1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【デトックスの基本】排出力を高めるポイント&おすすめヨガポーズ

【デトックスの基本】排出力を高めるポイント&おすすめヨガポーズ

  • 2021.3.3
  • 4527 views

デトックスとは

デトックス=排出すること。不要になったものを出して、巡りの良い体にすることです。春は暖かく過ごしやすい時期ですが、一方で気圧の変動、環境の変化、花粉などが影響し、心身の不調を感じやすい時期でもあります。イライラしたり落ち込んだり、気持ちが不安定になることも珍しくありません。ため込んでいる不要なものをしっかり出すことで、体や心の不調を改善し、巡りの良い状態を保つことが大切なのです。

排出力を高めるポイント

デトックス=排出力を高めるには、血液をキレイにして巡らせ、水分代謝をよくすることが大切なポイント。さらさらのキレイな血液をつくるためには、規則正しい生活を心がけ、バランスよく食べ、十分な睡眠をとることが大切です。水分代謝のよい体にするためには、尿や汗をしっかり出し、老廃物を溜めないようにすることが重要なポイントです。

デトックスに効果的なヨガポーズ

ヨガでデトックス効果を高めるためには、脚の内側にアプローチするポーズがおすすめ。ここには、解毒や代謝に関わる肝臓の機能を高める経絡が通っています。経絡とは、「気・血・水」を全身に運ぶ道で、見えない部分ですが、陰ヨガの基礎となる中医学では、心身の健康を保つために重要なものとされています。

1.座位の開脚ポーズ
開脚
座位の開脚 photo by Adobe Stock

座って両脚を開くポーズです。かかとを突き出し骨盤が後ろに傾かないように背骨を長く保つと、より効果的なアプローチが可能です。脚の内側の心地よい広がりを感じながら行います。上の写真では180度開脚していますが、180度を目指す必要はありません。楽な角度からスタートしましょう。

2.座位の開脚前屈ポーズ
座位の開脚前屈ポーズ
座位の開脚前屈ポーズ/photoAC

開脚から上半身を前に傾ける、前屈ポーズです。べったり床に下ろす必要はありません。手の平を床に下ろすところからスタートし、肘、腕、胸へ。柔軟性に応じて調節して、少しずつ深めていきましょう。

3.座位の合せき前屈ポーズ
合せき
座位の合せき前屈ポーズ photo by Adobe Stock

開脚より、がっせきの方が楽な人はがっせきから前屈してみましょう。開脚のポーズと同様に背骨を長く保ったまま上半身を前に傾けます。かかとの位置を自分の方に近づけることで、腿の内側への効果的なアプローチが可能です。

最後に

いかがでしたか?日を追うごとに春らしくなってくる時期です。出すものはちゃんと出し、体内の巡りを良くすることで免疫力UPにも繋がり、この時期特有の花粉症緩和にも役立ちます。今回紹介したヨガポーズも取り入れながら、健康的な生活を心がけましょう。体も心もデトックスしてフレッシュな気持ちで麗らかな春を楽しむために…。

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。陰ヨガ・リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。初心者が気軽に参加できるオンラインのクラスも開催中。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/陰ヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

Instagram:@reiyoga.reikosudo

元記事で読む