1. トップ
  2. <華麗なる一族>万俵家や阪神銀行の豪華絢爛なセットが初お目見え! スリリングな場面写真が公開

<華麗なる一族>万俵家や阪神銀行の豪華絢爛なセットが初お目見え! スリリングな場面写真が公開

  • 2021.3.5
  • 413 views
「連続ドラマW 華麗なる一族」場面写真が公開! 阪神銀行頭取室で、一人思案する大介(中井貴一)の真意とは?
「連続ドラマW 華麗なる一族」場面写真が公開! 阪神銀行頭取室で、一人思案する大介(中井貴一)の真意とは?

【写真を見る】テーブルやソファー、シャンデリアまで、古い洋館を借り切ったとしか思えないアイテムが並ぶ万俵家のセット

4月18日(日)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW 華麗なる一族」。このほど、中井貴一、向井理、藤ヶ谷太輔ら万俵家の面々がシリアスな表情を浮かべる劇中カットが一挙に公開に。一族の繁栄を象徴するような豪華なセットもついに明らかになった。

これまで度々映像化されてきた山崎豊子の同名小説を、WOWOW開局30周年記念の一環として制作する本作。大阪万博を間近に控えた高度経済成長期の関西を舞台に、富と権力獲得の手段として関西の政財界で閨閥を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、“華麗なる一族”の繁栄と崩壊が描かれる。

主人公・万俵大介を演じる中井貴一を筆頭に、大介の長男・鉄平役の向井理、次男・銀平役の藤ヶ谷太輔、妻・寧子役の麻生祐未、大介の愛人・高須愛子役の内田有紀ら、総勢26人もの豪華キャストが発表。圧倒的なスケールで名作に新たな息吹を与えていく。

これぞ“上級国民”の家!? 豪華絢爛な万俵家セットが満を持して公開

【写真を見る】テーブルやソファー、シャンデリアまで、古い洋館を借り切ったとしか思えないアイテムが並ぶ万俵家のセット
【写真を見る】テーブルやソファー、シャンデリアまで、古い洋館を借り切ったとしか思えないアイテムが並ぶ万俵家のセット

そんな中、今回第1話~第3話の各シーンから厳選した5枚の劇中カットが公開。写真で切り取られている万俵家(ダイニング、リビング、書斎等)や阪神銀行の頭取室は、なんと全てがドラマのために新たに制作されたセットとのこと。

これらの美術は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」(2016年、WOWOWプライム)などを手掛けた江口亮太が、原作の持つ重厚感と時代考証を第一に考えて制作したもの。もはや“上級国民”と言っても過言ではない万俵家の格を際立たせる豪華なセットにも注目だ。

そして、3月6日(土)夜10:30からは、本作の放送を記念した特別番組もWOWOWプライムにて放送。ストーリーに関してはもちろんのこと、キャスト&スタッフ陣へのインタビューを通して、本作の見どころに迫っていく。こちらも併せてチェックしておこう。

「連続ドラマW 華麗なる一族」ストーリー

阪神銀行頭取室で大介と社員が繰り広げる会議の内容とは…?
阪神銀行頭取室で大介と社員が繰り広げる会議の内容とは…?

高度経済成長期の日本。預金高10位にランクされる阪神銀行のオーナー頭取・万俵大介(中井貴一)は、銀行の他にも多くの事業を手掛ける万俵コンツェルンの総帥だった。大介は長女・一子(美村里江)の夫である大蔵省のエリート官僚・美馬(要潤)から、都市銀行再編の動きを聞きつけ、生き残りを目指し大手銀行を吸収合併しようと画策する。

一方で、万俵家には大介の妻・寧子(麻生祐未)と阪神銀行と同じく万俵コンツェルンを支える柱の一つである阪神特殊製鋼の専務取締役の長男・鉄平(向井理)、阪神銀行に勤める次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、次女・二子(松本穂香)、三女・三子(福本莉子)の他、長く同居する大介の愛人・相子(内田有紀)の存在があった。

家庭内で大きな力を持ち、万俵家の閨閥づくりを推し進める相子の存在を、鉄平たちは疎ましく思っていた。さらに鉄平は、悲願としていた高炉建設の融資をめぐって大介と対立し、二人は確執を深めていく…。

元記事で読む
の記事をもっとみる