知らなきゃまずい!? 食中毒を防ぐ調理時のポイント

調理の時のちょっとした心がけが、食中毒の予防につながります。湿度が高く雑菌が繁殖しやすいこの時期は、キッチンにあるものすべてに対して食中毒対策をするくらいの意識が必要かもしれません。管理栄養士の安中千絵先生に、調理する時にこれだけはマスターしたい食中毒予防の超基本を教えていただきました。

【基本1】手洗いをしっかり行う

食材に触れる前はもちろん、生の肉や魚介類、卵にさわった後も手を洗いましょう。特に卵は油断しがち。割った時に中身に触れてしまったら、さっと流水で手を洗ってから調理をするように心がけて。また、調理途中でトイレに行った、ゴミ箱にさわった、ペットに触れた、赤ちゃんのおむつを交換した、などの後にも忘れずにせっけんで手洗いを。

【基本2】野菜用と肉魚用で包丁やまな板を分ける

調理の際は火を通さない野菜、加熱する野菜、肉や魚の順に進めましょう。野菜用と肉魚用のまな板は別にするのがベストです。さらに生の肉や魚を扱った包丁やまな板は、使ったらすぐに洗うこと。最後に熱湯をかけると殺菌効果があります。

【基本3】水洗いできる材料は、よく流水で洗う

ためた水より流水で洗うほうが、菌が減ります。野菜や果物はもちろん、魚介類も流水でしっかり洗いましょう。ちなみに肉は洗わなくてもOK。洗うことで菌がかえってまわりに飛び散る可能性があるためです。

【基本4】レンジで加熱は2~3回に分けて

加熱する必要がある際には、食品の中心温度を75℃以上にして1分以上、よく加熱します。温め直すときもしっかりと火を入れること。電子レンジは均一に加熱されない場合があります。食材の上下を入れ替えたり、かきまぜたりして2、3回に分けてしっかりまんべんなく加熱されるように注意しましょう。

【基本5】冷凍食品は食べる分だけ解凍

冷凍食品は室温で放置すると、中心部が解凍されるまでの間に表面は室温と同じ状態が続いていることになり、菌が増加してしまいます。使う分だけを、冷蔵庫か電子レンジで解凍します。また、一度解凍した食品は再び冷凍せず、使いきりましょう。

監修/安中千絵 文/Masuda Yuka

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理