1. トップ
  2. グルメ
  3. グラスのワインと軽めの料理で、ひとりを愉しめる4軒。

グラスのワインと軽めの料理で、ひとりを愉しめる4軒。

  • 2021.2.25
  • 888 views

気軽に立ち寄れて、ワイン一杯と軽めの料理で大満足。お酒のラインナップにこだわる、行きつけ店をつくろう。

買い物の合間にシュワッとひと息。フランチャコルタ バー

泡好きの間で注目を集めるフランチャコルタは、イタリア・ロンバルディア州イゼオ湖の南部で造られる瓶内二次発酵のスパークリングワイン。ドサージュ(加糖)をしないゼロや、チャーミングな風味のロゼ、シルキーな飲み口のサテンなど、フランチャコルタの繊細で奥深い世界をフィンガーフードとともに堪能したい。

グラスは常時10種前後を揃え、1杯¥1,100から。ボトル(¥3,850〜)の購入も可能。軽くつまめる「フィンガーフードプレート」¥1,320 も用意。

阪急メンズ東京3階の一画に設けられたバーカウンター。スタンディングスペースも備えている。知識豊富なスタッフが常駐しているので、相談しつつセレクトしたい。 

Franciacorta Bar東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京3Ftel:03-6252-5360営)11時〜19時30分L.O.(月〜木、日) 11時〜20時30分L.O.(金、土)休)施設の休業日に準ずるwww.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/information  

バル使いもOK! 気さくなイタリアン。エンリコ

人気イタリアン、オルランドの姉妹店が昨年10月にリニューアルオ ープン。ワインショップを併設したカウンターのみの空間で、15時から “ ゆる飲み ” ができるように。17時までの間はおつまみプレートとワイン1杯のセットを¥1,000で提供。ディナータイムは小皿料理も充実しており、おひとりさまにはうれしい限りだ。 

手前は「生ハムとクレーシャ」¥1,000、奥は 「ペペロナータ」¥600。クレーシャはマルケのストリートフード。ラードを練り込んだ薄焼きパ ンに生ハムをたっぷりのせて。ほどよい塩気とワインがぴったり。

「ファットリア コロンチーノ イル バッコ 2018」グラス¥900。南国系のパイナップルやマンゴーのようなニュアンスの中にハーブの爽やかさも。

イタリアワインのショップも併設。120種前後の銘柄を揃ており、ワインのみの購入も可能。

Enrico東京都渋谷区松濤2-14-5 ヴィラ松濤1Ftel:03-6804-9262営)15時〜22時L.O.(月〜金)13時〜22時L.O.(土) 休)日https://enrico.wine 

由緒正しきフレンチと、 星付き名店厳選のワイン。エスプリ・ド・タイユヴァン

フランスで美食の殿堂として名高いタイユヴァンの新機軸。ブフ・ブルギニオンなど伝統のレシピをベースに、旬の食材を盛り込んだ料理がカウンターで気軽にいただける。注目は、本国がセレクトした約460種のフランスワイン。約30種のグラスワインは、飲み頃をしっかり見極めた、食事に寄り添う味わいが揃う。

「ホタテのポシェとカリフラワーのババロア シードル風味のエキューム」¥1,650。ホタテは中心部をレアに仕上げ、素材本来の甘味と食感を引き出した。シードルの風味とシャンパーニュの酸が同調し、爽やかな印象に。

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエで造り、ドサージュを抑えた「コレクション・タイユヴァン・シャンパーニュ・ブリュット」グラス¥1,540

店内はカウンター9席と、テーブル6席、テラス席も用意。ワインの購入も可能。

ESPRIT de TAILLEVENT東京都千代田区丸の内1-3-4 丸の内テラス1Ftel:03-6259-1151営)11時〜14時30分 L.O.、18時〜22時 L.O.(月〜土)11時〜14時30分 L.O.、15時〜18時 L.O.(日、祝)休)不定休www.enoteca.co.jp/shop/espritdetaillevent 

朝から飲める、人気ネオ角打ちの2号店。ナンバー502

ナチュラルワイン専門のネオ角打ち、ナンバー501の系列店が千歳船橋の住宅地にオープン。1階はスタンディング、2階は着席で上質な料理とワインを楽しむことができ、朝9時オープンという革新的な営業スタイルも注目を集めている。ワインは国内外を合わせて常時150種以上 ! ソロ飲みでゆっくり自分の好みを見つけよう。

「北海道産和牛イチボのローストビーフ スモークポテトと卵黄のコンフィ」¥1,870。ワインに合う冷製もおしゃれなプレゼンテーションで。

オー ストラリアのナチュラルワイン「ジェントル・フォーク ヴァン・ド・ソアフ2019」グラス¥1,100。軽やかさと旨味を備えた“うす旨”系。少し冷やして飲むと豊かな果実味を感じられる。

1階はショップを併設したスタンディングスペース。ゴルゴンゾーラチーズケーキなど、日替わりデリはテイクアウトも可。

no. 502東京都世田谷区桜丘5-16-9tel:03-6413-5550営)9時〜21時 L.O.休)不定休https://m.facebook.com/pages/category/ Product-Service/no502bottletokyo-102470638323869

●掲載している商品や料理等の価格は、標準税率10%もしくは軽減税率8%の消費税を含んだ価格です。取材時から変更になる可能性があります。●掲載店の営業時間、定休日などは、取材時から変更になる可能性があります。最新情報は各施設に問い合わせ、もしくはHPを参照下さい。●撮影はコロナ対策に十分配慮し、換気に注意のうえ少人数で短時間で行っています。●マスク等を外して撮影している場合がありますが、通常スタッフはマスクやフェイスシールドなどを着用のうえ、感染対策を行っています。

*『フィガロジャポン』2021年3月号より抜粋

元記事で読む