1. トップ
  2. 天童よしみが福岡、鎌倉、京都を“全国ツアー” 川下り体験やイルカとの触れ合いも

天童よしみが福岡、鎌倉、京都を“全国ツアー” 川下り体験やイルカとの触れ合いも

  • 2021.2.25
  • 829 views

天童よしみが、2月27日(土)の「朝だ!生です旅サラダ」(毎週土曜朝8:00-9:30、テレビ朝日系)で放送される「ゲストの旅」に登場。人気の観光スポット福岡、鎌倉、京都を巡り“全国ツアー”として紹介する。福岡・柳川の観光スポットをゆっくり観光したことがない天童は、名物のお堀巡りとウナギを堪能し、博多では市場巡りや夜の屋台へ繰り出す。京都の嵐山では、保津川下りの体験とぜいたくな時間と空間を満喫する。

【写真を見る】江田友莉亜が、湖南省・苗族(ミャオ族)の村で美しい伝統衣装に身を包む

天童よしみが福岡、鎌倉、京都を巡る

福岡・柳川に何度も訪れているもののゆっくり観光したことがないという天童は、まず、福岡グルメを満喫しようと“博多の台所”として親しまれている「柳橋連合市場」を訪ねる。

明太子の専門店や鮮魚店をのぞき、ふと目にしたかまぼこ店で“柳橋バーガー“という文字を発見。店員に聞いてみると、魚のすり身を使ったバーガーだと分かり、食べてみることに。

夜は、天童が知り合いからおいしいと聞いていた博多名物の屋台を訪れ、鉄鍋ギョーザやたっぷりのネギを使った串焼きなど、屋台メシを堪能する。

続いて、かつて城下町として栄えた水郷の町・柳川へ。ここでは柳川城のお堀を船で巡る川下りを体験。柳並木や美しい新緑の景色の中をゆっくり船が進み、ゴール地点に到着すると、どこからかウナギを焼く香ばしい香りが漂ってくる。食欲をそそる香りに誘われ、天童は柳川名物「ウナギのせいろ蒸し」を楽しむ。

鎌倉・江ノ島の旅では、2010年に強風で倒木した鶴岡八幡宮のご神木・大銀杏を見に行く。そこで、天童は新たに生えた新芽を目にし、自然の力強さに感動する。

続いて、江ノ島電鉄に乗り、新江ノ島水族館へ。8000匹のイワシが泳ぐ圧巻の大水槽や、クラゲたちの不思議な泳ぎに見入った後は、かわいいイルカのショーを見物。また、イルカとの触れ合いも楽しむ。

京都・亀岡の保津川下りは、天童が子どもの頃に父親と行ったという思い出深い場所。亀岡から嵐山を結ぶおよそ16kmの川下りを懐かしみながら体験して観光名所の嵐山に到着。ここでは天童がかねてから行ってみたかったという車折(くるまざき)神社へ向かう。

境内にある芸能神社には、芸能人たちの名前が書かれた玉垣がズラリ並び、天童も参拝する。

「海外の旅」は、魅力満載の中国の旅を紹介

旅サラダガールズ・江田友莉亜は、500年前から近未来へまるで時間旅行をするような中国の旅へ。

“中国の理想郷”と呼ばれ、水と緑の古都が点在する浙江省(せっこうしょう)では、世界三大美酒の1つ「紹興酒」が生まれた美しい水郷の街「紹興」へ。昔ながらの製法を守る酒蔵を訪ね本場の味を堪能する。

湖南省(こなんしょう)にある鳳凰(ほうおう)は “中国一美しい”と称えられ、時が止まったかのようないにしえの街並みが残る場所。美しい街並みを散策した後、日暮れを待って、夜景を楽しむ。軒先のちょうちんに火が灯ると、いにしえの建物が暗闇に浮かび上がり、街はとても幻想的。中国で最も美しいといわれる景色に心酔する。

また湖南省の山岳地帯に暮らす少数民族、苗族(ミャオ族)の村を訪ねると、美しい民族衣装を身に着けた苗族の女性たちが歌で歓迎。伝統的な家庭料理を味わい、さらに、伝統衣装を着せてもらい、伝統のダンスに参加。人懐こくて温かい苗族のおもてなしに感激する。

鳳凰から足を延ばし、岩山がそびえる張家界(ちょうかかい)へ。断崖絶壁の山肌に沿うように設けられた遊歩道を進むと、天門山一の名所が見えてくる。それは、下が丸見えのガラスの遊歩道。絶景の中で空中散歩のようなスリリングな体験を楽しむ。

さらに、江田は世界遺産の武陵源(ぶりょうげん)風景名勝区では迫力満点のエレベーターに乗り、切り立った奇岩群が織りなす山水画の世界に感動する。

その他、「東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅」は、東留伽アナウンサーがゲストの天童オススメの絶品を探索。「生中継」では、ラッシャー板前が山形・戸沢村の「雪ばなな」を紹介する。

元記事で読む