1. トップ
  2. おでかけ
  3. 伊藤淳史主演映画『未来へのかたち』新たな公開日が5月7日に決定 ポスター&本予告も

伊藤淳史主演映画『未来へのかたち』新たな公開日が5月7日に決定 ポスター&本予告も

  • 2021.2.19
  • 495 views
『未来へのかたち』(c)2021「未来へのかたち」製作委員会

新型コロナウイルス感染症の影響で公開延期となっていた映画『未来へのかたち』の新たな公開日が5月7日に決定し、あわせて本予告とポスタービジュアルが公開された。

本作は、『瀬戸内海賊物語』や『ポプラの秋』など地域に密着し、人と人との絆を描く作品を生み出してきた大森研一監督のオリジナル作品。オール愛媛ロケを行い、砥部焼の窯元や陶石採掘場での撮影を通して、地域の伝統を守る職人たちの想いも描いている。

そんな本作の主演を務めたのは、『チーム・バチスタ』シリーズ(関西テレビ・フジテレビ系)や『西遊記』(フジテレビ系)の伊藤淳史。新しい砥部焼のスタイルを追求する若手陶芸家・竜青を演じる。

共演には、竜青の妻・幸子役に内山理名、不慮の事故で亡くなった竜青の母親・典子役に大塚寧々、竜青の兄・竜哉役に吉岡秀隆、竜青の父親・竜見役に橋爪功が集結。また、竜青の娘・萌役で桜田ひより、窯元で働くアルバイト・武役で飯島寛騎が出演する。

公開された本ポスターでは、竜青と竜見の親子を筆頭に家族一人ひとりが輪を描くように配置されている。

あわせて公開された本予告は、伊藤演じる新進気鋭の砥部焼の陶芸家・竜青と、その家族の穏やかな日常から始まる。町をあげてのオリンピック聖火台のデザインコンペに参加することになった竜青は、伝統を重んじる老舗窯元の主人である父・竜見と反発し合うが、そこに10年ぶりに兄・竜哉が帰ってきたことで、事態は更に険悪に。封印していた“母の死”にまつわる父子の因縁が蘇り、壊れてしまった家族の姿が描かれる。

主題歌を担当するのは、湘南乃風のメンバーであり、ソロアーティストとしても活躍するHAN-KUN from 湘南乃風。そして、劇中で使用される音楽は全てピアニストの清塚信也が担当している。主題歌を描き下ろしたHAN-KUNは「当たり前が当たり前じゃ無くなっている”今”だからこそ、1人でも多くの人達がこの作品を通して繋がっていく事を願っています。この時代にみんなで”聖火”を灯しましょう」とコメント。清塚も「家族の中には色々な形の愛があり、それが集まって形になっている。言葉にすれば当たり前なことかもしれませんが、その当たり前をとても愛しく思わせてくれる映画です。そのホッコリとした形に、音楽を優しく添えました」とコメントを寄せている。

■コメント
●HAN-KUN from 湘南乃風

人が心で繋がっていく様は、まさに”今”必要なメッセージ。

助け合い、支え合い、ぶつかり合い、思い合う事で
切り開かれる新しい”未来へのかたち”。

この作品を見て、改めて当たり前なその大切さに触れ、
当たり前が当たり前じゃ無くなっている”今”だからこそ、
1人でも多くの人達がこの作品を通して繋がっていく事を願っています。

この時代にみんなで”聖火”を灯しましょう。

“夢は叶うもんじゃない 叶えるもの”。

素晴らしい作品に関わらせて頂き、ありがとうございました。

感謝。

●清塚信也
この作品で砥部焼に出逢えたことを、とても嬉しく思います。
砥部焼のしっかりとした存在感は、人と人を結ぶ硬い絆のメタファーのように感じました。
家族の中には色々な形の愛があり、それが集まって形になっている。
言葉にすれば当たり前なことかもしれませんが、その当たり前をとても愛しく思わせてくれる映画です。
そのホッコリとした形に、音楽を優しく添えました。
ぜひお楽しみ下さい。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む