1. トップ
  2. メイク
  3. やりすぎはNG!生まれつき目が大きく見える♡デカ目効果が倍増しちゃう秘密の裏技4選

やりすぎはNG!生まれつき目が大きく見える♡デカ目効果が倍増しちゃう秘密の裏技4選

  • 2021.2.27
  • 28947 views

デカ目効果を狙いすぎて、やりすぎアイメイクになってはいませんか?デカ目はただメイクを盛れば良いというわけではありません。盛ってないように見えて実はデカ目効果が倍増しちゃう簡単テクニックをご紹介。「元から目が大きい人に見える」本当は教えたくない裏技ばかりです。

【1】S字アイラインで憧れのアーモンドアイに

michill

目の上のラインが平坦で切れ長の目も素敵ですが、表情豊かなアーモンドアイに憧れている人も多いのではないでしょうか?

アーモンドアイに近づけるには、アイラインをS字を書くように引くのが効果的。S字にすることによって、目そのものが前に出ているように見え、自然と目がクリッと見えます。

【2】デカ目+鼻を高く見せる目頭アイシャドウ

michill

芸能人や美人と言われる方の目元に注目すると、多くの方が写真のような陰影があります。これをメイクで再現しちゃいましょう!

目頭から、暗→明→暗という陰影をつけることで、外国人のような彫りの深い目元にすることができます。

また、陰影をつけたことで、目から鼻への距離も短く見えるので鼻の付け根がキュッと引き締まり、鼻が高く見えるという効果も。

【3】奥目を改善する立体アイシャドウ

michill

眼球そのものが奥まって(窪んで)いて、腫れぼったい印象になってしまいがちな「奥目」。私自信も奥目なのですが、スマホやパソコンで目を酷使したり、年齢を重ねることで奥目がちになることもあります。

エキゾチックで独特の魅力を持つ「奥目」ですが、目元が影になりやすいためなかなか写真映えしないのがネック…。写真をたくさん撮るイベントなどのシーンでは、眼球が前に出ているように錯覚させる立体アイシャドウがポイント。

まぶたの両サイドは暗く、中央は明るくすることで目に丸みと立体感が生まれます。

【4】隠しラメシャドウで光を集める

michill

ここ最近人気の中華メイクでも定番のラメシャドウ。

30代になるとちょっと抵抗のあるラメシャドウですが、目を開けたときに見えるか見えないかくらいの「隠しラメシャドウ」はデカ目効果だけでなく、顔全体を華やかに見せてくれるのでぜひ挑戦して欲しいテクニックです。

目を開けたり閉じたりしながらちょっとずつラメをつけるのがコツです。

michill

目が大きい人って、黒目に光が入りやすいのですが、下まぶたの中央にラメを少しだけつけることで、黒目に光が入りデカ目効果も期待できます。

今回ご紹介した方法は高度なテクニックなどは必要ないものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

元記事で読む