1. トップ
  2. キム・ジェヒョン、竹内涼真との撮影エピソードを語る「涼真ヒョンの力がめっちゃ強くて、僕、飛びました」<インタビュー前編>

キム・ジェヒョン、竹内涼真との撮影エピソードを語る「涼真ヒョンの力がめっちゃ強くて、僕、飛びました」<インタビュー前編>

  • 2021.2.26
  • 418 views
ドーナツをおいしそうに食べるジェヒョン 撮影=山下隼
ドーナツをおいしそうに食べるジェヒョン 撮影=山下隼

【写真を見る】ジェヒョンがドーナツを一口くれるみたい!

日本テレビとHuluの共同製作によるサバイバルラブストーリー「君と世界が終わる日に」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)。本作で主人公・響(竹内涼真)らとともに死と隣り合わせの“終末世界”を生き抜こうとするサバイバー・ユン・ミンジュン役で出演しているのが、韓国のK-ROCKバンド・N.Flying(エヌフライング) のドラマーとして活躍するキム・ジェヒョンだ。心優しい韓国人青年を好演する彼に、撮影現場でのエピソードなどを語ってもらった。

実はミンジュンの役作りには、モデルがいるんです

――ドラマ「君と世界が終わる日に」への出演が決まったときの感想を教えてください。

最初は「僕が?」って信じられなかったし、驚きの気持ちでした。それからどんどんうれしくなっていって(笑)。日本のドラマに出られることになって、今はすごくうれしいです。

――演じているミンジュンは、クールで口数が少ない人物ですが、ジェヒョンさんはいつも笑顔でおしゃべりなんですね(笑)。

そうなんです。ジェヒョンとミンジュンって真逆の人間なんですよ。僕もテレビでドラマを見て、「こんなにしゃべらないジェヒョン、見たことがない」って思ったくらい(笑)。

――演技とリアルのギャップも魅力ですね。

はい。韓国ではそういうのを「反転魅力」と言うんですよ!

実はミンジュンの役作りには、モデルがいるんです。僕のバンド、N.Flyingのギタリストのフンさんを参考にしました。フンさんもパッと見はクールで無口なんですけど、仲のいい人と一緒だといっぱいしゃべるし、心はすごく温かい。ミンジュンの設定を聞いて「あー、フンみたいな感じか」と思ったので。

【写真を見る】ジェヒョンがドーナツを一口くれるみたい! 撮影=山下隼
【写真を見る】ジェヒョンがドーナツを一口くれるみたい! 撮影=山下隼

僕もギュッとした硬い筋肉を作りたい

――2月28日(日)に放送される第7話が、ミンジュン最大の見どころですよね。

そうですね。ミンジュンにとっても一番大事な話ですし、物語の流れが大きく変わる回でもありますから。

――視聴者の反応も気になりますね。注目のドラマだけに、毎話ニュースなどで取り上げられていますが、これまでだと第3話の竹内涼真さん、笠松将さん、ジェヒョンさんのシャワーシーンが特に話題になりましたね(笑)。

はい(照笑)。ちょっと恥ずかしかったです。だって(笠松)将ヒョン(韓国の男性は、親しい年上の同性をヒョン=お兄さんと呼ぶ)は筋肉がめっちゃ“ギュッ”っとしていてキレイな体で、(竹内)涼真ヒョンは筋肉が大きくてカッコいい体。なのに僕の体は、杏仁豆腐みたいに白くてふわふわで(笑)。

韓国にいるN.Flyingのメンバーたちが「シャワーシーンの記事を見たよ」って連絡をくれたのですが、ボーカルのフェスンさんと、リーダーのスンヒョプさんが「ジェヒョン、ちゃんと答えてね。今、鍛えてる?」って聞くから「やってますよ、ちゃんと」と答えたんです。

そうしたら、「じゃあ、なんであんなに体がふわふわなの!」って、詰められました(笑)。僕もギュッとした硬い筋肉を作りたいです。ふわふわじゃなくて。

――同じ事務所のSF9のジェユンさんに、弟子入りしないと!(ジェユンは韓国のアイドルグループSF9のメンバーで、筋肉自慢のイケメンが表紙になる雑誌の表紙に採用されるほどの筋肉の持ち主。)

ジェユンは毎日トレーニングをしていますが、僕はちょっと…(笑)。

このままお昼寝しちゃおうかな… 撮影=山下隼
このままお昼寝しちゃおうかな… 撮影=山下隼

「天才だ!」と思いました

――ジェヒョンさん演じるミンジュンは、テコンドーが得意という設定。劇中では見事な回し蹴りも披露していますね。

テコンドーは、小学生のときにちょっとだけ習っていました。韓国人は子どものころに護身術としてテコンドーを習うのが一般的なんです。

あとは日本に来る前に2カ月ほど道場に通いました。テコンドーにはいろいろな蹴りがあるのですが、監督さんと「回し蹴りがカッコいいんじゃないか」と話し合って、回し蹴りだけを2カ月間、必死に練習しました。

――共演者の皆さんの反応はいかがでしたか?

マキタスポーツさんが「これがテコンドー? 蹴りが多いんだね。教えて!」って興味を持ってくれました。子役の横溝菜帆ちゃんも「教えてください」って言うので教えたら、すぐにできちゃって。僕が2カ月かけて身に付けた回し蹴りを、菜帆ちゃんは一瞬でできちゃった。「天才だ!」と思いました。

――竹内涼真さんとは、撮影のときにどんな話を?

本当にいろいろ話したけれど、食べ物のことばかりかも(笑)。「ジェヒョン、あそこのつけ麺おいしいらしいよ、いつか一緒に行こう!」とか。

――撮影中のおもしろかったエピソードを教えてください。

僕は涼真ヒョンと一緒のアクションシーンが多いのですが、涼真ヒョンの手のひらを踏み台にしてフェンスを越えて逃げるシーンで、涼真ヒョンの押し出す力がめちゃ強くて、僕、飛びました! N.Flyingだけに、ね(笑)。

取材・文=坂本ゆかり

元記事で読む