1. トップ
  2. メイク
  3. 今どきの“薄塗り美肌”|メリハリ感をつくる「ハイライター」で目元印象を若く!

今どきの“薄塗り美肌”|メリハリ感をつくる「ハイライター」で目元印象を若く!

  • 2021.2.28
  • 9547 views

今やベースメイクは「頑張った厚塗り肌」は古く、「薄塗りであることが正解」の時代。そこで『Precious』3月号では、「こすれても、くずれてもキレイ!掟破りの『薄塗り美肌』始めます」企画を展開中です。

働き方が大きく変わったこと、マスク必須の生活になったことで、ファンデーションを塗らない派も増えつつあります。けれども大人の場合、ただ塗らない「手抜き」メイクではシミもシワも隠れないため、マスクをとったときに老け顔を晒してしまうことに…。

そこで活用してほしいのがひそかに大きく進化しながらも、今までは脇役だった「コントロールカラー」「コンシーラー」「フェースパウダー」「ハイライター」の4つのベースメイクコスメ。

これらを使い「ファンデーション抜き」で薄くて軽いカラーレス印象、なのにシミ、シワ、たるみの加齢トラブルは上手に消し去るニューノーマルの肌づくりを提案します。

今回は、薄塗り美肌づくりのSTEP4「ハイライター」2品と、効果的な使い方をご紹介します。

【前回の記事はこちら】薄塗り美肌づくりのSTEP3「カラーレスパウダー」4選と、くずれない塗り方

たるみで間延びした頬とアイゾーンを「ハイライター」で引き上げる

ハイライト_1
しっとりとした光沢で小ジワも抹消!

残念ながら、肌色を均一に整えるだけでは、若々しい印象はつくれません。それはたるみで下がった目元や頬までは矯正することができず、間延び顔のままだから。そこで活用したいのが、光効果でメリハリ感をつくる「ハイライター」。

なかなか使用する機会がない、という人が多いと思いますが、実は最強の若返りアイテム。今まではパール入りのパウダータイプが多く、乾燥が激しい大人肌には白浮きしやすかったけれど、ここで紹介する油分の多いスティックタイプなら、艶仕上がりでシワも消せるメリットも。

頬骨の高い位置から、眉尻下にかけて逆Cの字を描くようにのせるのが正解で、最小範囲で最大の効果が! 目元も頬もキュッと引き上がったように見えて、間延び顏を解消できます。

薄塗り美肌づくりにおすすめの「ハイライター」2選
ハイライト_2
左/サテンの輝きを備えた、肌なじみのいいピーチカラー。まるで濡れたようなみずみずしい艶を生む。シャネル ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5,500、右/繊細なパールをたっぷりと含み、やわらかな輝きを放つ。4種のオーガニック植物由来オイル配合。アディクション ザ グロウ スティック 001P ¥3,800

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

  • シャネル(カスタマーケア) TEL:0120-525-519
  • アディクション ビューティ TEL:0120-586-683
元記事で読む