1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おちょやん第62回・千代、母娘の会話からあることを思いつく

おちょやん第62回・千代、母娘の会話からあることを思いつく

  • 2021.3.1
  • 2349 views

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第62回(3月2日放送)では、一平が二代目天海天海の襲名を断ってしまう。

シズとみつえの会話を聞く千代(杉咲花)(C)NHK

「鶴亀株式会社」社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌)だったが、周囲の期待をよそに断ってしまう。それは女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからだった。

しかし襲名は社命であり絶対。一平が断れば、「鶴亀家庭劇」の存続も危ない。そんななか、実家の「岡安」で夫婦ゲンカの愚痴を吐くみつえ(東野絢香)と、それを叱るシズ(篠原涼子)。そんな母娘を見て、千代(杉咲花)はあることを思いつき・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

元記事で読む