1. トップ
  2. 手早くおいしく栄養チャージ!のどごし優しいスープご飯5選

手早くおいしく栄養チャージ!のどごし優しいスープご飯5選

  • 2021.2.20
  • 510 views
「いかの冷や汁」 料理:コウケンテツ 撮影:キッチンミノル
「いかの冷や汁」 料理:コウケンテツ 撮影:キッチンミノル

【画像を見る】具だくさんの韓国風おじやで消化も◎「とりクッパ」

食欲がない、小腹がすいた、すぐ食べたい…そんな時にスープ一つで満腹感が得られたらいいですよね。今回はのどごし優しいスープご飯5選をご紹介。白飯を加えているので腹持ちもよく、時短レシピなのでキッチンに立つ時間もわずか。シンプルな和風ものから韓国料理風まで、その日の体調や気分で選べますよ。

いかの冷や汁

【材料・2~3人分】

いかの刺し身 50g、もめん豆腐 1/4丁、青じそ 3~4枚、みょうが 2個、きゅうり 1本、おろししょうが 1かけ分、温かいご飯 茶碗2~3杯分、白すりごま 大さじ2、だし汁(煮干しでとったもの) 1と1/2カップ、塩、みそ

【作り方】

1. だし汁は冷蔵室でしっかり冷やす。しそはせん切りに、みょうがは輪切りにする。きゅうりは薄い輪切りにして、塩少々をふり、約5分おいて水けを絞る。いかは細切りにする。だし汁は熱湯に煮干し適量を入れて一晩おいた、簡単煮干しだしがベスト。みそに少しずつ加えながら混ぜ、なめらかにして。

2. ボウルにみそ大さじ2を入れ、だし汁を少しずつ加えながら溶きのばす。すりごま、しょうがを加えて混ぜ、1の野菜、いかを加え、豆腐を手で粗くくずして加える。ラップをかけて冷蔵室に約20分おいて冷やし、器に盛る。別の器にご飯を盛り、冷や汁をかけて食べる。

(1人分348Kcal、塩分1.9g)

本格的な韓国料理を和風にアレンジ。だし汁は、熱湯に煮干しを入れて一晩おいた「簡単煮干しだし」を使いましょう。みそに少しずつ加えながら混ぜると、なめらかな仕上がりになります。

とりクッパ

具だくさんの韓国風おじやです。香味ジャンや白いりごまなどを足して、風味豊かにしてください。

【画像を見る】「とりクッパ」 料理:コウケンテツ 撮影:澤木央子
【画像を見る】「とりクッパ」 料理:コウケンテツ 撮影:澤木央子

白菜のしょうがスープご飯

こんがりと焼いた鮭をトッピング。つゆにも鮭のうまみがしみ込んでいて、奥深いテイストを楽しめます。

「白菜のしょうがスープご飯」 料理:井原裕子 撮影:竹内章雄
「白菜のしょうがスープご飯」 料理:井原裕子 撮影:竹内章雄

豚バラのクッパ

大根やにんじん、にんにくなどの豊富な具材が入った1品です。味が絡むように、よくかき混ぜてから食べましょう。

「豚バラのクッパ」 料理:コウケンテツ 撮影:木村拓
「豚バラのクッパ」 料理:コウケンテツ 撮影:木村拓

わかめおじや

ご飯をとろりとするまで煮込めば「かさ増し」に。具材の乾燥わかめは食べやすい大きさにカットします。

「わかめおじや」 料理:脇雅世 撮影:竹内章雄
「わかめおじや」 料理:脇雅世 撮影:竹内章雄

白飯を冷蔵保存した場合、賞味期限は3日ほど。パサついてしまった冷やご飯は煮込むとおいしく食べられるので、まさにスープご飯向け。また、冷凍ご飯のストック解消にも役立ちますね。

文=河野あすみ

元記事で読む