1. トップ
  2. 松村北斗“小牧”の意外な過去が明らかに “ながこま”コンビの裏側も「目線で『ツン』とした雰囲気を…」<レッドアイズ>

松村北斗“小牧”の意外な過去が明らかに “ながこま”コンビの裏側も「目線で『ツン』とした雰囲気を…」<レッドアイズ>

  • 2021.2.26
  • 767 views

2月27日(土)に放送される亀梨和也主演ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)第6話では、小牧(松村北斗)が伏見(亀梨)たちと出会う前の大学時代のエピソードが描かれ、意外な過去が明らかになる。

【写真を見る】松村北斗“小牧”を誘拐する犯人グループのメンバーを演じるKEN THE 390

同作は、愛する人の命を奪われた元刑事と、天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス。

第6話見どころ

大学時代の後輩・悠香(森田望智)から呼び出された小牧が、男たちに連れ去られた。小牧を誘拐した元暴力団の瀬沢(古屋隆太)は、悠香の命と引き換えに、ある倉庫のセキュリティーの解除を命じる。

伏見がKSBCのメンバーと共に事件の手がかりを探す一方、天才的なハッキング能力を駆使して日本一ともいわれるセキュリティーのハッキングに軽々と成功した小牧は、なんとKSBCのシステムもジャックしてしまう。

人間不信だった学生時代に唯一心を許した悠香を守るために、強盗団の犯罪計画に手を貸す小牧。悠香と出会った頃の回想シーンでは、眼鏡をかけて人を避けるような内気な表情と、現在の個性的なファッションとは違った小牧の姿が描かれる。

“ながこま”コンビ・趣里との芝居は「楽しい!」

そして、ドラマが進むにつれて、視聴者の間でも話題が高まっている長篠(趣里)と小牧の“ながこま“コンビ。6話では、ピンチに陥った小牧の身を案じる長篠の様子が描かれるなど、さらに二人の関係が変化していく予感も。

“ながこま”コンビの相方である趣里との芝居について尋ねると、松村は「楽しい!」と即答。

続いて、「小牧は自由にお芝居できるキャラなので、こっちから(趣里に)仕掛けて、それにチラッと見る目線で『ツン』とした雰囲気を返してくれたり、そんなお芝居のやりとりが気持ちいいですね。長篠とのシーンは、緊迫感のある本編とは別のところで走っている感じで、ドラマを楽しんでもらえる一要素になっているなら嬉しいです。二人の関係にどんなエンディングがあるのか、僕たちも知らないですが、変化していく様子を視聴者の皆さんにも一緒に楽しんでもらいたいですね」と、レッドアイズのもう一つの見どころである“ながこま”コンビの裏側をアピールした。

元記事で読む