1. トップ
  2. ヘア
  3. 落ちてくる髪が邪魔…を解決!短めボブでもできる「簡単ひとつ結びアレンジ」5選

落ちてくる髪が邪魔…を解決!短めボブでもできる「簡単ひとつ結びアレンジ」5選

  • 2021.3.2
  • 20557 views

おろしても、ひとつ結びをしてもこなれた印象に仕上がるボブスタイル。でも、長さが足りないと「せっかくアレンジをしたのに、時間が経つと髪の毛が落ちてくる……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は美容師のみなさんに、短めボブでもできる簡単ひとつ結びアレンジを教えてもらいました。

1:ゴム1本でできる「アップヘアアレンジ」

(1)まず、髪をひとつに束ねます。このとき、最初からゆるく結ぶのではなく、少しきつめに結びましょう。

(2)結んだところをくるりんぱしていきます。 このとき、結んだ部分を中心から分け、ゴムが外れないぐらいまでずらします。

その中心部分に髪を入れ込み、結んだ髪全体を下から引っ張ると、こなれ感のあるくるりんぱに仕上がります。

(3)結び目を持った状態で、つまんでほぐしていきましょう。

“くるりんぱ”は、コツさえつかめば簡単。ゴム1本で簡単にできるヘアアレンジを覚えておくと、忙しい朝の強い味方になってくれますよ。

2:簡単なのにぐっとこなれる「ねじり三つ編みアレンジ」

(1)まず髪全体をアイロンで巻いておき、後ろを縦に三等分します。

(2)顔周りの毛束をリバース方向にねじり始め、そのまま後ろまでねじります。

(3)反対側も同様にねじります。

(4)後ろをねじりつつ、さらに三つ編みをします。

(5)毛束の半分を残してゴムで結び、質感をゆるめます。

3:おしゃれな編み込み風ヘア!簡単「ひとつ結び」ヘアアレンジ

(1)上下に髪を分けます。

(2)分けてとった上部分を三つ編みにします。

(3)三つ編みした部分をピンで一時的にとめ、余った髪をひとつに結びます。

(4)結んだ髪をくるりんぱします。

(5)くるりんぱの結び目を持ち、爪でつまんで等間隔にほぐしていきましょう。

(6)三つ編み部分のピンを外し、くるりんぱした部分に入れ込みます。

(7)最後に三つ編み部分も爪でつまんでほぐしていきましょう。

4:不器用でもOK!「ショート向け」ひとつ結びアレンジ

(1)耳後ろの襟足の髪を両サイド残して結びます。残す量はゴムで結べるぐらい少し多めに残しましょう!

(2)崩れないように結び目を持ち、摘んでほぐします。

(3)残してあった髪を結んだ結び目のすぐ上で結びましょう。最初に結んだ所よりも上に結びます。

(4)結んだところをくるりんぱします。

(5)等間隔で摘んでほぐしましょう。多めにほぐすとこなれ感アップします!

(6)完成!

5:ゴム3本で作る「ショートポニー」

ショートポニーテールの手順
出典: GATTA

(1)ヘアアレンジをはじめる前に、髪の毛の絡まりをブラッシングでとりましょう。また、少量のスタイリング剤をつけると、アレンジしやすくなるのでおすすめです。

(2)後頭部の髪をやや楕円形にブロッキングをとり毛先をゴムで縛ります。このとき、ゴムをキツキツに結んでしまうと最後にほどよく崩すことができないので、少し余裕をもって結ぶようにしてください。

(3)両サイドの髪をねじりながらロープ編みをして、先ほど後頭部の髪を結んだゴムの上であらためてゴムで縛ります。これでゴムを2本使いました。

(4)残った襟足の髪を1本目と2本目のゴムと一緒にまとめて3本目のゴムを使って結びます。最後のゴムは太めの“飾りゴム”でもOK。すべての髪がまとまったら順番にほどよく崩してルーズさを出したら完成です。

せっかく朝気合いを入れてヘアアレンジをしても、外出先で崩れてしまっては気分も下がってしまいますよね。ご自身の髪の長さでも落ちてこないアレンジ方法を見つけてみてくださいね!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

元記事で読む