1. トップ
  2. 恋愛
  3. 好き度がわかる?手の繋ぎ方・触れ方に出る「男性の気持ち」

好き度がわかる?手の繋ぎ方・触れ方に出る「男性の気持ち」

  • 2021.2.20
  • 2886 views

恋人と手を繋くとき、その繋ぎ方には相手との距離感や好き度合いが表れやすいんです。彼の手の繋ぎ方から、あなたへの気持ちをチェックしてみましょう。では実際に、手の繋ぎ方にはどんな気持ちが表れるのか、パターンごとに確認していきます。

少し距離がある、シェイクハンドスタイル

手の繋ぎ方の中でスタンダードなのは、手のひらを重ねるシェイクハンドスタイルです。手はしっかりと触れ合ってはいますが、そこまで親密というわけではありません。

あまり親しくない相手でもできてしまう簡単な繋ぎ方なので、まだアレンジできるほど気持ちが近くない段階の可能性が高いです。ただ恋人同士になって長い年月が経っても、同じスタンダードな繋ぎ方をしている場合は、それが自然でリラックスできるからということも考えられます。

また、繋いだ時に相手の手の甲が前になる場合は引っ張っていきたい、後ろの場合はリードしてもらいたいという気持ちの表れです。

距離感が縮まった時の繋ぎ方

手の繋ぎ方は、シェイクハンドからお互いの指を交互に絡める、恋人繋ぎに発展することが多いです。そして、恋人繋ぎは名前からもわかるように、恋愛関係にあることをしっかりと意識するものです。

もしシェイクハンドから、そんな恋人繋ぎに変わったのであれば、距離感が縮まったと捉えていいでしょう。そのまま順調に、関係を進めていきましょう。

また、そんな恋人繋ぎと同じくらいの距離感なのが、指先や小指だけの繋ぎ方です。人目があったりなど、本当は恋人繋ぎをしたいけれどもできない場合に多い手の繋ぎ方です。

人目が気になるのであれば手を繋がないという選択肢があるにも関わらず、少しでも繋ごうとしてくるのは、好きな気持ちが大きいと考えて良いでしょう。

他の人とはできない2人だけの繋ぎ方

手の繋ぎ方には、特殊な形もあります。相手とより密着したくて、ひじの辺りから絡み合っていたり、気心知っている相手だからこそ手を握らずに、ただ触れ合うだけといった形がその例です。

そういった繋ぎ方は、相手に気兼ねしているとできないので、お互いが遠慮をしない距離感が非常に近い関係です。そして関係を進めていく内に、2人だけの手の繋ぎ方を見つけたのでしょう。

そのため特に険悪な雰囲気でもない限り、好きかどうかはわざわざ確認するまでもないでしょう。

手の繋ぎ方には相手の本音が出やすいです。そのため、こっそり気持ちを知るために活用すると良いでしょう。

また逆に、手の繋ぎ方が気持ちに反映されることもあるかもしれません。したがって、相手にどんな気持ちでいてほしいかによって、繋ぎ方を変えてみるのもありでしょう。

元記事で読む