1. トップ
  2. 業務スーパーの『中華調味料 甘辣ベース』は激辛タイプで肉の下味にちょうどいい

業務スーパーの『中華調味料 甘辣ベース』は激辛タイプで肉の下味にちょうどいい

  • 2021.2.24
  • 890 views

業務スーパーで販売されている『中華調味料 甘辣(あまから)ベース』をご存じでしょうか。

唐辛子粉末をベースにした粉末調味料です。甘辣と言いながら甘味は弱く、かなりの激辛テイスト。辛味好きでなければ避けたほうが無難ですけど、お肉の味付けに使うと刺激的な味わいに仕上がりますよ。

業務スーパー|中華調味料 甘辣ベース|105円

業務スーパーにて105円(税込、税抜98円)で販売中です。内容量は60g、合計カロリーは149kcal(炭水化物 27.5g、食塩相当量 22.9g)。

『中華調味料(クミンベース)』(60g・105円)の姉妹品ですね。いずれも粉末タイプの中華系調味料としては手頃な部類に入るかと思います。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品になります。

使い方はそのまま素材にまぶしたり、調味液にして肉などを漬け込むだけ。食塩、砂糖、唐辛子粉末をベースにした調味料です。玉ねぎ粉末やトマト粉末で風味を足していますが、基本は唐辛子の辛味が全開。黒胡椒の刺激を加えたパンチのある激辛テイストですね。手羽先に絡めるとかなり濃厚なスパイシーチキンに仕上がります。

山椒の爽やかさもあって、後味は意外とキレの良い感じ。それでも辛味レベルが強すぎるので、なるべく少量ずつ使いたいところ。程よい量で牛肉炒めなどを作ると、ぐっと肉の旨味が引き立ちます。スパイス感が単調なのはネックですが、価格のわりには使える一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 唐辛子粉末に黒胡椒などを加えた激辛系の中華風調味料
  • まぶして焼くだけで強烈な辛味に仕上がる、激辛好きには嬉しい手軽さ
  • チキンエキスやトマト粉末で香りを出してるけど、中華系のスパイス感は弱い
  • 激辛感を重視するなら本品、少しでも香りを重視するなら『中華調味料(クミンベース)』(60g・105円)がおすすめ
元記事で読む
の記事をもっとみる