1. トップ
  2. <おちょやん>杉咲花、第12週は「大切な回になりました」成田凌“一平”衝撃シーンで幕開け

<おちょやん>杉咲花、第12週は「大切な回になりました」成田凌“一平”衝撃シーンで幕開け

  • 2021.2.22
  • 631 views

杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。2月22日放送の第56回から、杉咲が「大切な回になりました」と語る第12週「たった一人の弟なんや」が始まった。第56回は千代(杉咲)と一平(成田凌)が「鶴亀家庭劇」の舞台上で衝撃シーンを演じる展開で、波乱の幕開けとなった。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】一平(成田凌)が、警察に…!

「もしヨシヲに“一緒に死んでくれ”言われたら…」

千代が幼い頃に生き別れた弟・ヨシヲにまつわるエピソードが描かれる第12週「たった一人の弟なんや」(第56~60回/2月22~27日)。

第56回では、鶴亀家庭劇の新作舞台の稽古が始まっていた。千代は一平と前座「若旦那のハイキング」で恋人同士を演じることに。

「俺がこの脚本(ホン)に込めたんは、理屈や秩序を超えたところにある人間の本性、衝動的欲動なんや!」という一平だが、肝心の脚本は検閲で徹底的に恋愛要素を排したものに。クライマックスで主役の2人が抱き合う場面も“手を握る”に書き換えられてしまった。

それでも千代は、“命を捨てても惜しくないほど大切な相手”に思いをめぐらせた結果、本番では熱のこもった演技を披露。そして、そんな千代を目の当たりにした相手役・一平は、思わず千代にキスをした。衝撃シーンに客席も、鶴亀家庭劇の面々もびっくり!千之助(星田英利)でさえ、目を白黒させた。

今の千代にとって、“命を捨てても惜しくないほど大切な相手”は弟・ヨシヲただ一人。

本番前、千代は「正直言うたら、好きな人とやったら死んでもええ言う気持ち、うちにはようわからへん」「けど、同じくらい大切なもんやったらある。弟のヨシヲや」と、ヨシヲへの思いを一平に打ち明けていた。

「もしヨシヲに“一緒に死んでくれ”言われたら、うちは死ねる。そないな気持ちでこの役、演じてみよ思てる」。幼い頃に生き別れ、今は安否すらわからないヨシヲへの思いを胸に、千代は舞台に上がったのだった。

波乱の週12週!杉咲花「是非、是非観てもらいたい」

千代がヨシヲへの思いを再確認するというエピソードで幕を開けた第12週。千代役・杉咲は21日、Instagramを更新し「おちょやん、明日からは12週。是非、是非観てもらいたいです。大切な回になりました」と、特別な思いを込めた週であることを打ち明けた。千代の物語に、ヨシヲはどんな形でかかわってくるのか…千代の人生にとっても、重要な週となりそうな予感が漂う。

千代の思いあふれる熱演に感化され、思わずキスしてしまった一平。だが、この当時の芝居や映画は、警察の検閲を受けて上演の許可を得ることが必須で、キスシーンなどもってのほかだ。さらに悪いことに、客席には監視する警官の姿があった――。

道頓堀一帯でボヤ騒ぎなど物騒な出来事が相次いでいることや、千代の周りをうろつく不審な人物の姿も描かれ、波乱の幕開けとなった第12週。それに、一平にファーストキスを奪われてしまった千代の心境も気になるところ。視聴者からも「鶴亀家庭劇どうなるの!?」「続きが気になる終わり方!」と心配の声が上がっている。

2月23日(火)は第57回を放送する。

「若旦那のハイキング」の舞台初日。千代の熱のこもった芝居に引っ張られた一平が思わず接吻した場面を、劇場にいた警官が問題視。即刻、芝居は中止に。

鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)らが必死に警官に頭を下げ、公演は続けられることになったものの、千代にとっては初めての接吻。岡安のお茶子たちは、千代を必死に慰める。

元記事で読む