1. トップ
  2. 柳楽優弥「是枝(裕和)監督の現場を思い出して、これでいいんだって思った」日仏モンゴル合作のロードムービーに手応え

柳楽優弥「是枝(裕和)監督の現場を思い出して、これでいいんだって思った」日仏モンゴル合作のロードムービーに手応え

  • 2021.2.19
  • 345 views

俳優の柳楽優弥が2月19日、主演映画「ターコイズの空の下で」の先行プレミアム上映に登壇。柳楽は「2020年が自分と向き合う年だったこともあり、精神的豊かさの重要性をあらためて感じました。今はクオリティー・オブ・ライフという言葉をすごく大事にして、新しい自分らしさを構築していく時期だと感じています」と語った。

【写真を見る】息ピッタリの柳楽優弥&サヘル・ローズ&KENTARO監督

柳楽にとって海外合作映画初主演作となる「ターコイズの空の下で」は、約3週間に及ぶモンゴルでの過酷ロケを実施した日本・モンゴル・フランス合作のロードムービー。

裕福な家庭に育ち、自堕落な暮らしを送る青年(柳楽)が、ひょんなことからモンゴル人の馬泥棒を相棒に、終戦後生き別れとなった祖父の娘を探しにモンゴルを旅する物語で、ドイツの第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭で、国際映画批評家連盟賞&才能賞のダブル受賞をはじめ、ヨーロッパ各国の国際映画祭で高評価を獲得している。

日本初上映となる先行プレミアム上映には、柳楽演じる主人公の祖父(麿赤兒)の秘書を演じるサヘル・ローズと、KENTARO監督も登壇した。

この作品との出合いを「『数週間後にモンゴル行くのどうですか』ってマネジャーに言われたんで」と表した柳楽。フランス・モンゴルとの合作という部分に興味をひかれたそうで、撮影時の過酷なゲル生活も「ねずみがカップ麺食べたけど満天の星がきれいだから問題なし! みたいな」と笑顔で振り返った。

さらにKENTARO監督と出会えたことが大きな財産になったと語り、「学歴がすごい」「4カ国語しゃべれるんですよ」「引き出しが多い」「アドバイスも本当に勉強になる」と絶賛したが、当の監督は緊張で驚くほど寡黙に。

「今しゃべらないのがびっくりするくらい、裏ではずっと元気に話し掛けてたのに!」と口々に指摘され、監督は「僕はハードは日本だけど、ソフトウェアが全部外国なの。ソフトウェアのアップデートをたくさんしてきたから今すごくナーバス。(感染症対策のパネルが)ウィンドウディスプレイみたいだし…!」と、やはり小声で訴えて会場を和ませた。

サヘルは監督について「最初はどういう方か全然読めなかったんですが、今はピエロみたいだなと思います。すごく優しくて笑ってるけど、とても繊細でガラスみたいなところもあるんです」とフォロー。監督はそんなサヘルについて「オーディションで、『ナチュラルに撮りたい』と言ったら次のときすっぴんで来ました。そういう女優はなかなかいない。ピュアで、演技を分かっている素晴らしい役者だと思います」と絶賛した。

いざ現場に入ると、監督は柳楽が役から本人に戻らないよう「鏡を見ないで」「マネジャーと話さないで」などと要望したそう。柳楽は「即興の芝居を求められて、僕にとって初めての撮影だった是枝(裕和)監督を思い出して。20代はキャラクターっぽい芝居を要求されることが多かったから、自分らしく現場にいていいんだって、あらためて気付かせてくれました」としみじみした様子。

続いて柳楽は「このロードムービーを見てほっこりと、シンプルに楽しんでもらいたいです。こういう時期なので、この映画でトリップ感を味わってもらえたらうれしいです」とPR。

監督は「“ファンテジー(フランス語で空想)”がかなり入っている寓話的な作品なので、優しい気持ちで見ていただければうれしいです」とし、「この映画はこうしてDCP(Digital Cinema Package)の環境でお見せするのは今日が初なんです。17m以上のスクリーンで見る前提で8Kで撮ったので、モンゴルの壮大さをぜひ堪能してください」とまとめた。

映画「ターコイズの空の下で」は、2月26日(金)より全国公開。

◆取材・文・撮影=坂戸希和美

元記事で読む