1. トップ
  2. レシピ
  3. 料理家歴40年のプロが伝授♡「早い」「安い」「簡単」が叶う絶品レシピ

料理家歴40年のプロが伝授♡「早い」「安い」「簡単」が叶う絶品レシピ

  • 2021.2.24
  • 20805 views

おうちご飯の頻度が高くなってきた昨今。毎日料理を作るのはしんどいというのが本音ではないでしょうか。そんな方々の救世主、料理家歴40年のプロが監修した『究極のはしょり飯』(世界文化社)を参考に、「時短」「節約」「手間いらず」の調理を実現してみませんか。

4ステップ&約10分で完成する一皿

最初にご紹介するのは、火が通りやすい食材を使い、切る手間を省けばたったの10分で完成する「豚こま肉とさつまいものレモン蒸し」のレシピです。

材料(2人分)
  • 豚こま切れ肉・・・150g
  • さつまいも・・・1本(160g)
  • レモン・・・1/2個
  • バター・・・大さじ1
  • 水・・・1/2カップ
  • 白ワイン・・・大さじ2
  • <A>
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 胡椒・・・少々
作り方
  1. さつまいもは2〜3ミリの厚さに、レモンは薄く輪切りにします。
  2. フライパンにバターを塗り、1/4量ずつ分けたさつまいもを少し重ねて並べます。
  3. 豚肉と<A>を混ぜ合わせ、さつまいもの上に豚肉、レモンの順番に1/4量ずつ乗せます。
  4. ここに水と白ワインを加えて蓋をして火にかけ、煮立ってから6〜7分蒸し焼きに。お好みで仕上げに黒胡椒をかければ完成です。

蓋をして蒸し焼きや蒸し煮にするテクニックを取り入れることで、加熱時間が大幅に短縮。また、細かくて手間のかかる切り方はなるべく避けて、千切りはスライサーにお任せするなど、調理器具のチカラに頼るのもひとつの手ですよ。

リーズナブルな食材を使った簡単シンプル料理

続いてご紹介するのは、お財布にやさしいリーズナブルな食材をフル活用した「豆腐の豚角煮風」のレシピです。

材料(2人分)
  • 木綿豆腐・・・1丁
  • 豚バラ薄切り肉(長めのタイプ)・・・8枚
  • 片栗粉・・・少々
  • 青梗菜・・・1株
  • 油・・・少々
  • 酒・・・大さじ2
  • <A>
  • 赤唐辛子・・・1本
  • 水・・・1/3カップ
  • しょうゆ・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ1
作り方
  1. 豆腐は8等分に、青梗菜の葉の部分は3等分に根元は縦4等分に切っておきます。
  2. 豚肉は1枚ずつ広げて片栗粉をふり、豆腐にふんわりと巻きつけます。
  3. フライパンで油を熱し、2の巻き終わりを下にして並べ、肉全体に焼き色をつけます。
  4. 青梗菜の根元を入れて酒をふり、<A>を加えてから蓋をして5〜6分煮ます。
  5. 最後に青梗菜の葉を加え、しんなりするまで蓋をして煮たら出来上がり。

普段のおうちごはんに高級食材は必要ありません。木綿豆腐に豚バラ肉、青梗菜など、どれも安くて幅広い料理にも使えるお得な食材です。これらのアイテムを冷蔵庫に常備しておけば、わざわざ買い出しに行く手間が省けますよ。

ホットプレートを活用した九州の定番屋台グルメ

最後にご紹介するのは、九州では定番の屋台グルメ「はし巻き」。自宅にストックしてある食材を使って、ホットプレートで簡単に作ることができるレシピをご紹介します。

材料(2人分)
  • キャベツ・・・2枚
  • 小麦粉・・・1カップ
  • 油・・・大さじ2
  • <A>
  • 卵・・・1個
  • 水・・・1カップ
  • 塩・・・少々
  • <B>
  • 天かす・・・大さじ4
  • かつお節・・・1袋(5g)
  • 万能ねぎ・・・3本
  • <C>
  • お好みソース・・・適量
  • マヨネーズ・・・適量
  • 青のり・・・適量
  • 紅しょうが・・・適量
作り方
  1. キャベツは千切りに、万能ねぎは小口切りにしておきます。
  2. <A>をほぐし混ぜ、小麦粉を加えて泡立て器で混ぜます。
  3. ホットプレートで油を熱し、2を玉じゃくし1杯分ほど楕円形に流し入れます。空いているところにもう1杯分流し、キャベツとBを各1/4量ずつ乗せ、その上から生地をかけて2分ほど焼きます。
  4. 割り箸の先を開き、生地の端を挟んで巻きます。
  5. 巻き終わりを下にして、軽く押さえて何回か返しながら3〜4分焼きます。最後に<C>をお好みでトッピングしたら完成。

時間がなくて買い物に行けない時や仕事で疲れて力尽きた……など、そんな状態でも料理を作らなければならないときも多々あると思います。そんなときに頼りになるのが、缶詰や小分けにして冷凍してあるごはんやうどん、食パンなど。キッチンに立つ元気がないときは、ホットプレートを活用するのがおすすめです。食卓に座りながら料理ができる上に洗い物が少なく、最後までアツアツで食べることができて一石二鳥ならず、一石三鳥の強い味方ですよ。

「早い」「安い」「簡単」3拍子そろった「はしょり飯」

ここ最近の新しいライフスタイルにおいて、自炊をする機会が増えたという方が多いのではないでしょうか。在宅ワークをしながら、1日3回の食事を作り続けるのは大変ですよね。
今回ご紹介した『究極のはしょり飯』(世界文化社)では、料理家歴40年の著者・大庭英子さんが日常的に作っている料理をベースに、「時間」「お金」「手間」をできるだけ省いた幅広い絶品メニューが紹介されています。
ちょっとした工夫を取り入れることで食事作りの負担を減らすことができる、目から鱗なアイデアが詰まった一冊ですよ。

writer / ちほ photo / 世界文化社

取材協力

究極のはしょり飯
刊行:世界文化社
定価:1,485円(税込)
https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/21302.html

元記事で読む