1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【前編】子ども3人+友達2人がわが家で大騒ぎ!負担が大きいから断りたいけれど……?

【前編】子ども3人+友達2人がわが家で大騒ぎ!負担が大きいから断りたいけれど……?

  • 2021.2.23
  • 7870 views
出典:select.mamastar.jp

きょうだいをいっしょに遊ばせることができる場所を探すのは、苦労しますよね。子ども同士の年齢差が開けば、安全に子どもたちを遊ばせられる場所はより限られてしまいそうです。個人のお宅なら……、とついママ友さんを頼りたくなることもあるかもしれません。あるママからお悩みの投稿がママスタコミュニティにありました。

『うちの子は上から小5、小2、3歳なりたてで、一番下がまだまだ手がかかります。ママ友は小5、小1の子がいて「子どもたちが遊びたがっているから」と、わが家に来たがります。「よかったらそちらへ行かせるよ?」と言うと、「そっちに行きたいみたい」と言われます。3人から5人に増えるとうるさいし、一番下もテンション上がって大変なんですが、みなさんは「迷惑かな?」と考えない? 「次は家が預かるよー」の言葉もないから納得できなくて』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074

「子どもだけ来る」、「遊ぶのはわが家だけ」というところにモヤモヤしていそうなママさん。このまま子どもを預かり続けると、いろいろ大変なことになりそうなのが目に見えていますね。みなさんならこういうケース、どうしていますか?

うちに来てもらえたら嬉しい

『うちは来てもらえたら嬉しい。3歳も遊びで疲れて早く寝てくれたらラッキーだし。でも逆の立場なら気をつかうわ。小さい子がいるお宅、しかも子ども3人とか絶対大変だよね』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074

投稿者のママのように子どもが3人いても、さらに子どもに遊びに来てもらってもOK、とのコメントがありました。しかし逆の立場となれば、相手が大変だろうからどうしようかと気遣うことになりそうですね。

『3歳の子も混ぜて遊んでくれて、片付けまできっちりして帰る子たちならいいかな。そうじゃないなら断る』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074

”条件付き”でOK、とのコメントがありました。コメントをくれたママが出した条件は、「小学生だけで遊ぶのではなく、3歳の末っ子も一緒に遊んでくれること」、「後片付けまでして帰ること」でした。理想の形ですよね。

『うちも3人いるけど気にしたことない。小学生なら、親の出番はまったくないよね』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074
『うち最大10人きたことあるよ。小学生だけど、何にも思わなかった。そこに、幼児来たりしたら困るけど小学生だからね』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074

子どもが何人遊びに来てもOK、というコメントがありました。ある人はなんと、最大で10人もの子どもたちが遊びに来たことがあるのだとか! 小学生だけで遊ぶのなら、人数を気にしなくてもいいのかもしれません。

遊びたがっている方が招いてもいいのでは?

『遊びたがっている方が招くのが普通では? ずうずうしい人だね。自分も子育てしてたんだから、下が3歳なら手がかかるくらいわかるでしょう』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074
『無料託児所扱いは勘弁してくれ、だね』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074
『きょうだいまとめてよその家に行かせるっていうのが信じられない』出典:https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3797074

遊びに来てもいい、と考えるママたちがいる一方で、「ずうずうしい」と厳しいコメントを寄せてくれたママたちも。わが子の友達が自宅に来たら、親は子どもたちがケガや喧嘩をしないように見守ることも必要になってきます。お友達が帰るまで、迎え入れた側は気が休まる暇はないかもしれません。

とはいえママスタコミュニティのママたちの考え方はそれぞれでした。

自宅に子どもたちだけが遊びに来るのに相手のお宅へは行けなさそうで、投稿者のママが不公平感や負担感を抱いているこの状況。この際、はっきり断ってもよいものでしょうか?

後編へ続く。

文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト・Ponko

元記事で読む