1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【2021年3月】12星座別占い! 今月の恋愛運はどうなる?

【2021年3月】12星座別占い! 今月の恋愛運はどうなる?

  • 2021.3.3
  • 42252 views

春の声が届き始める3月の恋愛運を12星座別に詳しく見ていきます。今月はあまり神経質にならないように、良い意味でゆるく優しいスタンスを取ると良さそうです。小さなことを気にしてピリピリするより恋の幸せをつかみやすくなるでしょう。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

視界がひらけて恋の選択肢が増える月です。フリーの人は彼氏候補が複数できるかもしれませんし、好きな人がいるなら今まで以上にコミュニケーションが増えるはず。ただ、偏ったアプローチや一方的な独り語りをしがちになるので気をつけて。相手の気持ちと状況を汲んで振る舞うことを忘れずに。

今月、身近な人間関係に助けられることはあってもすべてを運任せにするのはNG。周囲のアドバイスはあくまで参考に。恋人に甘えすぎるのも要注意です。

何か判断しなければいけないなら早く答えを出すことより、自分が納得できるまで熟考した方がいいでしょう。月末には「そういうことか!」と大きな気づきがあるはず。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

余計なプレッシャーが抜けて、どこにどれだけエネルギーを注げばいいかがわかってくる月です。一生懸命になりすぎて焦りを覚えていた人は、そこまで自分を追い詰める必要がないと気づくはず。

また、3月は仕事や金策が忙しくなるかもしれませんが、恋する余裕はつねに作っておきましょう。バランスを大切にしながら、困ったときは上手に周囲の手を借りて。全部をひとりでパーフェクトにこなそうとしなくて大丈夫です。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

4日をすぎると情熱が高まってフットワークが軽くなりそうです。持ち前の行動力でチャンスを引き寄せられるはず。

ただ、クールではいられなくなるので、やる気が空回りする場面があるかも。13日からは仕事と恋愛のバランスをうまく取って、ノリだけで突き進まないように。一方、先月迷いや不安に悩まされた人は、熟考したぶん心が落ち着いてくるでしょう。

月末は急進展や棚ボタチャンスが期待できそう。カギとなるのは友人や親しい同僚です。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

恋したい気持ちはあっても、情熱がくすぶって不完全燃焼するかもしれません。

他人と自分を比較したり、友人のノロケ話にモヤモヤしたりするなら、ひとりの時間を充実させて自己肯定感を高めましょう。ガツガツ恋を進めるより自分磨きや心の整理に向いた月です。

20日をすぎると恋愛よりも仕事に意識が向きそう。プライベートを大切にしたいと思っても、業務が波に乗って毎日が楽しいなら恋の優先順位は自然と落ちるはず。

交際中の人はすれ違いが起きやすくなるので、LINEや電話をマメにしましょう。忙しくても恋人をほったらかしにしないように。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

外野が騒がしくなりがちな月なので、自分の意志をしっかり持って。マイペースにいきましょう。

恋人や親友の話はちゃんと聞いても、それ以外の人はスルーした方がいいかもしれません。13日前後は特に、大切な言葉をもらえるはずなので取りこぼしがないように。

周囲に振り回されなければ、内側からにじみ出るような魅力が男性の目を集めるはず。いっそう自信がついて言動に余裕が出てくるでしょう。

そうした内面の移り変わりが月末にはミラクルを引き起こすかも。あなたが発する言葉がきっかけになって、すべてがあるべきカタチに収まるようです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

人と会うこと、話すことには積極的に。好きな人はもちろん、誰に対してもフレンドリーに振る舞うと恋愛運が底上げされる月です。交際中の人は恋人と過ごす時間をたくさん作って。甘い雰囲気に浸るだけでなく、将来の話もスムーズにできるかもしれません。

一方で、今月はプレッシャーを感じる場面が少なくないでしょう。良い意味で背筋が伸びるならいいですが、自分で自分を追い詰めないように。下旬はひとりで頑張りすぎないこと。周囲の優しさに甘えた方が想いと努力が報われるはずです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

スマートな魅力で男性の目を惹きつける月です。王道のモテキャラを演じるより、素の自分を出した方が思いどおりの展開を作れるはず。もし自然体のあなたに難色を示す人がいたら「私に釣り合わない相手」としてこちらからお断りするといいでしょう。

今月は、上旬にどれだけ種まきをするかで下旬の流れが決まります。上昇志向が高まる時期でもあるのでアクションを起こすなら早めに。それも場当たり的に動くのではなく、計画的な行動が大きな実りにつながります。月末は特に想像以上の幸せをつかむかもしれません。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

3月はプレッシャーを感じるかもしれませんが、運命に身を委ねて良い月です。13日は特にこだわりや意地を手放して「こうあるべき」「こうしなくちゃいけない」と思わない方が良さそう。

攻めのスタンスで積極的にいくなら21日までに。自分の魅力をうまくアピールして関係を深められるでしょう。良い意味で恋愛観が変わる人もいるはずです。

月末は、恋に無関係のことが実は影響していると気づくかもしれません。個人的な価値観の変化や口には出せない本音、年上からのアドバイスに意外なヒントが隠されています。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

パートナーシップが盛り上がる月です。好きな人がいるなら積極的に関わる気持ちが関係を深めるでしょう。交際中の人は、恋人に対する遠慮が良くも悪くもなくなるので、自分たちの本当の相性が見えてくるはず。

ただ、自分と同じだけの情熱とスピード感を相手にも求めると、付き合いの長い恋人同士でもギクシャクしてしまいます。同調圧力をかけずに「彼は彼。私は私」と割り切った方がいいでしょう。

20日をすぎると恋愛運がアップし始めます。月末にかけては、“親しき仲にも礼儀あり”を心がけることで予想外のブレイクスルーがあるかも。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

全体的にバタバタしやすく恋に集中しづらいかもしれません。キチンとしようと思いすぎると苦しくなるので、今月は中途半端もアリと考えて。完璧なシチュエーションが整わなくてもアプローチしていいですし、行動することでハッキリすることもあるでしょう。

3月後半は気分がラクになってリラックスモードに入りそうです。仕事が忙しくなりやすく、月末はピークを迎えるため、自分を追い詰めすぎないように。オンオフはしっかりつけて恋する余裕を持ちましょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

恋愛運がアップする月です。目的がハッキリしているなら思いどおりの展開を作ることも難しくないでしょう。

ただ、恋以外のことも気が抜けなくなるのでバランス感覚を大切に。お金や仕事でピリピリするときは、好きな人に対しても言動が厳しくなりそうです。

下旬に入ったらマメにコミュニケーションを取って関係を深めていきましょう。目先のラッキーではなく妥協のない未来をキチンと考えて。そうすると優しく愛にあふれた会話ができるはずです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

20日すぎまでは運気の後押しが期待できるでしょう。人気運が高まってあなたに注目が集まります。ヘアメイク、ファッションはもちろん、何でもない状況でも態度や話し方に気をつけて。フリーの人はいつどこで恋が始まっても良いように自分を整えましょう。

また、今月は自分をアップデートすることになるはず。変わらざるを得ない展開があるかもしれませんが、重く考えすぎず流れに身を委ねてみてください。

下旬は衝動買いに要注意。春服や春色コスメを買いすぎてデートに使えるお金がない……という状況にならないよう、ネットショッピングは特に慎重に。

©PIKSEL/gettyimages
©Nick David/gettyimages

文・沙木貴咲

元記事で読む