1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「差わす」ってなんと読む?「さわす」ではなく…こんな読み方もあったのね!

「差わす」ってなんと読む?「さわす」ではなく…こんな読み方もあったのね!

  • 2021.3.4
  • 9579 views

「面差」ってなんと読む?「めんさ」ではありません!お顔に関係があります!

明日・3月4日は『差し入れの日』という記念日になっています。

「会社で疲れている時に嬉しい応援方法である『差し入れ』を啓蒙する」という目的で、日本残業協会という団体が制定した記念日です。

会社や、経済活動としての仕事中でなくとも、差し入れは嬉しいものですよね?差し入れした人、頂いた人、双方の気持ちをアップしてくれる、素敵なコミュニケーション・ツールです。

…ということで、本日は「差」という字の入った難読クイズをお送りします。

【問題1】「差わす」ってなんと読む?

「差わす」という日本語の読み方を答えください。

ヒント:「人などを行かせる」「与える」などの意味を持つ言葉です。

<使用例>

「(ジョークめかして)頑張っているみなさんに、お姉さまから、とっておきのお菓子を差わしてしんぜましょう!」

「○○わす」と読み仮名2文字です。
「○○わす」と読み仮名2文字です。

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

正解は↓に!!
正解は↓に!!
正解は… 差(つか)わす です。
「目上の者から目下の者に与える」というニュアンスも持った言葉です。
「目上の者から目下の者に与える」というニュアンスも持った言葉です。

せっかく差し入れをするなら、おいしいものや素敵なものを・・・と思うものの、ゴージャズすぎると受け取る側を恐縮させてしまうかも?…と、逆に気をつかう時もありますね。そうしたケースでは、例文のように、あえてものものしい言い方を使って、場を和ませる、というテクニックもアリですね。

センスのいい差し入れで、その人の印象がグンとアップしたり、コミュニケーションが深まったり…という事も多いもの。粋な差し入れができる大人でありたいですね。

…さて、2問目も「差」の入ったクイズです。

【問題2】「面差」ってなんと読む?

「面差」という日本語の読み方をお答えください。

ヒント:「顔つき。顔立ち。」という意味の言葉です。

<使用例>

「奥様とお嬢様、理知的な面差が良く似ていらっしゃいますね。」

「○○○○」と読み仮名4文字です。
「○○○○」と読み仮名4文字です。

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

正解は↓に!!
正解は↓に!!
正解は… 面差(おもざし) です。
正解できましたか?

「面」という字には「おもて」または「おも」という読み方があり、こう読む場合、多くは「顔面」を意味します。

「面差(おもざし)」は「お顔つき」「お顔立ち」のような丁寧語とも同じように使用できる言葉です。

本日は、3月4日『差し入れの日』にちなんで、「」の入った難読クイズ

・差(つか)わす
・面差(おもざし)

などをお送りしました。

元記事で読む