1. トップ
  2. AIを使った“婚活支援” 補助を政府が拡充…婚姻が増えない最大の理由は「若者の所得が低いこと」

AIを使った“婚活支援” 補助を政府が拡充…婚姻が増えない最大の理由は「若者の所得が低いこと」

  • 2021.2.21
  • 1692 views

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、2月8日(月)~2月12日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

(左から)ハードキャッスル エリザベス、鈴村健一

◆59万件

2008年の72万件から2019年には59万件まで落ち込んだ婚姻数。そんななか、政府が新年度からAI(人工知能)を使った婚活支援への補助を拡充させるそうです

中央大学の山田昌弘教授によると、婚姻が増えない最大の理由は「若者の所得が低いこと」だそうで、「女性の半数以上が非正規のため、多くの場合、(相手男性の条件に)高所得を求めるも、応じられる男性が少ないから」と分析しています。

エリザベスは、「AIがどんな質問を出してくるのか、気になります」と関心を寄せていました。

◆28日まで

新型コロナウイルスの影響で中止になった「さっぽろ雪まつり」。その代替イベントとして「オンラインさっぽろ雪まつり2021~みんなでつくる雪まつり~」が、2月4日(木)からオンライン上でスタート。開催期間は、2月28日(日)までです。

過去に現地で「さっぽろ雪まつり」を見たことがあるという鈴村は、「“これ、本当に人がつくったの!?”と思うぐらい、すごくて素晴らしい! あと、屋台もたくさん出ていて、グルメも楽しかった」と振り返ります。今回はオンライン開催ならではのさまざまな企画やコンテンツが用意されており、「こういう状況下でいろいろな工夫をし、価値観を変えながら開催している『さっぽろ雪まつり』を、みんなで楽しめればいいなと思います」と話していました。

◆10円

「10円当たりあめ」などを製造し、創業111年という歴史を持つ駄菓子メーカーのアメハマ製菓が4月30日(金)をもって廃業することを発表しました。 新型コロナウイルスの影響や、製品の多様化に追いつけなかったことが廃業の理由だそうです。

鈴村は「いやぁ、コーラキャンディをよく舐めていましたね~!」と懐かしみます。また、コロナ禍の影響で、縁日などでお馴染みの「型抜き」のメーカーも苦境に立たされているそうで、「(子どもの頃)めちゃめちゃ好きで、めちゃめちゃやりました! 型抜きをするが楽しみでお祭りに行っていたぐらい」とコメント。

◆10代

SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」が、15~19歳の女性525名を対象に「10代女性の2021年バレンタイン調査」を実施しました。この調査によると、今年は去年と比べて「手づくりよりも、購入する人が増加」したそうです。

今回の調査結果から、今年はクッキー缶やあざとチョコなどSNS世代ならではのバレンタインの楽しみ方が流行りそうだと予想しており、鈴村は「クッキー缶はわかるけど、あざとチョコってすごいワード」とちんぷんかんぷんの様子でした。

◆44万

モバイルアプリの分析会社センサータワーによると、 現在iOS版のみリリースされている音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」のダウンロード数が、前週は44万ダウンロードで国内首位となりました。

この日休みの山崎に代わって代演をつとめた男子400mハードル日本記録保持者の為末大さんは、スマートフォンはAndroidのため「息子が使っていたiPadを『夜は、父さんのだ!』と言って取り上げて(苦笑)」とClubhouseを始めた経緯を明かし、笑いを誘います。

現在はすっかり楽しんでいるようで、「スマートフォンのビジネスっていろいろと多いけど、これまで(アプリ)は視覚の戦いだった。人間の目がどのくらいアプリに使われるかを競っていたときに、スコンと抜けていた耳(聴覚)の世界にClubhouseがやってきた。Clubhouseを聴きながらなにか作業したり、本を読んだりする人も多いと思う。これからは耳の戦いもどんどん活性化しそう」と予測すると、エリザベスは「ラジオも負けちゃいられません!」と奮起していました。

<番組概要>

番組名:ONE MORNING

放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00

パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

元記事で読む