1. トップ
  2. 長瀬智也&佐藤隆太が「IWGP」以来21年ぶりに共演!「長瀬さんは唯一無二の魅力がある方」【コメントあり】<俺の家の話>

長瀬智也&佐藤隆太が「IWGP」以来21年ぶりに共演!「長瀬さんは唯一無二の魅力がある方」【コメントあり】<俺の家の話>

  • 2021.3.5
  • 142 views

3月12日(金)放送の長瀬智也主演ドラマ「俺の家の話」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)第8話に、佐藤隆太がスペシャルゲストとして出演することが決定した。佐藤は、長瀬と共演した「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)をはじめ、ドラマから映画化もされた「木更津キャッツアイ」シリーズ、舞台「高校中パニック!小激突!!」など、宮藤官九郎が手掛けた作品に多く出演している。「IWGP」以来21年ぶりに宮藤脚本のドラマで長瀬と共演した佐藤は「一緒にお芝居ができてただただうれしかったです」とコメント。

【写真を見る】長瀬智也が「俺の家の話」で「池袋ウエストゲートパーク」のオマージュ!

本作は、長瀬主演×宮藤脚本というTBSの連続ドラマでは11年ぶりの2人のタッグで描かれる、濃過ぎる家族が織りなす、まったく新しい形のホームドラマ。

長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラー・寿一が、能楽の人間国宝である父・寿三郎(西田敏行)の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と女性介護ヘルパー・さくら(戸田恵梨香)を巻き込んで、家族と一致団結し、一家をまとめていくストーリーだ。

21年前に長瀬と佐藤が共演した「池袋ウエストゲートパーク」では、長瀬演じる真島誠の相棒・“マサ”こと森正弘役を務めた佐藤。

今回、「俺の家の話」では、長瀬演じる寿一が所属する「さんたまプロレス」行きつけのスポーツ整形外科医に扮(ふん)し、ドラマをさらに盛り上げるという。

佐藤隆太コメント

撮影はわずかな時間でしたが、久しぶりに共演させていただき、一緒にお芝居ができてただただうれしかったです。

長瀬さんは唯一無二の魅力がある方で、人を引きつける力があり、お芝居も柔軟でおもしろく、撮影中に「この方ともっとお芝居のラリーを続けたいな」という気持ちが一気に湧き上がりました。

また、カメラが回っていないときも現場の真ん中で自然と盛り上げ、みんなが魅了されてしまうんです。今までの俳優人生の中でも中々出会ったことがない方です。

僕自身、毎週の放送をとても楽しみにしています。こんなにも一週間が待ち遠しく思えるようなドラマは久しぶりで、自分もいち視聴者として最後まで楽しみながら、みなさんと一緒に見届けたいなと思います。ありがとうございましたっ!ゼアっ!!

第7話あらすじ(3月5日[金]放送)

家族旅行を終えた観山家一同が、往路の息の詰まるような車中とは一変、大合唱をしながら帰宅。寿三郎(西田敏行)は帰宅後すぐにリハビリを開始し、忙しくなった舞(江口のりこ)と踊介(永山絢斗)はリモート介護に切り替え、稽古場では寿限無(桐谷健太)が体験入門の弟子たちの稽古をつけるという日々が続いていた。

そんな中、一人暇を持て余していた寿一(長瀬智也)の元に、さくら(戸田恵梨香)がやってくる。旅行中にした告白の返事を聞いていないさくらは、寿一からの返事を待っていたのだ。

しかし、寿一はその前にと、自分が“スーパー世阿弥マシン”であることをさくらに告白。話をうまく交わしたかのように思えたのもつかの間、さくらから返事を催促され、寿一は返答に窮する。

日は変わり、元妻・ユカ(平岩紙)と秀生(羽村仁成)の親権を巡る話し合いのため、寿一はスーツ姿で踊介のミヤマ法律事務所へとやって来ていた。だが、寿一はその場でユカを怒らせてしまう。

元記事で読む