1. トップ
  2. レシピ
  3. カルボナーラ仕立てのエッグベネディクト!朝パン派のためのマフィン活用術

カルボナーラ仕立てのエッグベネディクト!朝パン派のためのマフィン活用術

  • 2021.2.28
  • 1386 views

朝食はパン派です。
ごはんと味噌汁とおいしい干物!という和朝食もいいものですが
忙しい朝はついパンに走っちゃう。朝はコーヒーも飲みたいですし!

食パン、バゲット、クロワッサン。
どんなパンも好きだけど、常備しているのは「超熟イングリッシュマフィン」です。

カリッと焼くだけでおいしいし、アレンジもしやすいし、
半分に割ることで量の調整もしやすいので、ホント、重宝しています。

そんなイングリッシュマフィンのおすすめアレンジの中から
子どもにはもちろん、
グルメな友人たちにも大好評な「カルボナーラ仕立てのエッグベネディクト」をご紹介。

ゆっくりできる休日の朝食やブランチタイムにぜひぜひ作ってみてください♥︎

▼材料

・ 「超熟イングリッシュマフィン」:半分(割った片面)
・ ベーコン:2枚
・ ポーチドエッグ(半熟目玉焼きでも可):1個
・ パルミジャーノ・レッジャーノ:好きなだけたっぷり!
・ 挽き立て黒胡椒:好きなだけたっぷり!
・ ベビーリーフ:適宜

■イングリッシュマフィンが朝食を救う♥︎

マフィンが大好きです。

まず半分に割ってカリッとトースト。
わが家はトースターを持っていないので、フライパンで両面を焼きます。

香薫のソーセージをくるっと巻いて食べるだけでもすっごくおいしいし、
上の写真のようにベーコン+卵料理をサンドするのも最高。

スクランブルエッグのかわりに半熟とろ〜りの目玉焼きにして、
ちょっと手を汚しながらワイルドに(笑)食べるのも息子はお気に入りのようです。

■「オランデーズソース」に挑戦してはみたものの・・・

休日にはちょっとだけ手をかけて「エッグ・ベネディクト」を!
・・・な〜んて思って、レシピを研究してみたことがあるんです。

というのも、
エッグ・ベネディクトがカフェメニューとして流行ったとき、何度か注文したのですが
「見た目はいかにもおいしそうなのに・・・。こういうすっぱいソースが定番なのかなぁ」
と残念な気持ちになってしまって。。とにかく酸味が効いてました。


作り方はシンプルです。

オランデーズソースをつくる
ポーチドエッグをつくる
マフィンを焼く
ハムかベーコンを焼く
盛り付ける

これだけ。でもこのオランデーズソースがくせものなんです。

バターとレモン汁を卵黄と混ぜて乳化させ、
塩と黒コショウで風味付けしたフランスの定番ソースなのですが、どうにもすっぱい。。
made in Franceの瓶詰めピクルスとかも酸味がしっかり効いてるものが多いから
こういう酸味の立った味付けは普通なんでしょう。

すっぱいのが苦手なわが家の男子たち(夫と息子)も喜んで食べられるよう
なるべく酸味を抑えてみよう、と何度かやってみましたが、がんばったわりにイマイチな反応。
(大人はそれなりにおいしかったのですが、息子は無言でフォークを置いちゃった・・・w)

で、ソースをまったく違う方向に変えてしまおう!と思ったのです。


■ソースをカルボナーラ風にしたら大好評!!!

どうでしょう、これ!
とろ〜り流れる卵の黄身、カリカリベーコン、たっぷりチーズと挽き立て黒胡椒。
組みあわせ的に最強です。

作り方は普通のエッグ・ベネディクトとほぼ同じですが、さらに簡単。
必須の材料はパルミジャーノ・レッジャーノ(グラナ・パダーノでもOK)。
これがないと成立しません。
が、これさえあればあとは普通の材料&簡単な手順です。


んみゃー!! やばいですってば、これ!

■**カルボナーラ仕立てのエッグ・ベネディクト レシピ**

1)ポーチドエッグを作る。※時間がないときは半熟目玉焼きでも可。
卵は器に割っておく。
大きめの鍋にお湯をわかして酢を少量加え、お玉でお湯をかきまわして渦を作り、その渦の真ん中あたりにそっと卵を入れる。そのまま2分ほど加熱したら、氷を入れた水にとって、完成。

●コンビニなどで売っている温泉卵でも代用可。全然違うけど、許せる範囲。
●わが家の場合、低温調理器「anova」で10個くらいまとめて作っています。
ポーチドエッグを冷蔵庫に常備しておくと本当〜〜〜に便利。朝の救世主!!

2)イングリッシュマフィンを両面こんがり焼き、同じフライパンでベーコンも焼く。

3)お皿に、マフィン→洗って水気を切ったベビーリーフ→ベーコン→ポーチドエッグの順に盛り、パルミジャーノ・レッジャーノを削ってのせる。

4)黒コショウをたっぷりかけたら、できあがり。

たくさん食べたい人はこれを2個分作るか、もう片方のマフィンも焼いて、
あふれ出る黄味をすくいながら食べてくださいね♥︎

■おいしいコーヒーに合う・合う・合うっ♥︎

ここに、おいしいドリップコーヒーがあればもう完璧ではないでしょうか!

深煎りのドリップをストレートで?
それともカプチーノにする?
わが家の小学生バリスタが大活躍してくれます。

ありがとうマフィン。ありがとう卵。ありがとうチーズ。ありがとうベーコン。ありがとう黒こしょ・・・(以下つづく)と食材への感謝がやまないひとさらです♥︎

ちなみに、息子の芸術的な寝ぐせはヤラセですw

■ コツ・ポイント

マフィンといえばエッグ・ベネディクト。
でも、すっぱいオランデーズソースが苦手なので、ソースを変えたオリジナルレシピを考案しました◎

正統派より簡単なうえ(だって、ソースを作る必要がありませんから!)、
本家に負けず劣らず(個人的には圧勝レベルで♥︎)イケてるヤツです。

「オランデーズソース、私も苦手だった〜」という人にぜひぜひ食べてみてほしいです。
本格カルボナーラの味が好きな方、そしてもちろんマフィンラヴな方にも!


暮らしニスタ/kaoliさん

元記事で読む