1. トップ
  2. 恋愛
  3. ヤバいどうしよう! 女性陣が日常生活で「地味に焦る瞬間」6つ

ヤバいどうしよう! 女性陣が日常生活で「地味に焦る瞬間」6つ

  • 2021.3.5
  • 6023 views

そこまで大きな問題じゃなかったとしても、プチパニックになることってありますよね。特に何度も同じことをやらかしている場合は、学ばない自分に落ち込んでしまいます。
そこで今回は、「日常生活で地味に焦る瞬間」について女性陣にリサーチしてみました。

知らない人に手を振ってしまった

「待ち合わせをした彼氏だと思って手を振ったら赤の他人だった。そのあとテキトーにごまかしたけれど、絶対バレバレだったと思う」(20代/保険)

▽ そのほかにも、自分に手を振っていると思って振り返したら全然違う人に向けてだった……なんてこともありますよね。内心「ヤバッ! 間違えた!」と焦っているのですが、つい何事もなかったかのように振る舞いがちです。

モバイルバッテリーを忘れた

「出掛け先で充電がなくなり、モバイルバッテリーを使おうと思ったら忘れていたこと。近場ならまだしも、電車の乗り換えを調べたいときなんかは困ります。『なんで朝ちゃんと確認しなかったんだ!』ってプチ自己嫌悪に陥ります」(20代/不動産)

▽ スマホになってから、モバイルバッテリーは必需品ですよね。いざというときのために2個持ちをしている人もいるのでは? 出先で充電が切れると、自分が普段いかにスマホに頼っているかがわかりますよね。

アラームが大音量で鳴り響く

「セットしていたのを忘れていて、職場で大音量のアラームが流れたこと。みんな笑ってくれたけれど、顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったです」(30代/IT)

▽ 最近は在宅勤務も増えているので、イレギュラーな時間にアラームをセットすることもあるはず。でもうっかり外で鳴らしてしまうと、みんなの注目を集めることに……。

突然の腹痛に見舞われる

「電車の中での腹痛はヤバい! 波がおさまったかと思ったらまたやってきて、『お願いだから勘弁して~(泣)』って耐えています」(30代/人事)

▽ 「なんで今なの!」と泣きたくなる突然の腹痛。冷や汗は止まらず緊張感を伴います。早くトイレに行きたいと願いつつ、違うことを考えてなんとか気を紛らわすようです。

既読をつけたくないのに…

「気になる彼からLINEが来て、即既読をつけてしまったとき。『LINEを待っていたってバレるじゃん!』『私重すぎ!』と一人で悶絶してしまいます」(20代/通信)

▽ 既読をつけたくないときに限って、つい手が滑ってしまうもの。別に何がどうってわけではないのですが、「やっちゃった……」と恥ずかしくなります。

ATMで後ろに行列が…

「自分の後ろに人が並んでいると、『早くしなきゃ!』って変なプレッシャーがかかる。特にATMはなぜか毎回ドキドキしてしまいます」(20代/福祉)

▽ 自分が終わるのを待っている人がこんなにいるのかと思うと、ちょっぴり緊張してしまうもの。焦らず、やるべきことを淡々とこなすしかなさそうです。

元記事で読む