1. トップ
  2. 実は自分でも作れちゃう!ひと手間かけるのが楽しい手作り食材5選

実は自分でも作れちゃう!ひと手間かけるのが楽しい手作り食材5選

  • 2021.2.26
  • 625 views
「手作り油揚げ」 料理:飛田和緒 撮影:木村拓
「手作り油揚げ」 料理:飛田和緒 撮影:木村拓

【画像を見る】ごま油の風味がクセになる「手作り韓国のり」

毎日の食事を手作りすることはあっても、食材そのもを作ることはあまりないのでは。今回は自宅で気軽に作れる手作り食材5選をご紹介。普段買っている食材はこんな風にできているんだ!と新しい発見があるかもしれません。家族でわいわいチャレンジするのもおすすめです。

手作り油揚げ

【材料・2人分】

もめん豆腐 1丁、粉ざんしょう 少々、揚げ油、塩

【作り方】

1. 豆腐は厚手のペーパータオルに包んでおもしをし、冷蔵庫で一晩おいて水きりする。手作り油揚げは水きりがポイント。一晩おいて水きりをしっかりして、切ってから、さらに水きりして揚げる。しっかり水きりすれば、揚げるとき、油がはねるのを抑えられる。

2. 豆腐を横1cm幅くらいに切って、さらにペーパータオルにのせて5分ほどおき、水きりする。

3. 焼き色中温(約170℃)の揚げ油に2を1枚ずつ入れ、表面がパリッとして、こんがりとした揚げ色がつくまで揚げる。一度に入れすぎると油の温度が下がるので、様子を見ながら、2~3回に分けて揚げて。よく油をきって、塩少々、粉ざんしょうをふる。塩や粉ざんしょうのほか、しょうゆや、ゆずこしょうなど、好みのものでどうぞ。

(1人分122Kcal、塩分0.3g)

ボリューミーな食べごたえが特徴の油揚げは、いろいろな料理のちょい足しやかさましにもおすすめ。市販の油揚げとは違った、揚げたての歯ごたえが堪能できます。単体で食べるときは、好みの味つけをしていただきましょう。

手作り韓国のり

パリッとした焼きのりを使って手軽に作れます。温かいご飯や白菜キムチと一緒に食べると◎

【画像を見る】ごま油の風味がクセになる「手作り韓国のり」 料理:外処佳絵 撮影:澤木央子
【画像を見る】ごま油の風味がクセになる「手作り韓国のり」 料理:外処佳絵 撮影:澤木央子

手作りソーセージ

ジューシーな味わいがごはんによく合う1品。転がしながら焼くことで肉汁を閉じ込めます。

「手作りソーセージ」 料理:平野由希子 撮影:木村拓
「手作りソーセージ」 料理:平野由希子 撮影:木村拓

手作りなめらか豆腐

レンジを使って作るのでとっても簡単! まったく固まらない時は、にがりを入れて調整してくださいね。

「手作りなめらか豆腐」 料理:小林まさみ 撮影:白根正治
「手作りなめらか豆腐」 料理:小林まさみ 撮影:白根正治

手作りなめたけ

シャキシャキした「えのきたけ」は、ご飯にかけて食べるとGOOD。冷蔵庫で約1週間の保存が可能です。

「手作りなめたけ」 料理:植松良枝 撮影:木村拓
「手作りなめたけ」 料理:植松良枝 撮影:木村拓

手作りならではの素朴な味が、新鮮に感じられるかもしれません。どれも材料はシンプルなので、自分好みの仕上がりに調節してみてもいいですね。

文=河野あすみ

元記事で読む