1. トップ
  2. グルメ
  3. アートアクアリウム美術館“桜色の空間”で金魚とお花見、春イベント「桜金魚 舞い泳ぐ」日本橋で

アートアクアリウム美術館“桜色の空間”で金魚とお花見、春イベント「桜金魚 舞い泳ぐ」日本橋で

  • 2021.3.5
  • 1685 views

アートアクアリウム美術館“桜色の空間”で金魚とお花見、春イベント「桜金魚 舞い泳ぐ」日本橋で

東京・日本橋の「アートアクアリウム美術館」で、桜をモチーフにした作品展示や空間演出を行う春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」が、2021年3月6日(土)から5月9日(日)まで開催される。

www.fashion-press.net

春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」

「アートアクアリウム」は、金魚などが美しく泳ぐ姿を“光・音・香”のオリジナル演出で魅せる水族アートの展覧会で、2020年8月には、常設展となる「アートアクアリウム美術館」が東京・日本橋にオープンした。

今回は、そんな「アートアクアリウム美術館」で“初”となる春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」を実施。同企画では、桜錦や桜琉金、桜東錦、桜だるま琉金など桜にちなんだ金魚が多数集結ほか、空間全体が“桜色”に変わるなど春らしい演出も行われ、アートアクアリウムならではの“お花見気分”が味わえる。また、エリアごとで“光・音・香”の演出が変わるので、最後まで刺激的な時間を過ごすことができるのもポイントだ。

等身大以上の水柱が森のように立ち並ぶ「金魚の杜」は、“桜の絨毯”をイメージしてエリア内の床一面がピンク色に変化。水柱を照らし出す光も“桜色”に変わり、異空間へトリップしたような新感覚の桜体験が楽しめる。

“金魚コレクション”は、普段目にすることのない珍しい品種の金魚に出会えるエリア。円形のアクアリウムは、桜色に染まり、これまで体験したことのない雰囲気に。天井には“枝垂れ桜のトンネル”が出現。桜の花びらの形をかたどった江戸切子やクリスタルに、ピンク色のファイバーライティングを重ねた、きらびやかなトンネルだ。

また、桜の花を象った巨大なアクアリウム「サクラリウム」も期間限定作品として登場。桜だるま錦が優雅に泳ぐ姿を楽しめる、幻想的な作品だ。

さらに、江戸時代の花街を表現した展示スペース“花魁道中”にある“巨大金魚鉢花魁”には、桜錦や桜琉金、桜東錦など見た目華やかな金魚が大集結。鑑賞者を圧倒する、インパクトのある展示になりそうだ。

その他、“桜のフラワーアレンジメント”を添えて展示するゴージャスなアクアリウムなども紹介する。

桜モチーフのスイーツ&ドリンクも

また、館内の「水戯庵ラウンジ」では、桜をモチーフにした期間限定のスイーツやドリンクを販売。桜餅や桜最中、抹茶がセットになった「桜甘味セット【桜華乱舞】」や、ほんのりピンクに染まる“桜の木”をイメージして作り上げたドリンク「桜和金」などが楽しめる。

【詳細】
アートアクアリウム美術館 春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」
開催期間:2021年3月6日(土)~5月9日(日)
住所:東京都中央区日本橋本町1丁目3番9号
営業時間:10:00~19:00(最終受付 18:30)
休館日:不定期
入場料:
・一般入場券 大人(中学生以上)2,300円/小人 0円
・シニア割引入場券(65歳以上限定) 2,000円

■水戯庵ラウンジ メニュー例
<桜甘味セット【桜華乱舞】>
販売開始日:3月8日(月)
価格:1,430円(税込)
<桜和金>
販売開始日:3月8日(月)
価格:アルコール 1,320円(税込)、ノンアルコール 1,100円(税込)

元記事で読む
の記事をもっとみる