1. トップ
  2. ファッション
  3. ディプティック“伝説のバー”着想の新フレグランス「オルフェオン」誰もが虜になるウッディノート

ディプティック“伝説のバー”着想の新フレグランス「オルフェオン」誰もが虜になるウッディノート

  • 2021.3.1
  • 323 views

ディプティック“伝説のバー”着想の新フレグランス「オルフェオン」誰もが虜になるウッディノート

ディプティック(diptyque)は、新オー ド パルファン「オルフェオン(Orphéon)」を2021年3月15日(月)より発売予定だ。

www.fashion-press.net

“伝説のバー”着想の新フレグランス「オルフェオン」

ディプティックの新フレグランス「オルフェオン」は、今からちょうど60年前、フランス・パリのナイトカルチャーを支えた“伝説のバー”へオマージュを捧げて生まれた。その頃のパリは、ゴダールを筆頭に名監督がフランス映画を一新させ、プレタポルテの発展によりファッション文化が開花し、さまざまな文化に溢れた時代。

カフェは黄金期を迎え、着想源となった“伝説のナイトクラブ”には、夜な夜なアップカミングな俳優やファッション・文学を愛する若者たちが集い、音楽やダンス、ショーなどをお祭り気分で楽しんでいた。

ディプティックの創業者デスモンド=ノックス・リット、クリスチャンヌ・ゴトロ、イヴ・クエロンの3名もその“伝説のナイトクラブ”へ足繫く通った若者の一人。ちょうど60周年を迎えるディプティックは、創業者たちが愛した“伝説のバー”と同名の新フレグランス「オルフェオン」を発表する。

“香りの記憶”が生むウッディノート

今はなき“伝説のバー”へイマジネーションを膨らませて、ディプティックが得意とする“香りの記憶”をもとに、当時の「オルフェオン」の雰囲気をモダンに蘇らせた。木張りのダンスフロアや、タバコの煙が立ち込めた夜のムード、氷たっぷりのカクテルなど、当時の「オルフェオン」を香りを使っていきいきと表現する。

出来上がったのは、フローラルのニュアンスを持つウッディノート。「オー キャピタル」「コレクション34」など、ディプティックのアイコニックな香りを作り出してきた、調香師オリヴィエ・ぺシューが、ノスタルジックでロマンティックなジェンダーレスな香りを作り出した。フレッシュでフローラルでありながら、官能的でウッディな“誰もが虜になる”香りとなっている。

3つの横顔が隠れたオーバルデザイン

パッケージは、パリ在住のイタリア人造形アーティスト、ジャンパオロ・パニが担当。象徴的なオーバルには、ドットと光線を重なり合うように重ねてグラフィカルに仕上げた。クリアなガラスボトルからのぞく、オーバルの裏側には3つの異なる横顔が並んだアイコニックなデザインをあしらっている。

【詳細】

ディプティック 新オー ド パルファン「オルフェオン(Orphéon)」75ml 21,000円+税
発売日:2021年3月15日(月)※予定

【問い合わせ先】
ディプティックジャパン株式会社
TEL:03-6450-5735

元記事で読む