1. トップ
  2. 森マリア、「24JAPAN」出演で演技との向き合い方に変化「“できない”もどかしさを感じながらも前向きに」

森マリア、「24JAPAN」出演で演技との向き合い方に変化「“できない”もどかしさを感じながらも前向きに」

  • 2021.2.19
  • 257 views
「24JAPAN」に出演中の若手女優・森マリア 画像提供/インセント
「24JAPAN」に出演中の若手女優・森マリア 画像提供/インセント

【写真を見る】役同様、お嬢様の雰囲気が漂う森。特技のバイオリンは歴10年

世界的な大ヒットとなった海外ドラマ「24」(邦題:「24 -TWENTY FOUR-」)の日本版リメーク「24 JAPAN」。オリジナル版の「シーズン1」のストーリーをベースに、日本で初めての女性総理大臣誕生“に向けて期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版”ジャック・バウアー“となる主人公・獅堂現馬を演じるのは唐沢寿明、日本初の女性総理大臣候補・朝倉麗を仲間由紀恵が演じている。その朝倉麗の娘・日奈(ひな)役で注目されているのが若手女優の森マリア。2月19日放送の第19話では、精神的に追い詰められた日奈の身に突如、異変が起きる重要回となる。ドラマの見どころや日奈を演じる思い、さらに女優としての目標や今ハマっていることなど多角的に迫った。

――「24 JAPAN」に出演中ですが、オリジナルの「24」は観ていましたか?

お笑い芸人さんが「ジャック・バウワーだ!」ってやってらっしゃるのは知っていたんですけど、ドラマは観ていませんでした。なので、出演のお話をいただいてからシーズン1を観たんですけど、見始めたら面白くて一気見してしまいました(笑)。お父さんやおじいちゃんは観ていたので、日本版に出演するって決まった時、すごく喜んでくれました。

――海外ドラマを代表する作品の日本版、反響も大きそうですね。

地元の友達や先生もみんな喜んでくれました。私、10年間バイオリンを習ってたんですけど、その先生も電話で「マリアちゃん、すごいよ!」ってお祝いのメッセージをいただいたりしたので、「私も頑張らないと!」って気持ちになりました。

【写真を見る】役同様、お嬢様の雰囲気が漂う森。特技のバイオリンは歴10年 画像提供/インセント
【写真を見る】役同様、お嬢様の雰囲気が漂う森。特技のバイオリンは歴10年 画像提供/インセント

――演じている“日奈”はどんな女の子ですか?

すごく家族思いで、気遣いができて、優しくて。アップルパイを焼いたり、みんなにコーヒーを淹れたり、家庭的ですね。でも、2年前に悲しい事件があって、心に傷を抱えているんですけど、家族に心配をかけないように気丈に振る舞っている女の子です。

――ドラマを見ていても、お嬢様的なところがありつつも、しっかりしている女の子という印象を受けました。

お嬢様の役なので、言葉遣いや所作などに気をつけて演じています。母親役の仲間由紀恵さんもおばあさん役の水野久美さんもすごく品のある方なので、近くで見ていろいろ勉強させていただいています。

――撮影は朝倉家の人たちとのシーンが多いですね。

はい。仲間さん、筒井道隆さん(父親の遥平役)、今井悠貴さん(兄の夕太役)とのシーンがほとんどですね。ドラマ自体はシリアスで緊迫した場面が多いんですけど、序盤に関しては朝倉家のシーンは和やかで、撮影現場もそんな雰囲気でした。

――仲間由紀恵さんと共演してみて、どんな印象を受けましたか?

「ごくせん」が好きでよく見ていたので、私の中では“先生”っていうイメージです。

――ヤンクミのイメージが強いんですね。

はい。メガネに赤いジャージ、明るくて強くて、みんなを守ってくれる先生です。最初のシリーズは2002年放送だったので、私は2歳なのでリアルタイムでは見ていないんですけど(笑)、第2シリーズ、第3シリーズはめちゃくちゃ世代です。第1シリーズも再放送で見ていました。そういう方と共演できたこともすごく嬉しかったです。撮影の本番前に私が緊張して固まっていると、「このシーン、大変だよね。日奈ちゃんもツラいよね」って話しかけてくださったり、合間に大学のことを聞いてくださったり、緊張をほぐしてくれました。「娘がこうだったら、こんな気持ちになっちゃうよね」って、お母さんの視点でも話をしてくださったので、自分も役をイメージしやすかったです。

――兄・夕太役の今井さんの印象は?

「24 JAPAN」には年齢の近い役者さんも出てらっしゃるんですけど、いろんなことが同時進行で進んでいるドラマなので、私が出るシーンだと歳が近いのが今井さんだけなんです。実年齢だと今井さんが1個上でお互い大学生なので、大学のこととか、いろんなお話をしています。でも、役者さんとしては大先輩なので、近くで台本を音読されているのを聞きながら「あ、こんなふうにセリフを覚えているんですね」って思いながら勉強させてもらっています。

――森さん自身と日奈、似ているところは?

家族が好きっていうところは似ていますね。それと、料理が好きで、友達に作ってあげたり、「コーヒー飲む?」って言っちゃう人なので、そういうところも似てるかも(笑)。

――プロフィールの特技に「料理」の記載がありますね。

はい。アップルパイ、焼けます! 今、一人暮らしをしているんですけど、家族と住んでいる時も私が料理を担当していたので、結構いろいろ作れますよ。でも、今は自分ひとり分なので適当に作っちゃうことが多いので、実家にいた頃の方がちゃんと献立を考えて作っていたような気がします。

森マリア 画像提供/インセント
森マリア 画像提供/インセント

――昨年9月、ドラマ「ヤヌスの鏡」に出演した時にWEBザテレビジョンに登場してもらいました。あれから1年半経ちましたが演技への思いありましたか?

当時よりも演技について考える時間が多くなりました。事務所で演技のレッスンを受けているんですけど、まだまだうまくできなくて。演技のことを考えれば考えるほど、自分ができていないところに目が行ってしまうので、すぐに自信を無くしたり、ネガティブに考えたりしてしまうんです。でも、それだと前に進まないなって思うようになったので、今は“できない”というもどかしさを感じながらも前向きに頑張っています。

――前回のインタビューで「(2020年は)二十歳になるので精神的にもしっかりしていきたい」と言ってましたが、その気持ちが演技への気持ちにも出ているんですかね?

そうだと思います。誕生日は3月で、ちょうど新型コロナウイルスの影響でステイホーム期間が始まったので、誕生日当日は誰にも会えなくて寂しかったんですけど(笑)、そこから自分自身と向き合う時間がたくさんあったので、ポジティブになれました。

――オフの時はどんなことをしていますか?

家にいる時は料理をしています。あ、最近はタコスにハマってます! 野菜やお肉も摂れますし、家で映画を観ながら食べるのにもピッタリですし。二十歳になってからはお酒を飲む楽しさも覚えました。日本酒が美味しいなぁって。

――女優として、今後出てみたい作品のジャンル、演じてみたい役は?

戦争ものとか歴史ものとか、史実に基づいた作品をよく観ます。クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」とか「ハドソン川の奇跡」が好きなので、そういうジャンルの作品にいつか出られたらいいなって。あとはラブコメ。今の年齢だからできる役もあると思うので(笑)。まだ制服を着たいですね。自分としては、あと5年ぐらいは大丈夫かな?って思っているんですけど(笑)。今後、ドラマやCM、それに映画にも出てみたいです。

――では最後に「24 JAPAN」の見どころと読者に向けてのメッセージをお願いします。

はい。「24 JAPAN」はこれからますます目が離せない展開になっていきます。私も自分が出ていないシーンを観て、「こんな展開になっているんだ!」ってドキドキしながら観ていますので、ぜひ一緒に最後まで楽しんでいただけたらうれしいです。これからいろいろな作品に出演して、皆さんにもっともっとお会いできるように頑張っていきますので、よろしくお願いします。

(取材・文=田中隆信)

元記事で読む