1. トップ
  2. 恋愛
  3. アプリで理想の人に出会いたい!マッチング率を上げる5つのポイント

アプリで理想の人に出会いたい!マッチング率を上げる5つのポイント

  • 2021.2.20
  • 1853 views
出典:シティリビングWeb

人と会える機会が減っている今でも、恋愛が進展している人たちは存在します。特に昨年、筆者の周りで話題になったのが、マッチングアプリによる出会い。数年前は、ネットの出会いに対して「不自然」「怪しい」という印象もありましたが、今では出会いの場として一般的になっています。

そこで、これからマッチングアプリを始めてみようという人に、周囲のマッチングアプリで成功した人たちから聞いた「マッチング率の上がるコツ」を紹介します。できるだけいい出会いを引き付けるために、取り入れたいポイントを解説します。

●マッチングアプリの選び方

出典:シティリビングWeb

今はさまざまなマッチングアプリがあるので、どのアプリに登録すればいいのか迷う人も多いかもしれません。そこで、まずは登録する前に自分の目的をはっきりさせておきましょう。

実は、アプリによって利用目的に違いがあります。恋愛相手を探す「恋活」なのか、結婚相手を探す「婚活」なのか…など、自分の目的を決めて、その方向性に合うアプリを選ぶと、より効率的です。

また、アプリをダウンロードする際は、ある程度のレビューやダウンロード数などで信頼性の高さを調べておくことも大切。今は最初から年齢や身分証明をさせるアプリも多いので、登録者の質もダウンロード前に口コミなどでチェックしておきたいところです。

●マッチング率を上げるポイント5つ

出典:シティリビングWeb

アプリをダウンロードし、プロフィールを作ったら、相手探しを開始します。では、その際の良い出会いを引き付けるためのポイントを紹介します。

1. メイン写真は本当の顔がよくわかるものを使う

マッチングアプリにおいて、写真はかなり重要なアピールポイント。プロフィールよりも、まずこれで第一印象が決まると言っても過言ではありません。

ここで大事なのは、メインの写真には加工などで盛った写真を使わないようにすること。できるだけ本当の顔がわかるものを使うようにしましょう。

というのも、加工された写真はある程度「盛っているな」と気づかれる可能性があることと、実際に会ったときにギャップがありすぎて印象がダウンする可能性があるためです。

ベストは、明るい場所で撮った笑顔の写真。できれば自撮りではなく、親しい友人に撮ってもらいましょう。自然で落ち着いた表情になります。

2. サブの写真には趣味の写真も載せる

サブの写真選びも重要なポイント。趣味に関わる写真もいくつか載せておきましょう。これは、マッチングするにあたり、好みの「合う」「合わない」をある程度左右するからです。例えば、お気に入りの店のカレー、飼っている猫、旅行先でのアクティビティー、集めているもののコレクションなど。共通点や好みのマッチを知ってもらうことができます。

ちなみに、趣味の写真は盛ってOK。むしろ美しく見える写真の方がセンスを感じさせるので、よく撮れているものを選びましょう。

3. プロフィールにはNG要件を書いておく

プロフィールは何を書いていいのかわからないという人も、就職活動の時を思い出し、自分をしっかりアピールしましょう。どんな仕事をしているか、休みの日は何をしているのか、趣味や活動、どんな人が好みかなど、相手が知りたいと思われることを網羅させておきます。

その中に「どうしてもこれはNG」ということもしっかり書いておきましょう。ここでのポイントは、相手の性格やスペックについてのNGではなく、自分ができないことを記しておきます。

例えば「親との同居は難しい」「仕事を続けたいので転勤は厳しい」「子どもは望んでいません」など。マッチングした後で「それは無理だな」と思うことがあった場合、断るのが心苦しいですし、相手にも無駄な時間を使わせてしまう可能性があります。お互いが効率よく出会うために、自分ができないことは最初から明記しておきましょう。

4. 自分が妥協できないことを見極めておく

相手のプロフィールなどに引っかかるポイントがあるにも関わらず「いいね」をしてしまうと、マッチングした後にも「ここがちょっと無理」という気持ちが消えないこともあります。

最初から、自分が妥協できることと妥協できないことを明確にしておきましょう。特に学歴や身長、体型など、今後変わらない可能性が高い事柄が気になる場合は、シビアに見ることをおすすめします。

妥協できないポイントをはっきりさせると、自分の好みもおのずと決まってきます。相手選びの精度がより上がるので、自己分析の一環としてじっくり考えてみるといいでしょう。

5. 流されない

マッチングすると、その次はメッセージのやり取りが始まりますが、相手がどんな人であれ、流されないように注意しましょう。

例えば、相手がメッセージもそこそこに「会いたい」と言ってきた場合、あなたが「会うのはしばらくメッセージのやり取りをしてから」と思っているのだとしたら、毅然とした態度で断りましょう。言いにくいときは「もう少しメッセージのやり取りであなたのことを知りたいです」と前向きなメッセージで方向転換を試みてください。

またマッチングアプリは男性が有料の場合が多いこともあり、LINEなどの個人的なメッセージツールへ移行しようと誘う人もいますが、まだ信頼できるかわからない人に個人情報を渡すのは危険です。気になる男性だったとしても、流されずに断りましょう。断ったうえで理解を示してくれる人であれば、信頼のできる人かもしれません。逆に、断ったことで逆上したりしつこく誘ってきたりする人であれば、その段階で今後恋愛関係になるのは難しい相手といえるはずです。

出典:シティリビングWeb

知らない人と出会うことに抵抗を持つかもしれません。とはいえ、まず行動して出会わなければ、恋愛は始まりません。実際に会わなくても、電話やオンラインでのデートを重ねていくだけで信頼関係はある程度築けるもの。鬱々(うつうつ)とする今だからこそ、方法を工夫しながら出会いを探してみるのも、アリかもしれません。

プロフィール/関由佳

自身の離婚・死別経験から幅広い女性の生き方を提案する恋愛コラムニスト。筆跡心理学アナリスト、心理カウンセラー、カラーセラピストを習得し、コラムや小説などを執筆中。筆跡心理学セミナーや履歴書鑑定も。ブログ「ライター関由佳の紫日記」:http://rinnenote.blog.fc2.com/

元記事で読む
の記事をもっとみる