1. トップ
  2. メイク
  3. 春はすぐそこ!気分が上がる「カラーメイク」のススメ

春はすぐそこ!気分が上がる「カラーメイク」のススメ

  • 2021.3.2
  • 1283 views

カラーメイクでハッピーオーラをまとって!

カラーメイクでハッピーオーラをまとって
出典:byBirth

暖かな春の日差しが降り注ぐ季節になりました。春らしい景色へと変わっていくと、気持ちもパッと明るくなりますよね。

春のカラーをメイクに取り入れるなら、さらにハッピーオーラをアップさせることが出来ますよ。ピンク・グリーン・イエロー・オレンジなど、春のカラーは様々あります。

今回は沢山の色の中から大人女子がトライしやすい、ピンクメイクとオレンジメイクを紹介します!

永遠の女子カラー!ピンクメイクで愛され顔になろう!

ピンクメイクで愛され顔になろう
出典:byBirth

ピンクは言わずと知れた「モテカラー」です。柔らかさや明るさ、春らしさを出すのにピンクメイクは欠かせません。

しかし、いざメイクで使うと腫れぼったくなったり、浮いてしまったと感じる事はありませんか?実は、「ピンク」といっても様々な色味があるので、自分の肌に合うピンクを選ぶ事が重要になってきます。

パーソナルカラー別!似合うピンク

パーソナルカラーは、生まれ持った肌・髪・瞳・唇などの色と雰囲気が調子した色(似合う色)のことです。パーソナルカラーは、スプリング・サマー・オータム・ウィンターがあります。

パーソナルカラーによって似合うピンクも違います。

スプリング

コーラルピンク・ピーチピンクなど、黄みがかった明るいピンクが似合います。

サマー

ローズピンク・ライラックピンクなど、青みがかったピンクが似合います。

オータム

サーモンピンク・コッパーピンクなど、ナチュラルなピンクが似合います。

ウィンター

チェリーピンク・ショッキングピンクなど、はっきりしたピンクが似合います。

スプリングとオータムはイエローベース、サマーとウィンターはブルーベースに分類されます。

イエローベースの方は、ピンクでも黄みがかったもの・暖かみのあるピンクを選びましょう。「SUQQU シグニチャー カラー アイズ 04」はコーラルがかったピンクが入っているので、イエローベースさんにもオススメです。

ブルーベースの方は、青みがかったピンクがとても良く似合います。「LUNASOL ジェミネイトアイズN 05 RB」は桜を思わせる淡い発色です。

自分に似合うピンクをメイクにも取り入れていきましょう。

大人女子にオススメの目元可愛い・ピンクメイク

マスクで生活するようになって、目元のメイクは今までになく重要視されています。しかし、気付けばいつも同じようなメイクをしていませんか?春らしさと女子力を上げるために、大人可愛いピンクを目元に取り入れてみましょう!

眉にピンクを取り入れるなら、一気に垢抜けて見えるのでオススメです。ついつい眉は、ブラウン系を選びがちですよね。ピンクブラウンなら、柔らかい雰囲気や女性らしさが出てイメージが変わりますよ!

「ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-3」は、美容オタクで知られる田中みな実さんが選んだ「名品100選」で注目の商品です。大人女子にも使いやすいピンクですよ。

フレッシュで爽やかなビタミンカラー!オレンジメイク

フレッシュで爽やかなビタミンカラー
出典:byBirth

ビタミンカラーの代表はなんといってもオレンジです。オレンジは一年中使いやすい色ですが、特に暖かい季節になると出番が多くなりますよね。

「オレンジはブルーベースの人には似合わないんじゃない?」

そんな事はありません!オレンジもピンクと同様に、パーソナルカラー別に似合う色味が違ってくるんですよ。

パーソナルカラー別!似合うオレンジ

スプリング

フレッシュなコーラルオレンジやみかん色が似合います。

サマー

淡いオレンジ・パール入りオレンジがオススメです。

オータム

レンガ色やディープオレンジなど、ナチュラルなオレンジが似合います。

ウィンター

黄みを抑えた赤みの強いオレンジが似合います。

イエローベースの方はオレンジは得意なカラー!「シャネル レ キャトル オンブル 204」のような鮮やかなオレンジも、イエローベースさんなら可愛く決まりますよ!

ブルーベースさんは、黄みを抑えたパールが多めのオレンジを選ぶと、肌馴染み良く仕上がります。「ADDICTION ザ アイシャドウ」の「スパークル」は沢山種類があるので、その人ぴったりのオレンジが見つかります。「015SP Gleamy Pond」は柔らかく上品なオレンジでオススメです。

肌を美しく見せてくれるオレンジを選んでくださいね。

ラメがポイント!上品な仕上がりのオレンジメイク

ビタミンカラーの代表はなんといってもオレンジです。オレンジは一年中使いやすい色ですが、特に暖かい季節になると出番が多くなりますよね。

  1. まずゴールドのアイシャドウをアイホールと下まぶたに薄く馴染ませます。赤みのないゴールドが良いです!
  2. 目尻や二重幅にオレンジのアイシャドウをアクセントとして入れます。

ゴールドを仕込むだけで、オレンジメイクが全く変わってきます。ラメが可愛いオレンジのアイシャドウがとても沢山あるので迷ってしまいますよね。何色も入ったパレットだったら、色々なメイクにチャレンジ出来るのでオススメです。

カラーメイクで日常に彩りを!

大人になると、TPOや年齢を考えて無難なものを選ぶことが多くなりますよね。しかし、それが必ずしも一番似合っているメイクだとは言えませんし、女性なのですからメイクを楽しまないと勿体ないです。

いつもの日常に少しだけカラーを「仕込む」ことから始めましょう。カラーメイクでいつもと違う自分に出会えますよ!

元記事で読む