1. トップ
  2. メイク
  3. ビューラーのまつげカールで失敗しない!くるんと上向きにカールさせるコツ

ビューラーのまつげカールで失敗しない!くるんと上向きにカールさせるコツ

  • 2021.2.19
  • 21814 views

ビューラーを使っても、まつげが思い通りのカールにならなかったり、十分に上がらなかったりする人必見! セレブ御用達のメイクのプロが、キレイな上向きカールをつくるコツを伝授した。(フロントロウ編集部)

美しいまつげカールをつくるビューラーの使い方

ビューラーでつくる理想的なまつげといえば、なだらかな曲線でくるんと上向きにカールしたまつげ。でも実際は、カクっと直角になった不自然なカールになってしまったり、うまく上向きにならなかったりと理想とは程遠い仕上がりになることもしばしば。そんな失敗を防いで、前だけでなく横から見てもキレイなまつげに仕上げるビューラーのコツがあるという。

画像: 美しいまつげカールをつくるビューラーの使い方

教えてくれるのは、人気モデルのジジ・ハディッドケンダル・ジェンナーなどを顧客に持つ超売れっ子メイクアップアーティストのエリン・パーソンズ。すべてのパーツの中でまつげにもっとも力を入れていると明かすなど、豊富なまつげメイクのテクニックを知るエリンが、くるんと上向きにカールさせるビューラーの使い方を豪Beauty crewで明かした。

毛先、中間、根元の順にまつげを挟む

ビューラーを使うとき、まずまつげの根元から挟むことが多いと思うけれど、この最初に挟む場所を変えるだけで、キレイなカールがつくりやすくなるという。

画像: 毛先、中間、根元の順にまつげを挟む

エリンは、「私はいつも、まつげの毛先からスタートして、次に中間、最後に根元という順番にビューラーを動かしてカールをつくってる」と説明。最初に毛先からカールさせることで、曲線状のカーブを描いたような美しいまつげカールが実現できるのだという。

マスカラ後もう一度軽くカールさせる

ビューラーでまつげがキレイに上がっても、マスカラを塗るとまつげが重くなり、また下がってしまうことも多いけれど、エリンは、マスカラを塗った後にもう一度ビューラーを使うことでこの悩みを解消。でもここで大切なのは、あくまで軽くまつげを挟むこと。

画像: マスカラ後もう一度軽くカールさせる

エリンによると、マスカラを塗った後にビューラーで強く挟むと、せっかく塗ったマスカラが落ちてしまうのだという。そのため、あくまで一度つくったカールをもう一度復元するつもりで、力を入れずに優しく挟むといいそう。

くるんと上向きにカールさせるビューラーの使い方。簡単なのにカールの美しさに差が出るから、ぜひ試してみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む