1. トップ
  2. 【宇都宮】元インド駐妻のお墨付き!本格的インド料理「ロイヤルインド」

【宇都宮】元インド駐妻のお墨付き!本格的インド料理「ロイヤルインド」

  • 2021.3.2
  • 2901 views

こんにちは!元インド駐妻のほっこりです。 私のように、インド、ニューデリーに在住していた友達が宇都宮にも何人かいるのですが、みんながこぞって「ここは本当に美味しい」と言うレストランがここ「ロイヤルインド」です! 今日は元駐在員である夫とともにお邪魔してきましたので、ご紹介します!

お店外観
出典:リビング栃木Web

写真にもちらりと写っていますが、「インド人の作るインド料理」ってのぼりに書いてありました。 当たり前じゃない?と思う方も多いかもしれません。 しかし、実は日本にあるインド料理レストランって、意外にネパールから来た方が作っていたりすることが多いのです。それはそれで美味しいのですが、ニューデリーから帰ってきた我々には、北インドの方が作ったインド料理が懐かしい味なんでしょうね。

店内はこんな雰囲気。

出典:リビング栃木Web

厨房がよく見えます。インド人のシェフが奥で調理しているのが見えました。店内にはふわっとマサラ(スパイス)の香りが漂っています。 席はテーブル席と座敷がありました。

ランチメニューが豊富!

では早速メニューをチェックです。こちらはランチメニュー。

出典:リビング栃木Web

ロイヤルインドスペシャル、マハラジャ(王様)セット、マハラニ(女王様)セット、 キーマセットも魅力的!

出典:リビング栃木Web

グリーンセットは「サグチキンカレー」「サグポテトカレー」「グリーンナン」などの緑色のもので統一されています。これはかなり珍しい!サグとは「青菜」の意味で、ほうれん草のことだそうです。栄養たっぷりですよね! キッズセットもあるので、家族連れにも利用しやすいです。

出典:リビング栃木Web

こちらのセットはかなりお得!! インド料理って、カレーとナンの割合がナン多めなので、私はダブルカレーにしてみよう。

頼んだもの
出典:リビング栃木Web

こちらはバターチキンランチ1000円(税別)。ナンの大きさをお知らせしたくて、手を一緒に映してみました。想像していたより1.5倍くらいの大きさです。

出典:リビング栃木Web

こちらはダブルカレーランチ1000円(税別)。日替わりカレーと自分で選ぶカレー、ターメリックライスとサラダ、巨大なナンがついてきます。食べきれるだろうか!?と思いつつ食べましたが、案の定食べきれなかったです。でも大丈夫!お持ち帰りができました! 結構どのインドレストランでも、ナンがお代わり無料とか、格安で提供というお店が多い印象ですが、どちらかというと、カレーをお代わりしたいと思うのは私だけなんでしょうか…。 どれも懐かしく、濃厚でうまみのつよいカレーでした。

出典:リビング栃木Web

私は「中辛」にしたけど、インド人もびっくりな超激辛ってどんなのなの。

持ち帰ったカレー二種類

さて、それで満足したのかというと、まだ飽き足らず…

さらに一品料理のメニューにあったカレーをお持ち帰りしました! これはシャヒパニール。パニールというのは四角く固めたカッテージチーズで、ベジタリアンのたんぱく源として、インドではよく食べられています。 例えるならバターチキンカレーみたいな味で、チキンの代わりにパニールが入っているって感じ。かなりお勧めのカレーです。

出典:リビング栃木Web

こちらは、インド料理レストランと言えどもなかなかメニューに載っていない、ダルマッカーニです。

出典:リビング栃木Web

小豆のように小さな粒の緑豆ダルを煮込んだカレーですが、豆だけとは思えないほど濃厚です。この二品をずっと探していたので、お持ち帰りを決定しました!一品料理でも、申し出ればテイクアウトが可能だと、メニューにも書いてありました。便利!

出典:リビング栃木Web

お持ち帰りと言えば、インド弁当も色々ありました。私、許されるなら毎日この弁当でいいわ。

まとめ

お持ち帰りのカレーは「辛くない」と指定したので、子供たちも食べられました。やはりかなり懐かしい味だったようで、大喜びで食べていました。インドにいるときは決して食べようとしなかった気がするけど…喉元を過ぎ…いや、成長したのかな。 夫も懐かしく美味しいな!と喜んで食べていましたが、インドにいるときは決して…以下略。

次回から来るたびにお持ち帰りするのが決定になったレストランでした。

ロイヤルインドレストラン 住所 〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ケ原町89−6 営業 11:00~15:00 17:00~22:00 電話 028-688-8693 HP https://royalindiarestaurant.jp/

元記事で読む