りが生まれ、急に告白するかもしれませんよ。

シチュエーションを作って「好き」と言われよう

彼に告白させようと思ったら、そんなシチュエーションをあなたが作ることが大切。

もし彼任せにしていたら、いつまでも告白されないことにもなりかねません。

ただこの記事で上げたのはあくまで一例です。あなたの方からアクションを起こし、彼から「好き」と言われやすいシチュエーションを作っていきましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む