1. トップ
  2. 旅ロケ名人・ウド鈴木、出川哲朗と大島優子が埼玉・秩父を巡る!ガイドブックは小学生の描いた地図

旅ロケ名人・ウド鈴木、出川哲朗と大島優子が埼玉・秩父を巡る!ガイドブックは小学生の描いた地図

  • 2021.2.26
  • 572 views
2月28日(日)放送「僕らの地図でつながり旅」(テレビ朝日系) (C)メ~テレ
2月28日(日)放送「僕らの地図でつながり旅」(テレビ朝日系) (C)メ~テレ

【写真を見る】フルーツわたあめを堪能中の出川哲朗に起こった“さすが”の事件

2月28日(日)昼1:55より、メ~テレ制作の「僕らの地図でつながり旅」(テレビ朝日系)が放送される。メ~テレで20年近く、旅番組「ウドちゃんの旅してゴメン」を続けているウド鈴木が、「隊長」と慕う出川哲朗、女優の大島優子と3人で1泊2日、埼玉・奥秩父の旅を繰り広げる。

旅と言っても、 有名な観光地を楽しむ旅ではない。埼玉・秩父市の荒川西小学校の児童たちに、地元で好きな場所などを描いた大きな地図を作ってもらい、子どもたちの目線を借りて身近なスポットを再発見するというもの。

子どもたちは、学校への通学路にある景色がきれいな橋や、怖いけど大きくなったら挑戦したいという体験型施設、おいしい食べ物の店など、子どもならではの目線で、たくさんのおすすめスポットを地図に描き込んだ。

「僕らの地図でつながり旅」地図を広げる3人 (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」地図を広げる3人 (C)メ~テレ

出発地点は、秩父鉄道の最西端・三峰口駅(埼玉県最西端の駅)。ウド鈴木、出川哲朗、大島優子はここで子どもたちの地図を広げ、まずは秩父ジオグラビティパークに向かう。到着した施設には、荒川渓谷のはるか上を通るつり橋や渓谷を横断するジップラインがある。3人は恐怖心をおさえて橋を渡ることにチャレンジする。

「僕らの地図でつながり旅」のウド鈴木 (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」のウド鈴木 (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」アクティビティに挑む直前の出川哲朗・大島優子 (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」アクティビティに挑む直前の出川哲朗・大島優子 (C)メ~テレ

その後、かかしで町のにぎわいを取り戻そうとしている地元の方と触れ合ったり、この土地ならではのジビエ料理を楽んだりと、地図に描かれた奥秩父を満喫。

そして、花のおもてなしがあるという温泉に向かうため、子どもたちが「カーブがかっこいい」とすすめる秩父鉄道に乗車する。

温泉を楽しんだ翌日は、「大正ロマン」と地図に書かれていた食堂で、おいしいオムライスの朝食からスタート。たくさんのフルーツが盛り付けられたオムライスに大島は大感激。ウドも懐かしい味に思わず、「うまい!」と声を上げて喜ぶ。

続いて向かった農園では、カラフルでフォトジェニックなフルーツわたあめを堪能する。

【写真を見る】フルーツわたあめを堪能中の出川哲朗に起こった“さすが”の事件 (C)メ~テレ
【写真を見る】フルーツわたあめを堪能中の出川哲朗に起こった“さすが”の事件 (C)メ~テレ

ウド鈴木・出川哲朗・大島優子が語る「僕らの地図でつながり旅」見どころ

「僕らの地図でつながり旅」 (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」 (C)メ~テレ

■出川哲朗

番組の見どころは、舞台は秩父なのに観光名所の長瀞(ながとろ)にも三峯神社にも行かないというところ! そんな番組ありますか⁉ もうありえないです!(笑) 普通のロケなら長瀞と三峯神社は絶対入れてくるんですけども、その二つが一切出てこない斬新な番組。これですね見どころは!

そして、ウドちゃんは全然変わってないですね。ウドちゃんの良さはやっぱり成長しないっていうところ。ウドちゃんが話すたびに優子ちゃんがもう半笑い、ずっと半笑いで。たぶん心の中で「こいつ何しゃべってるんだろ」ってずっと思ってるから(笑)。でも、これがウドちゃんの真骨頂ですから、素晴らしいと思います。

日曜日のお昼にほっこり見られるいい番組になったんじゃないかと思いますね。

■大島優子

子どもたちが手書きで描いてくれた地図にとても温もりを感じました。子どもたち一人一人の想い出がつまっている地図になっていたので、その地図をもとに旅する私たちも、その思いを最大限味わおう!という気持ちで旅をしていました。

お二人と一緒に旅をすると聞いた時に、楽しい旅になるに違いないって思っていたんですけど、想像以上に大笑いさせていただきました。またぜひ、一緒に旅がしたいというくらいに距離も縮まったのではないかと感じております。

プライベートでも仲が良いっていうこともあって、お二人のなかには親和性があるんですよね。私もそこに飛び込ませてもらって、本当に心を柔らかくして、笑いっぱなしっていう状態でした。すごくリラックスしていたので、テレビというのを忘れるくらい楽しませていただきました。

■ウド鈴木

旅で地図を参考にすることはありますが、子どもたちが描いた地図をもとに旅をするのは初めての経験でした。どんな感じで描いてくれるのかな、子どもたちは僕らに何を伝えようと描いてくれるんだろうって、地図を見る前から、興味があったんです。見たときにはビックリしましたね! なんだか子どもたちと会話してるような気持ちになって、胸が躍りました。

子どもたちが自分たちの視点で、自分たちが楽しいときめきのスポットを地図で紹介してくれて、あらためて秩父が好きになりました。想いが伝わったからですね。

(出川が自分のことを)「成長しないところが良い」なんてほめてないですよね⁉ 優子ちゃんも否定しなかったし…(笑)。

一緒に旅した出川隊長と優子ちゃんは、面白くて頼りがいがあって、かわいくて、優しい人なんです。こんな3人の情熱と優しさが絡み合った、いい番組になりました。

大島優子が描く2人の似顔絵にウド&出川が大興奮

「僕らの地図でつながり旅」ロゴ (C)メ~テレ
「僕らの地図でつながり旅」ロゴ (C)メ~テレ

番組HPには、「僕らの地図でつながり旅」スピンオフ動画や、ロケの裏側を楽しめる関連動画が多数公開されている。(https://www.nagoyatv.com/tsunagaritabi/)

番組に登場する子どもたちの手書きの地図にならって、ウド鈴木、出川哲朗、大島優子がお絵描きに挑戦。 それぞれ子どもの頃の思い出をスケッチブックに描く。似顔絵が得意という大島は、ウドと出川の似顔絵を描いている。

そのほか、歩きながらリアクション芸人としての原点を語る出川や、感極まって混乱するウドの幻の番組エンディングなど、 放送では見られない動画10本が公開中。動画の中で3人が描いた直筆の絵が当たるプレゼントも実施中だ。

元記事で読む