1. トップ
  2. 恋愛
  3. 長崎県美術館でまんが雑誌『りぼん』の特別展、『天使なんかじゃない』『ママレード・ボーイ』など16作品

長崎県美術館でまんが雑誌『りぼん』の特別展、『天使なんかじゃない』『ママレード・ボーイ』など16作品

  • 2021.2.18
  • 666 views

長崎県美術館でまんが雑誌『りぼん』の特別展、『天使なんかじゃない』『ママレード・ボーイ』など16作品

「特別展 りぼん 250万りぼんっ子♡大増刊号」が、長崎県美術館 企画展示室にて2021年4月16日(金)から5月27日(木)まで開催される。

www.fashion-press.net

“乙女のバイブル”「りぼん」懐かしの作品が集結!

1955年の創刊以来、“乙女のバイブル”であり続けてきたまんが雑誌「りぼん」。約30年前の1993年末には、最高発行部数255万部を記録した。日本中の少女たちが「りぼん」によって恋を知り、友情を学び、将来への憧れを募らせたと言っても過言ではないだろう。

「特別展 りぼん 250万りぼんっ子大増刊号」では、当時の人気を支えていた作家の貴重な原画約120点、レターセットやノートなど懐かしのふろく約150点を公開する。展示される作品は11作家16作品。池野恋の『ときめきトゥナイト』、さくらももこの『ちびまる子ちゃん』、矢沢あいの『天使なんかじゃない』と『ご近所物語』、吉住渉の『ママレード・ボーイ』と『ハンサムな彼女』などどれも人気漫画ばかりだ。

また、貴重な資料の中には本展のために描きおろされたイラストや作家の秘蔵アイテムも展示。これら展示物は、一部を除いて撮影も可能だ。大人の女性に成長した当時の250万人の“りぼんっ子”たちに、人を大切に思う気持ちや前向きでいることの大切さを改めて届ける企画となっている。

オリジナルグッズが揃う「特別展りぼん特設ショップ」

本展のために作られたオリジナルグッズや復刻ふろくが勢ぞろいする「特別展りぼん特設ショップ」もオープン。なお、セブンチケット限定で、お気に入りのキャラクターが表紙を飾ったりぼん本誌や表紙風デザインのプリントが付属する入場券も販売される。

【詳細】
特別展 りぼん 250万りぼんっ子♡大増刊号
会期: 2021年4月16日(金)~5月27日(木)
※会期中、一部展示替えあり。
前期: 4月16日(金)~5月9日(日)後期:5月11日(火)~5月27日(木)
開館時間:10:00~20:00
※最終入場は閉館30分前まで。最終日は18:00閉場
※4月27日(火)~5月11日(火)は10:00~18:00に開館時間を変更(企画・常設展示室への最終入場は17:30)。伴い、カフェの営業時間も11:00~16:00(フード受付 15:00)に短縮。
会場:長崎県美術館 企画展示室
休館日:4月26日(月)、5月10日(月)、24日(月)
観覧料:一般 1,100(900)円、大学生・ 70歳以上 900(700)円、高校生 700(500)円
※( )内は前売または15名以上の団体割引料金。
※中学生以下無料。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費 指定難病 医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額。
※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可。
※前売券の販売期間は2月20日(土)~4月15日(木)。
セブンチケット限定プリント付き入場券:
一般 1,300円(1,100)円、大学生・70歳以上 1,100円(900)円、900円(700)円
※セブンチケットのみで購入可能。
※( )内は前売料金。
※前売券の販売期間は2月20日(土)~4月15日(木)。
※セブン - イレブンのマルチコピー機にて発行可能。
※プリントが発行できる期間はチケット購入後から2021年5月31日(月)まで。

■展示予定作家 ・ 作品
彩花みん『赤ずきんチャチャ』
池野 恋『ときめきトゥナイト』
一条ゆかり『有閑倶楽部』
岡田あ~みん『ルナティック雑技団』
小花美穂『こどものおもちゃ』
さくらももこ『ちびまる子ちゃん』
椎名あゆみ『ベイビィ★LOVE』『あなたとスキャンダル』
柊 あおい『星の瞳のシルエット』『耳をすませば』『銀色のハーモニー』
水沢めぐみ『姫ちゃんのリボン』
矢沢あい『天使なんかじゃない』『ご近所物語』
吉住 渉『ママレード・ボーイ』『ハンサムな彼女』

※本展のための描きおろしイラストおよび作家の秘蔵アイテムについては、一部展示のない作品あり。

元記事で読む
の記事をもっとみる