1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【後編】「ママは美人なのに赤ちゃん似てないね」悪気なく傷つけてくる友人。どんなフォローをすべき?

【後編】「ママは美人なのに赤ちゃん似てないね」悪気なく傷つけてくる友人。どんなフォローをすべき?

  • 2021.3.1
  • 7424 views

学生時代からの友人4人でのランチ会。赤ちゃんを連れてきたAに対し、Bから「ママに似ていたらもっと可愛かったのにね」などと無神経な発言がありました。帰宅した後、私がBに注意すべきか迷っていると……突然、電話がかかってきたのです。

出典:select.mamastar.jp

そう、Bは思ったことを遠慮なくズケズケ言うタイプなのですが、根は素直で良い人なのです。こういうおちゃめな部分があるから、みんなBが好きだし、学生時代からずっとつきあいが続いているのです。
そして「KYか!」を使う日は、思った以上に早くやってきました。しかも相手はBではありませんでした。それは私の実家に行ったときのこと……。

出典:select.mamastar.jp
出典:select.mamastar.jp

義妹はしばらくポカンとしていましたが、やがて柔らかく微笑んでくれました。「そんな……大丈夫です。私の方こそ、気を使わせてしまってすみません」

前回の失敗を教訓にしたおかげで、今回は即座にフォローできたようで、母と義妹の関係悪化を防ぐことができました。和やかな雰囲気になったところで、改めて姪っ子を囲んでその可愛さを褒め称えます。
母「孫ちゃん、本当に可愛いわ。笑った顔は、まるでお花が咲いたみたい」
私「本当、可愛いね。これから大きくなって行くのが楽しみだね」
義妹「ありがとうございます……!」

全く悪意がなくても、気のゆるみからついついデリカシーのない発言をしてしまうことがあります。でもちゃんと相手がどう思うかを考えながら、ひとつひとつ言葉を丁寧に伝えて行きたいな、とあらためて思いました。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・もち 編集・井伊テレ子

元記事で読む