1. トップ
  2. グルメ
  3. 変わり種から正統派まで!都内で食べられる絶対におさえておきたい絶品「かき氷」の名店8選

変わり種から正統派まで!都内で食べられる絶対におさえておきたい絶品「かき氷」の名店8選

  • 2015.6.10
  • 59707 views

ここ数年のブームによって、どんどん進化を遂げるかき氷。豪華なトッピングや見たことないシロップなど、いままでのかき氷の常識をくつがえすものや、和のテイストたっぷりの昔ながらのものまで……今年も目が離せません!

今発売中の『Oggi』7月号では、そんな今年も話題の「かき氷」の名店をピックアップ。大人になったいまだからこそ楽しめる、見て涼しい、食べて爽快なひと皿をご紹介します。

◆台湾アイスモンスター

4月末にオープンしたばかりの話題のかき氷! 一風変わった帯状の氷は、氷そのものにフレーバーがついた進化形。食べるとふわっととろけ、冷たいのに口の中にはまろやかで濃厚な美味しさが広がる未体験の味わい! 美味しさのワケは、氷はもちろんのこと、トッピングのパンナコッタやマンゴープリンにいたるまで計算し尽くされた食感へのこだわり。マンゴーのほか、歯ごたえの良いタピオカがたっぷりトッピングされたミルクティ氷や、濃厚なゼリーの食感のコーヒー氷など、ワクワクするメニューが目白押しです!

マンゴーかき氷¥1,500(税込み)

【店舗情報】
台湾アイスモンスター
住所:東京都渋谷区神宮前6-3-7
電話:03-6427-4100
営業時間:11:00〜21:00※季節により時間変更予定
定休日:不定休
URL:http://ice-monster.co.jp/

◆和kitchen かんな(写真上)

ティラミス氷や紫芋、チーズケーキなど、オリジナリティ溢れるフレーバーが豊富なかんなの氷メニュー。日光「松月氷室」の天然氷を使用し、重みのあるシロップとの相性を考え、内側は厚く外側は薄くと、氷の厚みを変えて削るというこだわりの逸品。マスカルポーネ&コーヒーの特製シロップがふわふわ食感の氷と相まって、口の中に涼しいほろ苦さが広がります!

ティラミス氷¥850(税抜)

【店舗情報】
和kitchen かんな
住所:東京都世田谷区下馬2-43-10-2階
電話:03-6453-2737
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休
URL:http://kanna.launchrock.com/

 

◆マンゴーチャチャ

台湾の人気店、マンゴーチャチャが日本に上陸したのがちょうど1年前。マンゴーフレーバーの氷をふんだんに削り、沖縄産の黒蜜を全体にかけ、収穫後すぐにカットしたフレッシュな台湾産マンゴーをふんだんにトッピング。顔の大きさほどもある器にたっぷりと盛られたマンゴーづくしのかき氷は、夏の暑さにも負けないくらいテンションが上がるひと皿!

密な関係 豪華版¥2,970(税込)

【店舗情報】
Mango Cha Cha
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-35 原宿メイプルスクエア2F
電話:03-6434-0789
営業時間:10:30〜21:00
定休日:不定休
URL:http://mangochacha.jp/

 

◆ピルエット(写真下)

虎ノ門ヒルズ1階でオープンキッチンのビストロ×カフェ×エピスリーがひとつになった、ピルエット。夏のデザートとして登場するのがかき氷。毎月異なるフレーバーで、6月はミントをふんだんに使ったモヒートをモチーフにした一品。埼玉県・須永農園のミントをたっぷり敷き詰め、ライムソルベとシャリシャリした食感の粗め氷を重ねたら、食べる直前に煮詰めたラム酒のシロップをかけていただきます♪

大人のかき氷 カリブの夜¥1,000(税抜)

【店舗情報】
Pierouette
住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ ガーデンハウス1F
電話:03-6206-6927
営業時間:[ビストロ]11:30〜14:30(ランチ)、18:00〜21:30(ディナー/平日)、17:30〜21:00(ディナー/土日祝日)
定休日:無休(他店舗に準ず)
URL:http://www.pirouette.jp/

◆志むら

和菓子屋・志むらの2階で食べられるかき氷は、南アルプス八ヶ岳の蔵元「八義」の天然水を使用。静岡産の紅ほっぺを使ったいちごシロップは、志むらの自家製。果肉を残しながら作ったシロップは、濃厚であるがゆえ重みで氷が崩れないように斜めにかけられているそう。天然かき氷は通年で楽しめ、4月〜10月には季節限定のシロップも登場します!

かき氷 生いちご¥1,000(税込)

【店舗情報】
志むら
住所:東京都豊島区目白3-13-3
電話:03-3953-3388
営業時間:10:00〜L.O18:30、L.O17:30(祝日)(1階菓子販売は9時〜)
定休日:日

◆ひみつ堂(写真上)

老舗の氷専門店のひみつ堂。日光の蔵元「三ツ星氷室」の天然水を、手削りで提供するかき氷は、ふんわりとした感触で口に入れるとほどけるような優しい美味しさ。器からあふれるほどに盛られた氷は、こぼして食べるのが醍醐味だとか! お盆にこぼれた氷は、テーブルに置いてあるストローで吸って最後まで味わいつくすのがひみつ堂流です!

ひみつのかんきつ¥900(税込)

【店舗情報】
ひみつ堂
住所:東京都台東区谷中3-11-18
電話:03-3824-4132
営業時間:11:00〜20:00(平日)、10:00〜20:00(土日)※夏期は9時半開店、10月〜5月は火曜休、曜日により18時閉店
定休日:月
URL:http://himitsudo.com/

 

◆しもきた茶苑大山(写真中)

老舗のお茶屋さんの2階で味わえるのが、日本茶シロップが魅力のかき氷たち。気温に合わせマイナス10℃〜0℃の間で温度を管理し一番よい状態で削るという氷は、ふわっふわ。静岡産のほうじ茶を使ったシロップは、口に入れると「ほうじ茶ってこんなにも香ばしかったのか!」と感じるほど。他にも抹茶やミルクあずきなど和のかき氷が目白押しです!

ほうじ茶¥650(税込)

【店舗情報】
しもきた茶苑大山
住所:東京都世田谷区北沢2-30-2 丸和センター2F
電話:03-3466-5588
営業時間:14:00〜18:00
定休日:不定休(HP要確認)
URL:http://www.shimokita-chaen.com

 

◆浪花屋総本店(写真下)

明治42年創業の浪花屋総本店は、『およげたいやきくん』のモデルになった老舗のたいやき屋。その2階で食べられるのが、あんこの美味しさを教えてくれるかき氷。十勝産のあずきを3時間かけて煮るというあんこは、甘さ控えめなのに豆の弾力をしっかり感じる未体験の美味しさ! 特製の白玉や、練乳、あんずなど豊富なトッピングを追加して、自分なりのバリエーションを楽しむのもあり!

氷宇治金時白玉のせ¥900(税込)

【店舗情報】
浪花屋総本店
住所:東京都港区麻布十番1-8-14
電話:03-3583-4975
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火、第3水

 

トッピング次第で味の変化を楽しんだり、お店の歴史やこだわりを知ると、さらに美味しく感じます。大好きな人とシェアして食べてシアワセな時間を一緒に過ごすのもかき氷の醍醐味! 美味しいかき氷を食べて、ニッポンの夏を堪能してくださいね。(松本美保)

『Oggi』2015年7月号(小学館)