1. トップ
  2. メイク
  3. 【高橋愛・春の2大美肌の秘密】【ひんやり発光肌】をつくるには、低音クールメイクが相性good!

【高橋愛・春の2大美肌の秘密】【ひんやり発光肌】をつくるには、低音クールメイクが相性good!

  • 2021.3.4
  • 1071 views

ツヤッと光るネオブルべ肌

【ひんやり発光肌】

目指すべきは“じゅわっとジューシー”ではなく雪明かりみたいなひんやりとした光をまとった涼やかなツヤ肌。寒色系のハイライトや純白のパウダーで肌の温度を下げるのがポイント。

\ひんやり発光肌ってこんな肌/

◆ツヤ下地やファンデでリアルな発光感を演出
◆純白パウダーと寒色系ハイライトで肌をひんやり
◆透明感はピカイチ。澄んだ光で肌の濁りを一掃!

高橋愛
【POINT】むっちりとしたツヤに温度低めの光と粉でひんやり発光を表現

厚みのあるなめらかなツヤにパープルの光と純白パウダーを重ねて温度低めな光を放つ肌に。ベースにパール入りのピンク下地を仕込んだことで、ひんやりしつつも、顔色は明るく。

\ひんやり発光肌に必要なのはこの4品!/

A:イルミネイティング セラムプライマー 03 SPF20・PA++ ¥3200 (3/19発売)/ジルスチュアート ビューティ
B:タンフリュイドエクラ ナチュレル SPF25・PA++ 全8色 35ml ¥13000(3/21発売)/クレ・ド・ポー ボーテ
C:イルミネイティング セラムコレクター 01 SPF25・PA++ 6ml ¥2800(3/19発売)/ジルスチュアート ビューティ
D:ライトリフレクティング セッティングパウダー プレストN ¥5000/NARS JAPAN

ひんやり発光肌のつくり方

HOW TO START!

高橋愛、助ける血色下地を5点置き

1:Aをのせるのは顔の中心部のみ。フェイスラインと生え際、まぶたには塗らずメリハリを。

高橋愛、ファンデを薄く全体に

2:薄く、均一にのせるためBはブラシ塗り。下地同様、5点置きしてから顔の中心のみに。

高橋愛、指の腹でなじませる

3:むっちりとした発光するようなツヤを出すため、下地とファンデをしっかりなじませて。

高橋愛、手のひらでプッシュ

4:手の平の熱でさらにフィックス。スポンジはファンデの油分を吸うので今回は使わない。

高橋愛、ナナメの光をオン

5:頰からこめかみまで引き上げるようにCをオン。角度をつけることでシャープな印象に。

高橋愛、指でぼかす

6:引き上げハイライトは広げすぎ厳禁。置いた場所に指先で丁寧に叩き込み小顔をキープ。

高橋愛、ツヤパウダーでフィックス

7:額の真ん中、小鼻の脇にDをオン。ハイライトブラシを使ってピンポイントに入れよう。

高橋愛、finishu!、内側から光が漏れるようなひんやり肌に

下地とファンデで引き出した生ツヤにアイシーな光をまとったこれぞひんやり発光肌!

ひんやり発光肌には……

低温クールなメイクが相性good!

甘さ控えめな色と質感選びがひんやり発光肌に似合わせのポイント。グレーのクールな目元にマットなベージュで、こなれた印象に。

温度低めでシュガーレス
\ツヤ肌の洗練感がさらに高まる/

高橋愛

◆EYE

二重幅と上まぶたのキワをAで囲んで、カッコよく。眉にもグレイニュアンスをさらりと。

レ ヨン ジュレアイズ、パウダリーアイブロウ、ひんやり感ある淡グレー

A「シルバーやグリーンパールがクールに輝く。」レヨン ジュレアイズ N 05 ¥3000/エレガンス コスメティックス
B「グレイを含むブラウン。」パウダリーアイブロウ P2 ¥480(3/12発売)/セザンヌ化粧品

◆CHEEK

頰の真ん中に淡くスポンジで横長楕円に。血色を仕込みつつ、立体感もアシスト!

エレガンス スリーク フェイス N、血色と立体感が同時に叶う

肌の透明感をキープしたまま血色を補うピンク。エレガンス スリーク フェイス N PK106 ¥3000/エレガンス コスメティックス

◆LIP

肌の生っぽいツヤとリンクするむっちりツヤ。ヌードなベージュを輪郭通りにのせて知的に。

ルージュ ディオール、糖度低めのヌーディベージュ

くすみ感が絶妙なマット質感のヌーディベージュ。ルージュ ディオール 100 ¥4500/パルファン・クリスチャン・ディオール

other

かすかなきらめきが光を受けると多様な表情を紡ぎ出すバーガンディ。

ヴェルニ ロング トゥニュ
ヴェルニ ロング トゥニュ

891 ¥3200(3/5発売)/シャネル

撮影/菊地泰久(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/𠮷﨑沙世子(io) スタイリング/川﨑加織 モデル/高橋愛 取材・文/中川知春 構成/河津美咲

元記事で読む