1. トップ
  2. 「共演NG」大根仁氏 奇跡的にまとまった最終回は『中井貴一さんも“絶対無理だと思ってた”と』【受賞インタビュー後編】

「共演NG」大根仁氏 奇跡的にまとまった最終回は『中井貴一さんも“絶対無理だと思ってた”と』【受賞インタビュー後編】

  • 2021.2.19
  • 1404 views

「第106回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」では、映像業界の裏側を描きながら大人のラブコメを展開した「共演NG」(テレビ東京系ほか)の大根仁氏と樋口卓治氏が脚本賞を受賞。演出も兼ねた大根氏へのインタビュー後編では、自身もよく知る業界の裏側をどのように脚本に落とし込んだかや、コロナ禍での撮影などについて聞いた。

【写真を見る】“共演NG”だらけの劇中ドラマも話題に!

<脚本賞は「共演NG」 大根仁氏は劇中ドラマに『自分だったら絶対やだ』【受賞インタビュー前編】より続く>

大河の現場を客観的に見られたことが役立った

――今作では、映像業界ものとしてのリアリティーが高く評価されました。

ドラマの裏側は、いつも自分たちがいるところなので、そこは経験値で書けました。

あとは、大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(2019年、NHK総合ほか)に参加したとき、演出の中の一人だったので客観的に現場を見られたことが大きい。キャスト降板などのトラブルがあり「こういう時のプロデューサーのリアクションってこんな感じか」「なるほど、まずこことここに連絡して…」と、当事者なのに客観的に見ていた経験が役に立ちました。今作のセリフにもちょっと取り入れましたけどね。「オリンピックどころかスキャンダルの金メダル連発だったもんな」と。まあ、僕が書くならいいだろうっていう(笑)。

――大物俳優である中井貴一さん、鈴木京香さんを演出していかがでしたか。

俳優が“俳優を演じる”って本当に難しいこと。でも、お二人ともすごく楽しんで演じてらっしゃいました。(作中の遠山英二と大園瞳が)かつて付き合っていたからこそ出来る会話があって、元カノや元カレと会って時間が巻き戻る感じというか「もう二度と付き合わないんだけど、このノリはこいつとしか出ないよなあ」と思うことってあるじゃないですか。そういった阿吽(あうん)の呼吸というか間合いみたいなものはお二人とも上手なので、撮っていて気持ち良かったですね。

――中井さん、鈴木さんの共演場面で気に入っているところは?

不倫スキャンダルをテーマにした第3話は、ここ数年で僕が業界にいながら考えていたことも採り入れ、うまくできた手応えがありました。若いキャスト同士の不倫が発覚して、瞳が英二を目線で「ちょっと来なさいよ」と呼び出す場面。あの目線で呼び出すのがすごく好きで、お二人の表情も良かったですね。

その後、誰もいないスタジオで二人が話すシーンも気に入っています。いつもならセットが組まれ、まぶしい照明が焚かれて、たくさんのスタッフが走り回って、いろんな番組が収録される場所が“空っぽになる瞬間”。その夢の残骸みたいな雰囲気が好きなんです。そこで二人が会話をするのは、すごくセクシーな感じがしました。

スタッフの場面は書いていてめちゃくちゃ楽しかった

――ラストの空港のシーンも大変印象的でした。

空港での撮影は、コロナ禍ゆえに平常時と比べて楽でした。いつもだと人がいっぱいいるから「ここは撮るな」とか「このアングルじゃないとダメ。カメラも三脚付き」といろんな規制があるんですが…。今回は、空港の担当者も「監督、好きにやっていいよ。今、誰もいないから」って(笑)。

――テレビ東京の六本木の新社屋、天王洲のスタジオなど、テレ東もフル活用したロケーションでしたね。

僕も新社屋の方はよく知らなくて。脚本を書き始めた頃に見学させてもらい、「ここは使える。ここはこうしよう」と撮影場所を選んでいきました。脚本・演出を兼ねている一番の利点は、書く時点で“絵”が想像できること。特にこういった業界ものでは、「場所は離れているけど編集すれば、続きの空間に見える」というようなロケマッチが重要になってきます。今回はそれを想像しながら書けました。

――「これ、ズバるかなぁ」「認知症の“にがし”」など、視聴者が笑ってしまうセリフも多く盛り込まれていました。どういったタイミングで思い付くのでしょうか?

「ズバる」は、実際に言っていた某局のプロデューサーがいたんですよ。でも、周囲の人は誰もつっこまない。訂正するのもバカバカしいという空気が面白くて、頭の隅っこに残っていた。それで、岩谷健司さんを戸沢部長にキャスティングしたとき、なんかズバると言いそうだなと(笑)。

貴一さんが「スタッフ側のキャスティングが素晴らしかった」と言ってくれて、自分でも「虚実皮膜のギリギリな感じだなあ」と思ったし、スタッフの場面は書いていてめちゃくちゃ楽しかったです。

――大根さんの演出された「いだてんー」も登場人物が多いドラマでしたよね。

やっぱり宮藤官九郎さんの脚本と2年間向かい合えたというのは、今思えばすごく大きかったと思いますね。複雑な構造を、最短のシーンと最短のセリフで進めていく手法を学べました。

ある瞬間に全体像と大オチまでが見えた

――改めて、この「共演NG」で達成したことはなんでしょうか?

自分より年上の主人公は、遠藤憲一さん主演の「湯けむりスナイパー」(2009年、テレビ東京系)以来。しかもビッグスターによる大人のラブコメで、初めての業界ものでした。そこに自分らしいギャグ要素を織り込んだんですが、ごちゃ混ぜでありつつ調和がとれたドラマができたなと。

最終回では、5話まで広げた風呂敷をあと40数分でどう畳むかという問題も…。撮りながら脚本を書いていたので「本当にやべえな」と思っていましたが、ある瞬間に全体像と大オチまでが見えて奇跡的にまとまった。貴一さんにも、最終回の台本を渡した時、まず始めに「よくまとめたね! 絶対無理だと思ってた」って(笑)。

――コロナ禍の中でも、今作を最後まで放送することができました。今作を通して改めて感じたことはありますか?

映画や演劇がお客さんの集まる場所での上演である一方、テレビはその制約から逃れられる。ドラマの撮影自体はどこも綱渡り的な状況でやっているけれど、「共演NG」はキャスト、スタッフ共に誰も症状が出なかったことが本当に良かった。

現場には衛生部という、これまでいなかったスタッフがいて、検温、消毒、換気を徹底。大変ですが、しばらくはその体勢で続けなきゃいけない。ただ、達観すれば、この状況を良い方向に転がすのも自分の仕事なんじゃないかなと。むしろ現場が衛生的になって、みんな健康になるんじゃないかと前向きに受け入れながら、これからもエンタメを作っていきたいと思います。

(取材・文=小田慶子)

元記事で読む