1. トップ
  2. 恋愛
  3. 菅田将暉主演『キャラクター』“映画初挑戦”セカオワFukaseが美しき殺人鬼に

菅田将暉主演『キャラクター』“映画初挑戦”セカオワFukaseが美しき殺人鬼に

  • 2021.2.24
  • 1074 views

菅田将暉主演『キャラクター』“映画初挑戦”セカオワFukaseが美しき殺人鬼に

映画『キャラクター』が、2021年6月11日(金)に全国ロードショー。

www.fashion-press.net

複写された”絶対悪”構想10年のダークエンターテイメント

着想源となったのは、“もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?”“しかも、その顔を「キャラクター化」して漫画を描いて売れてしまったとしたら??”というアイディア。登場人物それぞれが幾重にも交錯するダークエンターテインメントを、豪華キャストを迎えて映像化する。

登場人物/キャスト

主人公・山城圭吾:菅田将暉

主人公の山城圭吾は、漫画家として売れることを夢見みている。画力はあるが、お人好しな性格ゆえに人の悪を描けず苦悩。才能なく万年アシスタント生活。家のスケッチに向った先で、無残な姿になり果てた4人家族を発見。殺人犯との出会いをきっかけに、人生が大きく動き出していく。

演じるのは、『糸』『花束みたいな恋をした』など話題作で主演を演じた菅田将暉。彼は次のように話す。「オリジナル脚本でキャラクターという題材。キャラクターとは個性でありその人の生き様。今とても重要なテーマだと思い向き合っていきました」

殺人鬼・両角役:Fukase

山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角。山城は両角をキャラクターにサスペンス漫画を描き始めると…欠けていた本物の「悪」を描いたことで漫画「34」が異例の大ヒット。しかし漫画で描かれた物語を模した事件が発していく。そして再び両角は山城の前に姿を現す。

『キャラクター』が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが独特の存在感と美しさで熱演する。Fukaseは次のようにコメントしている。
「オファーを頂いた時は正直とても悩みました。果たして自分に務まるのか、ご迷惑をかけてしまうのではないかと。しかし、1年間以上の長い時間をかけて準備することができたので、撮影が始まると程よい緊張感の中非常に楽しく過ごさせて頂いてクランクアップを迎えた時には涙が溢れそうになりました」

実力派キャストが勢ぞろい

またふたりの脇を固めるキャラクターには、『ゴジラvsコング』でハリウッド進出を果たす小栗旬、『浜の朝日の嘘つきどもと』で主演を務める高畑充希、『みをつくし料理帖』の中村獅童ら実力派キャストが勢ぞろい。いずれも主演・菅田とは複数回の共演を重ねてきた彼らによる、息の合った演技に期待が募る。

清田俊介(小栗旬):主人公・山城が描いた漫画と事件の関連性にいち早く気づき、その真相を探る刑事。
真壁孝太(中村獅童):清田の上司。
川瀬夏美(高畑充希):漫画家として鳴かず飛ばずの山城を陰で支える恋人。

日本映画のヒットメーカーが集結

浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画10年の歳月をかけて完全オリジナル作品を構想。その他、映画『キャラクター』の制作に集ったのは、日本エンターテインメント界切ってのヒットメーカーたち。『20世紀少年』『MASTER キートン』をはじめ、『告白』『君の名は。』など実写からアニメーションまでを企画してきた・川村元気、そして『信長協奏曲』『約束のネバーランド』などを仕掛けてきたプロデューサー・村瀬健が団結。

なお監督は、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』『恋は雨上がりのように』など、精緻な人間模様を描いてきた永井聡が務める。

映画『キャラクター』ノベライズ&コミカライズ発売

映画の公開に先立ち、ノベライズ版とコミカライズ版の発売が決定。ノベライズ版は映画の原案者であり、脚本を手掛けた長崎尚志自らが執筆。2021年5月7日(金)に発売。コミカライズ版『キャラクター』は、「月刊!スピリッツ」にて短期集中連載されることになっており、3月27日(土)発売の5月号から連載開始となる。

【詳細】
『キャラクター』
公開日:2021年6月11日(金)
監督:永井聡
脚本:長崎尚志
キャスト:菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬
原案:長崎尚志
配給:東宝

■ストーリー
複写された『絶対悪』
二人の共作、それは連続殺人事件
漫画家として売れることを夢見る主人公・山城圭吾。高い画力があるにも関わらず、お人好しすぎる性格ゆえにリアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。ある日、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かける山城。住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れてしまう。そこで彼が目にしたのは、見るも無残な姿になり果てた4人家族……そして、彼らの前に佇む一人の男。事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と嘘をつく。それどころか、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き始める。山城に欠けていた本物の【悪】を描いた漫画は異例の大ヒット。山城は売れっ子漫画家の道を歩むのだった。そんな中、漫画「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生。そして、山城の前に、再びあの男が姿を現す。「両角って言います。先生が描いたものも、リアルに再現しておきましたから。」交わってしまった二人。山城を待ち受ける“結末”とは?

元記事で読む