1. トップ
  2. グルメ
  3. ケンタッキーフライドチキンの“裏メニュー”がもはや凶器

ケンタッキーフライドチキンの“裏メニュー”がもはや凶器

  • 2021.2.26
  • 162011 views

オーストラリアのケンタッキーフライドチキン(KFC)がリリースしていた、期間限定の裏メニューが話題。(フロントロウ編集部)

豪KFCの裏メニューとは?

オーストラリアのケンタッキーフライドチキンが、シークレットメニューをリリースしていた。このシークレットメニューがオーダーできるのはアプリからだけで、アプリの画面を開き、これ以上は画面の上にいけないというところで、今一度スクロール。すると、シークレットメニューというバナーが現れる。

そしてそのシークレットメニューのなかにあるZinger Tower Doubleが、やばいと話題になっている。そのハンバーガーがこちら。

そう、なんとこちらのハンバーガーでは、バンズの代わりに、ケンタッキーの目玉商品である11種類のハーブとスパイスで味つけをしたチキンフィレを使用! そして間に挟まっているのはなんと…、ハッシュドポテト。さらにチーズとトマトソースで味つけされ、見ただけで口の中がパサパサになる仕上がりに。

ケンタッキーのフライドチキンといえば、そのジューシーさで人気を博すとはいえ、2枚のフライドチキンにハッシュドポテトを重ねた厚さでは、チキンの衣かカリカリのポテトで唇や口の中をケガしてしまいそう。

しかし、いち早くシークレットメニューを食したTikTokerによると、「ジョークじゃないよ。これ、実際にすごく美味しい」とのこと。

別の人気メニューも復活したばかりだった豪KFC

じつは、オーストラリアのケンタッキーでは、多くのファンが復活してほしいと要望していた、バンズの間にチキンフィレとハッシュドポテトを1枚づつ、そしてチーズやレタス、トマトソースやマヨネーズなど挟んだTower Burgerがメニューに帰ってきたばかり。

TikTokでZinger Tower Doubleについての動画がいくつか公開されたことで、南太平洋地域におけるケンタッキーの最高マーケティング責任者であるクリスティ・ウールチ氏も、シークレットメニューとしてZinger Tower Doubleがリリースされたことを認め、これはTower Burgerを次のレベルにしたものだと話した。

両方のハンバーガーが期間限定であり、また、次の新しいシークレットメニューもいつかリリースされるかもしれないため、シークレットメニューは今後もチェックしていてほしいという。

各国のケンタッキーでは、バイオ3Dプリンターで作られた「新・チキンナゲット」を販売したり、「フライドチキンの香りがする薪」を販売したり、予想をはるかに超える商品を世に送り出してきた。しかし、オーストラリアのケンタッキーは、予想以上ではありながらも、長年のファンの思いを引き継いだアイディアを採用したよう。(フロントロウ編集部)

元記事で読む