1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2月27日は乙女座の満月 春のスタートに向けて、環境を心地よく整えよう!

2月27日は乙女座の満月 春のスタートに向けて、環境を心地よく整えよう!

  • 2021.2.23
  • 12516 views

2月27日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう。

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】乙女座
【満月になる時刻】2月27日17:17
【乙女座満月のキーワード】「管理能力」「整理整頓」「健康に関すること」「批判精神」「見直し・調整」……etc.

今回の満月は乙女座で起こります。乙女座は12星座で一番管理能力に優れた星座。整理整頓、健康管理、スケジュール管理など、身の回りのことや仕事のことなどに関して、よりよい状態へと改善することに才能を発揮します。鋭い観察眼や緻密な計画性もあるので、修正すべきところを見つけ出すのも得意ジャンルといえるでしょう。

そんな乙女座満月が起こるのは、毎年この2月下旬~3月中旬の間。占星術にとって、3月20日にくる「春分の日」は「新しい1年の始まりの日」なのですが、乙女座満月はそこに向けて、整理整頓や生活習慣の改善などを行うのに最適なタイミングでやってくるのです。

特にここまでの1年は、新しい生活スタイルが求められたこともあり、自分自身の価値観や習慣を「世の中の変化に急いで合わせないといけない」こともあったのではないでしょうか。この満月のエネルギーは、そうしたものを今度は「しっかりと自分の意思」で、自分にとって心地よい生活スタイルに整えていくことを応援してくれます。

さらに今回の満月は、「革命・改革の天王星」とも調和の角度。自分らしい仕事のやりかたや暮らしかたなどへの改良を、楽しくサポートしてくれるパワーが高まる暗示です。

新しい春からの「自分らしい1年」を作り出す気持ちで、乙女座満月の手放し&改善を誓ってみましょう。

■乙女座満月にオススメの手放しテーマ

今回の満月は1ハウスで起こるので、「自己イメージ」に関しての制限や思い込みを手放すのにも最適。特に乙女座的な「高すぎる理想像」や「自分へのダメ出し」などに悩みがあったら、この満月で手放していきましょう。

★乙女座満月の手放しテーマ★
「周囲の人へ厳しい批判を向けてしまう」
「行き過ぎた完璧主義」
「細部への過剰なこだわり」……etc.

これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■乙女座満月のオススメ改善ワーク

不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような乙女座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★乙女座満月の改善ワーク★
「健康に良い習慣を毎日の生活に取り入れる」
「美しく整った生活空間をつくる」
「仕事をスケジュール通りに責任もってやり遂げる」……etc.

手放し&改善ワークは月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。

この日の夜は、春からの新年度スタートに向けて「新しい生活環境を整えること」を考えるのが最適です。乙女座満月の観察力&調整力を借りて、現在の自分が持っているものについて「要・不要」を書き出してみましょう。「持っているもの」は実際に部屋にある「もの(アイテム・道具)」でもありますし、自分自身が何か時間をかけている「もの(習慣や趣味など)」でもあります。

それを自分は本当に必要としているのかどうか、それは本当に自分を楽しく幸せにしてくれるのかどうかを、もう一度じっくり考えてみて。違うな、と思ったら、乙女座の整理整頓能力を使って、いさぎよく手放し&改善を誓ってみてください。

さまざまな制約を受けた中にあっても、時間は止まることなく進んでいきます。よりよい未来に向けて、自分らしい人生を美しく整えていきましょう。
(永沢蜜羽)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む
の記事をもっとみる