1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【婚活対策】婚活パーティーで場を繋ぐ「お助けトーク」3つ

【婚活対策】婚活パーティーで場を繋ぐ「お助けトーク」3つ

  • 2021.3.3
  • 1904 views

婚活パーティーに参加する際、一体何を話したらいいのか迷うことも多いですよね。そんな時に無難にその場をしのげるような話題があると便利です。実践で役に立つ「お助けトーク」を3つご紹介します。

休日の過ごし方を聞いてみる

お互いに挨拶はしたもののその後の会話が中々繋がらない、婚活パーティーではありがちなことではないでしょうか。二人とも無口で緊張しやすい場合は、とても気づまりな数分間が流れてしまうことになります。

そんな場合のお助けトークとしては「お休みの日は何をして過ごしていますか」という質問があります。誰もが肩肘はらずに答えられる質問ですよね。その人の人となりがあらわれるので婚活パーティの場ではとてもふさわしい話題といえますよね。

相手の趣味やライフスタイルを聞くことにもなるので、そこから話を広げやすいのもおすすめの理由です。

出身地を聞いてみる

相手の出身地について尋ねるのもごく無難な鉄板トークだといえるでしょう。偶然同じ地方の出身であれば相手に親近感が湧きますし、違っていてもお互いの郷土の特産品や観光名所などで話を広げることができますね。

ドラマのロケ地の話や以前旅行で訪れた場所についてなど、どんどん話が繋がって盛り上がることもあります。自分の出身地に関心を持たれることは嫌な気分はしませんから、有名なお店や出身芸能人など色々と地域ネタをふってみるのもおすすめです。

もし相手に好印象を持った場合には「おすすめのスポットはありますか」とか「素敵なところですね。是非行ってみたいな」などと積極的に会話してみましょう。相手にさりげなく好意を伝えることができますよ。

好きな食べ物を聞いてみる

「食べ物で何がお好きですか」というのも比較的聞きやすい質問です。こだわりなく話せる話題なので、思いのほかその人らしさがにじみ出ることもあります。

もしお互いに同じものを好きなら「どこの店が美味しい」というような情報で盛り上がることもできますし、「私はこっちが好きです」というように自分の話もしやすいです。

得意な料理の話題に持っていって家庭的な面をアピールすることもできますね。こだわりのお酒やデザートなどの話題で楽しく盛り上がることもあるでしょう。

気軽な話題でさりげなく相手を知ろう

婚活パーティーではお互いに気負わずに話せるネタをいくつか準備しておきましょう。楽しく話せる環境を整えることで好印象を与えることもできます。パーティーでの会話は1つの質問だけで終わらせずに次々と話を広げていくことが大切です。楽しい会話で相手の好感度を上げてカップル成立をめざしましょう。

元記事で読む