1. トップ
  2. おうちで本格カレーを作ろう!新宿中村屋監修のオリジナルカレーレシピを大公開

おうちで本格カレーを作ろう!新宿中村屋監修のオリジナルカレーレシピを大公開

  • 2021.2.24
  • 2109 views

「午後の紅茶おいしい無糖」とのフードペアリングを楽しめるカレーが完成!

少しずつ春の訪れを感じつつも、例年以上に寒さが厳しい今年の冬。更に外出自粛が続く中、おうちごはんのレパートリーにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おうちごはんのド定番メニュー、みんな大好きカレーのレシピをご紹介。

なんと、あの老舗カレー店・新宿中村屋が監修した「午後の紅茶おいしい無糖」に合う究極のカレーレシピなんです!

本格的でスパイシーなカレーをおうちでも簡単に作れる調理のコツは必見! 残りの冬をHOTに乗り切るメニューとして、ひと手間加えたカレーを「午後の紅茶おいしい無糖」と一緒に楽しみましょう。

新宿中村屋監修!スパイス香る「本格チキンカリー」

材料(4~5人分)

・無塩バター……120g
・クミンシード……小さじ1
・にんにく(みじん切り)……10g
・生姜(みじん切り)……10g
・玉ねぎ(みじん切り)……500g
・にんじん(すりおろし)……100g
・鶏もも、むね肉(骨付き)……750g
・カレー粉……大さじ5
・ヨーグルト……150g
・トマト(さいの目切り)……150g
・水……600g
・チキンブイヨンキューブ……2個
・ローリエ……5枚
・ガラムマサラ……小さじ1
・天日塩……適量
・無塩バター……20g
・じゃがいも(一口大切り)……150g

作り方

1. 鍋にバター(120g)を入れて弱火にかける。バターが溶けてきたらクミンシード(小さじ1)を入れ、手早く混ぜながら焦げないように炒める。

2. みじん切りのにんにく(10g)、しょうが(10g)を加え、かき混ぜながら軽く炒める。

3. 香りがでてきたら玉ねぎのみじん切り(500g)を加え、強火で炒める。

4. 玉ねぎが透明でしんなりしてきたら中火で20~30分ほど炒める。

5. 玉ねぎの水分が抜け、バターの中で揚がったような褐色になったら、すりおろしたにんじん(100g)を加え、3~4分炒める。

6. 鶏肉を入れ、玉ねぎとにんじんをからめるようにし、肉の表面が白っぽくなるまで炒める。

7. 鶏肉の上にカレー粉を加え、焦げないように混ぜ合わせる。

8. よく攪拌したヨーグルトを加え、混ぜ合わせ、トマトも加える。

9. 水を3回に分けて入れ、チキンブイヨンキューブも入れて全体を混ぜ合わせる。

10. ローリエを加え強火にして、ひと煮立ちしたら弱火にする。

11. 同時にフライパンにバター(20g)を溶かし、じゃがいもの表面に焼色がつくまで中火で炒め、10の鍋に入れ、時々かき混ぜながら30分位煮込む(※混ぜすぎると煮崩れるので注意)。

12. 塩味を整えてからガラムマサラを加え2~3分位煮る。

13. 火を止め、フタをして30分位蒸らす。

本格チキンカリーをさらに美味しく楽しめる付け合わせ

せっかく手の込んだカレーを作ったのだから、付け合わせにもこだわりたいところ。
箸休めに食べても良し、カレーに混ぜて味変を楽しむも良しな付け合わせ3品のレシピも必見です。

チキンカリーの味を引き立てる「オニオンチャツネ」
材料(4~5人分)

・玉ねぎ……中2個
・食塩(玉ねぎ水出し用)……大さじ1
・生姜……15g
・粗塩(味付け用)……適量
・カイエンペパー……小さじ2
・リンゴ酢……大さじ3
・レモン汁……1/2個分

下ごしらえ

●玉ねぎは縦半分に切り、繊維に沿って薄く切る(スライス)。生姜はみじん切りにする。

●切った玉ねぎをボールに入れ食塩(水出し用)を振り軽く揉みこみ、そのまま置く(約30分)。

作り方

1. 下ごしらえで用意した玉ねぎをザルにあけて、流水で2分程度さらして水分をきる。

2. 粗塩(味付け用)、みじん切りの生姜を加えてよく混ぜ合わせる。

3. カイエンペパーを全体に振り入れて混ぜる。

4. リンゴ酢、レモン汁を加えて良く混ぜ合わせる。

5. 冷蔵庫で冷やし、盛り付ける(※時々かき混ぜると味が馴染む)。

カレーに入れても美味しい「カチュンバ」
材料(4~5人分)

・トマト……中1個
・きゅうり……1本
・赤玉ねぎ……小1個
・粗塩……小さじ1
・レモン汁……1/4個分
・ブラックペッパーホール……小さじ1/4

下ごしらえ

●トマト・きゅうり・玉ねぎをそれぞれ1cm角の大きさに切り、野菜はすべてボウルに入れる。

●ブラックペッパーホールを粗く砕く。

作り方

1. 野菜を入れたボウルに、塩・ブラックペッパーホール・レモン汁を入れて混ぜ合わせる。

2. 食べるまで冷蔵庫で冷やす。

刺激的な辛さを楽しめる「にんじんサラダ」
材料(4~5人分)

・にんじん……2本
・しし唐……2本
・サラダ油……大さじ1
・マスタードシード……小さじ4
・粗塩……適量
・レモン汁……適量

下ごしらえ

にんじんは長さ5cm位の細いせん切り(※万能スライサー等を使うと簡単)。しし唐は種を取りせん切りにして、にんじんと一緒にボウルに入れておく。

作り方

1.鍋にサラダ油・マスタードシードを入れ火にかけパチパチ弾けたら火を止めて蓋をする。

2.熱いうちににんじん・しし唐の入ったボールの上からかけ、よく混ぜ合わせる。

3.粗塩・レモン汁を振り入れてよくかき混ぜ、冷蔵庫で冷やし、時々かき混ぜる。

本格カレーを作っておうち時間を充実させよう!

本格カレーと聞くと、いくつものスパイスを調合するのかと不安でしたが、カレー粉をベースにガラムマサラやクミンシードを加えるくらいだったので、思ったりも手軽に作れそうなのがうれしいですよね。

なかなか外出できない今だからこそ、おうち時間の充実に、本格カレーを作ってみてはいかがですか。ぜひ、「午後の紅茶 おいしい無糖」と共に味わってみてくださいね。

「午後の紅茶 おいしい無糖」商品概要

紅茶のシャンパンと称される世界三大銘茶ダージリン茶葉を使用しました。茶葉を2つの異なる温度で抽出し、香り高さと豊かな余韻を引き出す「ツイン・ブリュー製法」を採用しました。
茶葉本来の豊かな香りとうまみ、クセのないすっきりとした後味を引き出した、食事に合う本格無糖紅茶です。

新宿中村屋とは

1901年に東京・本郷でパン屋として創業。

1909年に新宿の現在地へ移転し、本店としました。同時に、和菓子の製造・販売を開始し、1920年からは洋菓子の製造・販売を開始しました。

1927年には喫茶部(レストラン)を開設し、日本で初めて本場インドのカリー「純印度式カリー」を提供。クリームパンを創案し、日持ちするタイプの水ようかんの開発や、中華まんを世に広めるなど、数多くの商品を世に送り出し、幅広いお客様に愛されています。

元記事で読む