1. トップ
  2. 弘中綾香アナが初のウエディングドレス姿を披露 結婚相手の条件やプロポーズのNGについても告白

弘中綾香アナが初のウエディングドレス姿を披露 結婚相手の条件やプロポーズのNGについても告白

  • 2021.2.19
  • 367 views

2月22日(月)発売の『ゼクシィ』(リクルート)4月号にテレビ朝日の弘中綾香アナが登場。初のウエディングドレス姿を披露し、「唯一、挙げるとしたら“寛容な人”ですかね」などと結婚観や撮影の様子について語った。

【写真を見る】オフショルダーのウエディングドレス姿でキュートな表情を見せる弘中アナ

今回、人生で初めてウエディングドレスを着たという弘中アナは「ウエディングドレスに袖を通すのも、着た自分を見るのも、新鮮な体験でした」と撮影を振り返り。自身で結婚式を挙げるとしたらどんなドレスが着たいかと聞かれると、「あまりゴテゴテしたものではなく、カジュアルな感じのものがいいですね」と言い、撮影した4着のドレスの中でも大人っぽいものがお気に入りだったことを明かした。

さらに、結婚相手の条件については「唯一、挙げるとしたら“寛容な人”ですかね。小さいことで怒らないというより、視野が広くてニュートラルな考え方を持っていて、自分は自分、人は人というように、ある程度の距離感を保てる寛容さを持った人がいいです」と回答。「二人で生きていくうえで、そういうタイプの方が楽だと思うんです」と語った。

一方、“理想のプロポーズ”は特にないとしつつも、「びっくりしてしまって、逆に申し訳なくなってしまうので」という理由で「フラッシュモブ」はNGだという。

また、「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜夜9:55-10:25、テレビ朝日系)に出演中の弘中アナに、改めて“あざとかわいい”とは何かを聞いてみると、「あざとかわいくなろうと思ったことはないので何とも言えません。ただ、いろんな捉え方はあると思いますが、私は自分も相手も気持ち良く過ごせる、人間関係が良くなるテクニックのことなんじゃないかと思います」「私自身、みんながやりやすい雰囲気を作れる人になれたら、ということを意識して過ごしていますが、それも人によって捉え方が違うから難しいですよね」と自分なりの解釈を話した。

また、“あざとかわいい”の秘訣を尋ねられると、「特に意識していることはないですが、早寝早起き、ジムに行くこと、できる限り自炊すること、保湿と日焼け止めはしっかりすることなど、当たり前の積み重ねだと思います」と答えた。

最後は「ウエディングは待ち焦がれた特別な日。自分が本当に主役になれる日を思い切りかわいく楽しむ!という気持ちで臨んだほうがいいと思います」と、これから式を挙げる花嫁へのエールを贈った。

元記事で読む