1. トップ
  2. 野菜室→冷凍室へシフト♪ よく使う野菜の冷凍ストックが便利!【冷凍保存パーフェクトガイド(2)】

野菜室→冷凍室へシフト♪ よく使う野菜の冷凍ストックが便利!【冷凍保存パーフェクトガイド(2)】

  • 2021.3.4
  • 667 views

【画像を見る】慌ただしい朝の栄養摂取に使える!「冷凍スープ野菜ミックス」

よく使う野菜を冷凍ストックしておけば、「もう1品欲しい!」というときでも安心ですよね。野菜室に放置してダメにせず、「使える冷凍」を活用しましょう。

「冷凍保存パーフェクトガイド」連載第2回目は、通年使う野菜と薬味の冷凍方法。解凍しながら1品できちゃう「調味解凍」のワザもご紹介します!

▶︎教えてくれた人

西川剛史さん

冷凍生活アドバイザー。大学で食品栄養学を専攻した後、冷凍食品会社に勤務。商品開発などに従事する。独立後は、冷凍の知識に独自の実験を重ね、家庭でも実践しやすい冷凍テクニックを提案。テレビ、雑誌などで幅広く活躍中。

通年使う野菜&薬味の冷凍ストック

■【パプリカ】

細切り

食材のサイズや形を揃えると冷凍スピードも揃う
食材のサイズや形を揃えると冷凍スピードも揃う

甘みがあるので、やや太めの1cm幅の細切りにして、食感を残す。凍ったまま炒めものに加えるなど、彩りが欲しいときに便利。

■【トマト・ミニトマト】

冷凍することで、食べ方のバリエーションが増えるのがトマト。まるごと冷凍すると、水をかけるだけで皮がするりとむけるのもうれしい。

まるごとトマト

 トマトの冷凍は、食べ方のバリエーションが広がるのでおすすめ!
トマトの冷凍は、食べ方のバリエーションが広がるのでおすすめ!

へたを取り、ラップで茶きん包みにしてから袋に入れて冷凍。煮込み料理に入れるほか、凍ったまますりおろしても。

カットトマト

凍ったまま加熱すれば「トマトソース」として使える
凍ったまま加熱すれば「トマトソース」として使える

へたを取ったトマトをざく切りにして、汁ごと袋に入れて冷凍すれば簡単トマトソース風に。

まるごとミニトマト

へたを取って袋に入れて冷凍。そのまま加熱するほか、凍ったままドレッシングをかけ、半解凍でサラダやマリネに。

■【なす】

縦割り

縦半分に切り、ラップで包んで冷凍。切る場合は少し室温におくと切りやすい。コリコリした食感になり、炒めものや煮ものにむく。

■【かぼちゃ】

くし形切り

1cm幅のくし形切りにして冷凍にかかる時間を短縮。凍ったまま炒めたり、みそ汁の具に。

■【玉ねぎ】

冷凍することで甘みやうまみが出やすくなる、冷凍向きの野菜。冷凍によりあめ色になりやすいので、ミートソース、カレーなどでは時短になる。

くし形切り

1cm幅のくし形切りにして、袋に入れて冷凍。調理するときは、凍ったまま炒めものや煮ものに。

みじん切り

みじん切りにしたものを袋に入れて冷凍。使う分だけ取り出したら、空気を抜いて再び冷凍室へ。

■【小松菜】

ざく切り

ほうれん草と違い、生のままでも冷凍できるのが魅力。根のかたいところを取り、4cm長さに切ったら、葉と根元を混ぜて袋に入れて冷凍。

■【ピーマン】

細切り

冷凍により、苦みがマイルドになるのもポイント。へたと種を取り、3mm幅の細切りにして袋に入れて冷凍。炒めものやサラダに加えて。

■【もやし】

そのまま冷凍

生のまま袋に入れて冷凍。調理するときは凍ったまま炒めものやスープに加える。

■【にら】

食べやすく切る

冷凍しても状態が変わりにくいのが魅力。4~5cm長さに切り、袋に入れて冷凍。必要な分だけ取り出して、凍ったまま加熱。

■【しょうが】

1かけサイズに切る

しょうがは、すりおろしやすいサイズに切ってからラップで包んで冷凍。使うときは、凍ったまますりおろし、残りは再冷凍できる。

■【にんにく】

1片ずつばらす

風味が飛びやすいにんにくは、皮つきで冷凍することで皮がラップ代わりになり、乾燥を防げる。1片ずつばらしてから冷凍。

解凍しながら1品できちゃう!

調味解凍

冷凍野菜に直接調味液を入れることで、解凍しながら味つけができるのが調味解凍。今回ご紹介した野菜の中では、小松菜、パプリカ、ピーマン、にんじんなどがおすすめですよ。

■【 小松菜のおひたし風 】

冷凍小松菜100gの袋にめんつゆ適量を入れ (濃縮タイプの場合はつけつゆ用に希釈する) 、空気を抜いてファスナーを閉じ、小松菜が全体につかるようにして室温で10~20分おく。

■【 パプリカのマリネ 】

ボウルに、すし酢、水各1/2カップ、オリーブ油大さじ2、好みのハーブ適量を混ぜ、冷凍パプリカ200gの袋に入れて、全体がつかるようにする。室温で10~20分おく。

* * *

しょうが以外の野菜の解凍は、凍ったまま加熱する「加熱解凍」にしましょう。

解凍中に味をなじませる「調味解凍」も、簡単&時短なのでおすすめです! 他の料理を仕上げながら作るサブおかずにぴったりですね。

次回は、下味をつけてしっとり♪ 調味液をもみ込む肉の冷凍方法をお届けします!

<レタスクラブ21年2月号より>

監修/西川剛史 撮影/安井真喜子 コーディネイト/中村弘子 編集協力/田久晶子

【レタスクラブ編集部】

元記事で読む